京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

出町柳 「やおや」さんにて・・・

 友達と出町柳の「やおや」さんへ。
f0209683_23242922.jpg

 一本釣りの鰹に、ぐじに、鯨に、のどぐろ・・・毎度のことですが、高級なお魚がいっぱいあります。
f0209683_23244532.jpg

 友人を待つ間、カウンターのお酒をパチリ。
 「始禄」というのは、「小左衛門」の地元で飲まれている銘柄だそうです。どこでもそうですよね。全国的に有名な銘柄と、地元のおじさんたちが日常飲んではる銘柄は違う。これもお燗に向いているのでしょう。
f0209683_23245698.jpg

 程なくして、友人も到着。
 ツレも日本酒好きですが、とりあえずの1杯目はビールで乾杯。 
 付き出しは、紫すきん、お豆腐、南京のたいたん、出汁巻き卵です。
f0209683_2325628.jpg

 大将にまるはぎを勧められました。
 お品書きを見ると、私たちには分不相応によいお値段だったのですが、「二人で半分こやし・・・」と、清水の舞台から飛び降りる覚悟で(←そんなオーバーな  (。。:  )オーダー。
 オーダーした後に気づいたのですが、まるはぎは水槽の泳ぎのものでした。(水槽は私たちの席の後方にありましたし・・・)
 実は私、水槽で泳いでいる魚が調理されるのは、ちょっと苦手なんです。(命の原型を思い起こさせるジビエも少々苦手なのです)殺生して食べてしまうくらいなら、泳いでいるのを見ているほうがいい・・・と思ってしまうのです。なので、一人だったら絶対オーダーしないお料理でした。
 ですが私はベジタリアンではありません。“一緒に美味しいものを食べよう~”って思ってくれている友達の気を削ぐわけにもいきません。
 というわけで、水槽のまるはぎさんにご挨拶。
 “他の人より、私たちに食べられるほうが幸せって思ってね。ごめんね”
 ちなみに、後ろの方に泳いでいるのがうまづらです。 
f0209683_2325174.jpg

 先ほどのまるはぎさんです。
 大将がゆってはったように、肝が大きい立派なものでした。
 まるはぎさん、命をいただきますね。
f0209683_23253287.jpg

 お醤油、ポン酢、肝醤油でいただきます。
 この肝醤油だけでも、充分飲めそうな美味しさでした。(笑)
f0209683_23254539.jpg

 お酒の方は、ビールから日本酒へ。
 おまかせで注いでもらいました。
 友人には「くどき上手・雄町44・純米大吟醸」です。
f0209683_23255853.jpg

 「辛いお酒を・・・」という私のリクエストで出してくださったお酒がこちら、「花垣」の「純米超辛口・無濾過生原酒」です。
f0209683_23261248.jpg

 芽ネギを巻いて肝醤油で・・・。
 美味し過ぎます。
f0209683_23262490.jpg

 ここで、偶然、顔なじみの方、登場。
 「不老泉」の藤井さんが、ちょうど、配達にきはったのです。
 もちろん、車ですから、一緒に1杯、というわけにはいかず、残念。
f0209683_23263760.jpg

 というわけで、「不老泉」の仕込み水を頂きつつ、お酒を飲みます。

 途中、学生さんらしき男子グループの面々が・・・。
 若いのに、こんなマニアックなお店で飲み、とは、すごいなぁ~と思っていたら、こちらのお店のバイト君のお友達なんだとか・・・。皆、京大の学生さんのようでした。私の兄も姪も京大に通っていましたが、私は100回受験したって絶対に受かりません!(キッパリ)(爆)
f0209683_2327299.jpg

 温サラダです。
 緑のお野菜の他に、椎茸、カボチャ、ベーコン・・・とても美味しいです。こちらにお邪魔すると、ついお願いしてしまうひと品です。
f0209683_2327456.jpg

 続いてのお酒。
 友人には「ばくれん・超辛口」。これも「くどき上手」のお蔵のお酒です。
 私の方は、「浪乃音・渡船・純米大吟醸・斗瓶取り」。
 ラベルに「柚里奈」とあるのは、こちらの娘さんのお名前。この夜もお店に下りて来てはったので、少しお話したのですが、快活な女の子です。
f0209683_23281563.jpg

 お隣の常連さんからおすそわけ。
 のどぐろと一緒に炊いてはる厚揚げです。しっかりお魚の美味しさがしみていました。ご馳走さまです。
f0209683_23283826.jpg

 お酒も更に進みます。
 友人には「田酒・純米大吟醸」。
 私は「濁酒」。時々、飲みますが、結構、好きなお味なんですよね。口当たりがいいからいくらでも飲めそうで後が怖いですが・・・。(爆)
f0209683_23332029.jpg

 更にお酒が進むアテが・・・。(爆)
 あん肝ボイルです。
f0209683_23285149.jpg

 なんだか結構、いい調子で飲んでいますが、友人には「龍力・神力。」
 遠い地に住む「龍力」好きの友人は元気かなあ?などと思いを馳せながら・・・。 
 ちなみに、後ろに写る写真の女の子が「柚里奈」ちゃんです。(今はもう少し大きくなってはりますが) 
f0209683_23294097.jpg

 更に、雲子なんぞも出してもらって・・・。
f0209683_23295716.jpg

 私に選んでくださったお酒は「大倉・辛口純米・無濾過生原酒・直汲」。
f0209683_23303677.jpg

 先ほどのまるはぎの骨せんべい(写真はなし)を頂いたり、焼き鶏も数種、焼いてもらいました。
f0209683_2330503.jpg

 穀物はススメテもらった鶏ラーメン。
 スープが濃厚でおいしゅうございました。
f0209683_23333340.jpg

 更に〆は、ネギトロ。 
 これも美味しかったですよ。
f0209683_23334635.jpg

 〆たはずなのに、大将、お酒を注ぐの図。(爆)
f0209683_2334411.jpg

 「八百屋」・・・こちらの店名が入ったラベル。 
 「不老泉」さんの「亀の尾うすにごり・山廃純米吟醸」です。
 
 いっぱい食べて飲みました。
 どれも美味しかったです。
 大将、ご馳走さまぁ~♪
f0209683_2335119.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-10-24 23:23 | 京都のお店(呑み系)