京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

またも子猫を保護してしまいました・・・(-_-;)

 私がその子猫の姿を初めて見たのは、今年の7月31日でした。か細い猫の鳴き声が聞こえたような気がして気になって庭に探しに出た際、私の姿に驚いて逃げてゆくところでした。
 それから時々、うちの庭に姿を現すようになりました。
 でも、どう考えても捨て猫のよう。誰にもエサがもらえなかったら飢え死にしてしまう・・・と思うと、どうしても見捨てることができず、キャットフードを買ってきてあげていました。

 ただ、エサをあげるからには、きちんと面倒をみなければなりません。
 私は来月のお店のオープンと共に、京都に引っ越しせねばなりません。毎日、ご飯をあげることができなくなってしまいます。或る日、突然、エサがもらえなくなるなんて、そんな酷な話はありません。ならばなんとか保護して、猫の身の振りを考えてあげたい。
 
 でも、人間に警戒心を持っている野良ちゃんを捕まえるのは至難の技です。
 最近は、家に居る時間はずっと戸を開けて、猫が家の中に置いてあるエサを食べにくるよう、少しでも家や人間(私)に慣れさせてなんとか保護したい、と努力してきました。

 今日もずっと開けっ放しにしていました。
 1時間ほど所要で外出せねばならず、家の中に猫の姿も無かったので鍵をかけて出て行きました。
 
 1時間ほど経って帰宅して、びっくり!
 家の中に猫~~~!
 なんで家の中に居るの???

 この写真は最大限のズームで撮っています。
 近づいたら逃げますしね。(^_^;)
 
 多分、2階の押入れのお布団の上で眠ってしまって、私が出かける際に、鍵を閉めたりする物音に気づかず、そのまま家の中に閉じ込められていたのでしょう。

 京都に引っ越す前になんとか保護したい、と思っていたものの、今日は何の準備もしておらず、どうしたものかとかなり迷いました。
 ですが、猫も、最初は出口を求めて鳴き歩いていたものの、少しづつ落ち着いてきたので、このまま保護しようかと思っています。

 正直、お店のことで手一杯で、猫に関わっているような状態ではないのですが、やはり小さな命を見捨てるわけにはいかないですし・・・と、言いつつ、大丈夫か?私・・・。(-_-;)
 なにせ、まだ住む部屋も見つかっていませんし、猫の里親を探す余裕も無いですし・・・。

 オマケに、実はこの子猫にはお母さん猫と兄妹猫が1匹います。
 その猫たちのことも、なんとかしてやらないと・・・と、憂鬱です。
 
 明日、丸1日、留守になるので、とにもかくにもそれが不安な私です。
 おとなしく家に居てくれるといいのですが・・・。
f0209683_2349058.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-10-06 23:52 | 我が愛しきものたち