京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年・哀しきご報告・・・。

 さて、2010年が終わるまでに、ひとつ、ご報告しておかなければ・・・。
 一つ前の記事に出てくる秋山さんのお母さんにも驚かれてしまったのですが、私の過去のブログに、時折、出てきた姉の家のワンちゃんが、今年の6月15日にこの世を去りました。
 16歳でした。人間の年齢に換算すると114歳くらいだそう。大型犬にしては、とても長生きです。

 犬だって、暑さや寒さには弱いもの。
 生まれてからずっと、家の中で人間と同じように過ごし、暑い夏は、家人が不在になる際も、ちゃんと冷房を入れてもらっていました。幸せですね。
 犬はお散歩するから、近所の方々も、普段から気にかけてくださっていました。死んだ日もお花を供えてくださったり。
 晩年は、目もよく見えていない様子で、足も弱り、姉は苦労して散歩させていましたが・・・。
f0209683_22294251.jpg

 でも、本当に穏やかな死に顔でした。
 だからこうして、写真に残すことができました。
 遠方に住む甥や姪も帰ってきて、みんなに囲まれ、最期の時を住み慣れた家で過ごします。
 甥や姪にしてみれば、自分が子供の頃から一緒だった兄妹のような存在だったでしょう。皆、泣いていました・・・。

f0209683_2230486.jpg

 姉、甥、姪と一緒に愛しい犬の骨を拾い、骨壷に収めました。
 大型犬ですから、この骨壷もとても大きなものです。(苦笑)

 生きとし生けるもの全て、いつかこの世を去ります。
 だからこそ、懸命に生きねばならないのですよね・・・至極当然のことを思い出させてくれます。
 
 ありがとう、愛しき命・・・。
 いつかまた逢えるといいね。
 それまでどうか安らかに・・・053.gif

 2月には、私が18年間、可愛がってきた愛猫ハナを失くし、6月には姉が16年間、家族同然に暮らしてきた愛犬を失くしました。秋山さんのご実家のネコちゃんも、この前、亡くならはったのです。 
 2010年、それぞれの大切なものが失われていった1年でもありました。 
 そんな2010年も、もうすぐ終わろうとしています。
f0209683_23151381.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-12-31 03:28 | 我が愛しきものたち