京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:京都のお店(呑み系)( 76 )

祇園北側 「欅」

 以前、私が書き綴っていましたブログ「はんなり・・・」でも、1度、ご紹介させて戴いたお店、祇園北側に在ります「欅」さん。
 久しぶりにお邪魔してみました。
f0209683_23472419.jpg

 たまには瓶ビール。(笑)
 なんと言いますか、こういうお店って瓶ビールが似合うように思うのです。(笑)
f0209683_23473443.jpg

 湯葉のお造りです。
 実は、これが一番のお目当てだったのです。
 母が生きていた頃は、よく湯葉を買って帰っていたのですが、最近はめっきりご無沙汰なもので、外で食べる以外ないのです。
f0209683_23474723.jpg

 女将さん手作りのおばんざいがいただけるお店です。 
 軽く飲むつもりだったので、「おばんざい3品とご飯のセット」をお願いしました。
 まず、出してくださったのはおでん。この時期、温かいお料理はいいですね。
f0209683_2348027.jpg

 手前が烏賊と大根の炊いたん、向こうが鰯の炊いたん。
 あ、そうそう、以前、「“たいたん”ってなんですか?」と、読者の方から質問されたのですが、「たいたん」と言いますのは、私の好きな爆笑問題の事務所、「タイタン」・・・っていうのは、つまらないボケで・・・・「炊いたもの」という意味で、京都の飲み系のお店のお品書きにはそう書かれていることが多いです。
 おばんざいをいただいて、ちょっと日本酒も飲みたくなってしまったのですが、日本酒は銘柄が限られていますので、どうしようかなあ~?と暫し考えていましたら、お隣に座ってらしたお客んさんから、いただいてしましました。(^.^)楽しい二人組のお客さん、ゴチになりました。m(_ _)m
f0209683_23481039.jpg

 最後に鯖寿司をいただいてごちそうさま。
f0209683_23482137.jpg
   
 せっかくなので、女将さんと大学生のバイト君のお写真を1枚。
 少々、緊張の面持ちですが、お二人ともとてもにこやかな方です。
 バイト君は、平安高校で野球をやっていたのだとか・・・。なるほどねぇ・・・確かに、縦関係が厳しいスポーツをやってはったからか、今時の若者とは思えない礼儀正しさを感じました。
 保育士になるのが夢だそうです。優しい感じの男の子だったので、きっと人気者の保育士さんにならはることでしょう。
 女将さん、そして、この日、偶然、ご一緒したお二方、ご馳走さまでした~♫
f0209683_23482963.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-02-25 01:46 | 京都のお店(呑み系)
 ひとつ前の記事の続きです。
 小川君のところで美味しいものを戴いた後は、木屋町を上がって(=北に行く)、日本酒バー「あさくら」さんのお店へ。
 この夜は、あさくらさんの奥さんも一緒だったもので、当然、「あさくら」さんの所に寄らねば・・・♥(爆)
f0209683_12381648.jpg

 行ったのはいいのですが、お店は盛況。
 カウンターがいっぱいだったので、私たち4人はテーブル席へ。
 お酒の方は、左から「舞美人」、「篠峯」、「よ右衛門」、「やどりぎ」。
 どれも美味しいお酒を置いているお店では馴染みの銘柄でしょうか。
 ちなみに、「やどりぎ」は京都の「英勲」のお酒です。城陽にあるお酒屋さんのPBで、私も昔、よく飲んでいました。(-^〇^-) 
f0209683_12382673.jpg

 錫の酒器でお燗をいただきます。
 この夜は、噂の常連さん(楽しい男性でした)も、偶然、飲みに来てはって、皆で楽しく談笑(-^〇^-)。
f0209683_12383577.jpg

 夜は更け、先に一人帰路につき、更にグループのお客さんが来店しはったもので、奥さんはカウンターの中に。私ともう一人のツレはカウンターに移動しました。 
 お酒の方は、最近、色んなお店で飲む機会の多い「花巴」、「美和桜」、「奥播磨」」。
f0209683_12384247.jpg

 最後に、この時期らしいお酒をいただきました。
 「花垣」のにごりです。
 ごちそうさまでしたぁ~♫
f0209683_12385360.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-02-05 02:37 | 京都のお店(呑み系)

