京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

馴染みの「萩乃露」さんにて・・・

 一つ前の記事の続きです。
 湖西線に乗ってやってきたのは、馴染みの滋賀のお蔵のひとつ「萩乃露」さん。静かな街並みにたたずむ歴史在るお蔵です。
 今日はこちらでライブなどイベントが行われるのです。微力ながらお手伝いにやってきました。
f0209683_049101.jpg

 お蔵の中庭のようなスペースでお酒が売られています。試飲もできますよ。
f0209683_0505741.jpg

 涼しげな青い斗瓶取りもありますね。
 緑の瓶は生原酒の量り売り用。
f0209683_0513575.jpg

 いつぞや、配達先のお酒屋さんでお目にかかった蔵のお方。いつもニコニコしてはります。
 今、量り売りのお酒を注いではります。
f0209683_141066.jpg

 お燗もあります。私もこちらのブースに立っていたのです。
 ただ今、お燗しているのは、「山廃・無ろ過・特別純米」です。
 温度を変えながら、お客さんのご要望にお応えします。
f0209683_13549.jpg

 右が蔵人の中村君。私がお蔵に入って行ったときから、何やかやと親切にしてくださいました。ほんまに細かいことによく気がつかはる気配りのできる方です。
 左の方は、ろうそく販売のブースにいらした方。時間が無くてろくにお話できませんでしたが・・・。
f0209683_151351.jpg

 売ってらしたろうそくがこちらの色ろうそく。淡い色合いが落ち着きます。
f0209683_152731.jpg

 これはお米のろうそく。
 そんなろうそくがあるんですね~。
f0209683_154432.jpg

 酒粕や、その酒粕で作った奈良漬も・・・。
f0209683_15117.jpg

 お蔵の中でライブも行われました。
 ジャズのライブと、今ステージで行われているのは、珠洲ちょんがり保存会の方々による「能登流酒屋唄」ライブです。
 能登杜氏は、日本四大杜氏のひとつ。昔、厳冬の寒さに耐えながら、決して楽な仕事ではない酒造りの作業効率を高めるためにいつも唄ってらしたそうです。
f0209683_142391.jpg

 「珠洲ちょんがり保存会」のお一人。
 ステキな笑顔の方でした。
f0209683_143637.jpg

 偶然、京都の地酒に強いお店のマスターと奥様がいらしていて、バッタリ! 
 右の方は、時々、私の駄ブログにコメントをくださる日本酒つながりの方。お知り合いになって、多分、もう7、8年は経つかと・・・。久しぶりにお目にかかれてうれしかったです。
f0209683_144748.jpg

 イベントが終わった後、専務さんが蔵の中を案内してくださいました。
f0209683_162834.jpg

 色んな場所でお目にかかる機会がある福井専務。いつも穏やかな雰囲気の方です。
f0209683_161699.jpg


f0209683_164253.jpg


f0209683_171236.jpg

 美味しい仕込み水でした。
 毎日、美味しいお水が飲めるなんて贅沢なお話ですね。
 美味しいお水あってこそ、の日本酒ですしね。

 福井専務、お蔵の方々、スタッフの方々、楽しい時間をありがとうございました。人の中に居る暫しの間でしたが、私は哀しい現実から解き放たれていました。
f0209683_165758.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-28 23:57 | ちょっとお出掛け・・・