京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

守山 「五蔵六富」

  たまには滋賀に在るお店のご紹介。京都の「ごとし」の大将ご夫婦と仲の良い方がやってはるお店「五蔵六富」です。
f0209683_2193575.jpg

 馴染みのお酒のラベルが並んでいます。
 「浪乃音」「一博」「松の司」「萩乃露」「七本槍」「不老泉」「薄桜」・・・。
f0209683_219492.jpg

 日本酒好きの友人たちと3人で飲みにいったのですが、とにもかくにも1杯目は、ビールで乾杯。
 バラエティーに富んだ付き出しです。
 左が海葡萄、真ん中がきびなごです。海葡萄は昔から大好きです。^-^
f0209683_2304140.jpg

 こちらのお店は地酒の品揃えとお魚の品揃えが良いのです。
 あまりにたくさん種類があったので、「適当に盛り合わせ」をお願いしました。
 いさき、さより、のどぐろのお造りも盛られています。
 京都の居酒屋さんでも、なかなかのどぐろのお造りは出てこないのに、地元滋賀で食べられるなんて、うれしいことです。
 ボリュームがあるので、お造りだけでも結構、満足感があります。
f0209683_2195980.jpg

 それぞれ違うものを頼みました。
 右から、馴染みの「瑞冠」、これも馴染みの「小左衛門」、そして滋賀の馴染みのお蔵の「浪乃音」。 
 ほんとに不思議だったのですが、最初の一口はそうでもなかったのですが、2口、3口と進むと、「小左衛門」は、洋菓子のように甘く感じるのでした。ホントにびっくり!でした。
f0209683_21101061.jpg

 カマ焼きを頼んでくれはりました。
 立派なカマですよね。
f0209683_21102045.jpg

 続いてのお酒は、右から大倉本家さんの「彗星・18BY」「ひこ孫」「三重錦・超辛純米」です。
f0209683_21103369.jpg

 宮崎の岩牡蠣。ひとり1個づつ。(笑)
 一人分づつなので、包丁が入っておらず、あんぐりと口を開けていただきます。
 なんでも、包丁を入れない方が美味しかったりするので、贅沢な食べ方です。
f0209683_21112021.jpg

 お酒も進みます。
 「澤の花・純米・ひとごこち・18BY」です。
 とても久しぶりに飲みました。 ^-^
f0209683_2110457.jpg

 なめろうです。
 日本酒のためにあるようなアテですね。
f0209683_21105977.jpg

 まだまだお酒も頂きました。
 右から「三重錦・八反錦」、「大倉・おりがらみ」「旭若松」です。
 しっかりしたイメージのある「三重錦」。
 「旭若松」も、地酒に強いお店ではよくみかけます。 
f0209683_21111046.jpg

 見ただけでは何の天麩羅かわからないでしょう?(笑)
 なんと、ホルモンの天麩羅です。
 ホルモンの天麩羅なんて、初めてでした。美味しかったですよ。
f0209683_2111303.jpg

 更に、「ひこ孫」と、馴染みの「大治郎」さんを頂きます。
f0209683_21114182.jpg

 先ほどのカマ焼きが美味しかったので、更に別のカマをオーダーしてくれはりました。
 かなりハードな顔つきですよね。
f0209683_21115477.jpg

 〆の穀物は、こちらのへしこ茶漬けと・・・
f0209683_2112580.jpg

 これは親子丼・・・?って、誰に迅いてるんだか。(爆)
 もうひとつ、にゅうめんもあったのですが、更にボケボケ写真なので、割愛させていただきます。
 お酒もお料理もおいしゅうございました。
 酒友、楽しかったよー。ご馳走さまでした。
f0209683_21121615.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-21 01:09 | 滋賀のお店