木屋町 「食堂おがわ」

 去年の夏に不運にも店舗の2階から漏電して火事に遭ってしまった小川くんのお店が、去年のクリスマスイヴに再オープンしたことはブログでもお知らせしました。
 人気店なので、オープン当初は、行きたいお客さんがいっぱいだろうと遠慮していたのですが、先月、日本酒つながりの方々と一緒に行ってきました。
 工事中、何度か見に来ていたのですが、こんなお玄関になるとは予想もしていませんでした。
 上品ですね。(#^.^#)
f0209683_20185225.jpg

 陶芸をしてはるお客さんにもらわはったものだそう。  
 Ogawa・・・上手に作ってはります。(^^♪
f0209683_2019353.jpg

 若きご主人の小川君と奥様の涼子ちゃん。
 やはり、お料理してはる姿が様になる人です。(#^.^#)
f0209683_20194553.jpg

 この夜は、日本酒好きの人ばかり。
 とはいうものの、先ずはビールで乾杯( ^^)/▽▽\(^^ )です。
 お料理の方は、おまかせでお願いしました。(5千円のコースです) 
f0209683_20195760.jpg

 鯖のきずしです。
 ゆるい〆め方が丁度いい感じでした。
f0209683_2020790.jpg

 ビールの後は日本酒へ・・・。
 地元滋賀の「松の司・純米吟醸・あらばしり」です。
f0209683_20201880.jpg

 お造りの盛り合わせです。 
 小川君の好物053.gifのタコも入っています。
 この器いいですよね~。好みです053.gif
 お店がお休みの間に、器も買い足さはったようです。
f0209683_20443870.jpg

 続いてのお酒は、これまた馴染みのお蔵の「不老泉・山廃純米大吟醸・無濾過生原酒」」です。
f0209683_2045029.jpg

 海老芋の蟹身入りあんかけです。
 京都らしいひと品ですね。
f0209683_20451557.jpg

 赤なまこの酢の物です。
 ナマコの調理はできないですが(~_~;)、ナマコは大好きです。
 やはり、青より赤の方がやわらかくて美味しいな。
f0209683_20452623.jpg

 お酒の方は、「三十六人衆・生詰め」です。 
 このお酒も、色んな飲食店に入れてはりますね。
f0209683_20453679.jpg

 焼き物は、のどぐろです。
 これが脂が乗っていて、とてもおいしゅうございました。
 美味しい物を食べると、幸せな気分になれますね。
f0209683_20454927.jpg

 お酒は京都の「蒼空・純米」です。
 最近、お蔵にもお邪魔していないけど、蔵元のお母さん、お元気かなあ?

 カウンターの向こう側には、今まで、何回か、この小川君のお店で偶然、同席したことがある花街のお姉様方。 舌の肥えたお客さんが多いので、小川君も大変やなあ。(~_~;)
 余談ですが・・・席に着くと、どこかで見たことのある方がお隣の席に・・・。居酒屋評論家(?)の太田和彦さんでした。昔、CS(?)で、居酒屋を巡る・・・といった番組を見た記憶があったもので、なんとなくお顔に見覚えがあったのです。今もそういうお仕事をなさってるんですね。元気じゃないとできませんね。美味しいお酒やお料理がいただける“健康な身体”って幸せです。(-^〇^-)
f0209683_20464100.jpg

 「フタしなくてもいいんですけど・・・」と笑いながら、小川君が目の前に可愛い器を出してくれました。
 なにせ、目の前で料理してはるのですから、中に何が入っているかはお見通しです。(笑)
 私、子供の頃からちっちゃな器とか好きで、こんな風にフタまで付いてると、尚のこと、“可愛いなあ”ってテンション上がってしまいます(^^♪。(笑)
f0209683_2046157.jpg

 さて、中身は何かと言いますと・・・このわたです。
f0209683_20462594.jpg

 またまた馴染みの滋賀の蔵元さんのお酒「七本鑓・純米」です。
f0209683_20463619.jpg

 ふわふわ熱々のだし巻き卵。
 おいしゅうございます。
f0209683_2046498.jpg

 只今、小川君が炊きたてのご飯をよそってくれてはります。
f0209683_2047238.jpg

 牡蠣の炊き込みご飯と自家製のお漬物です。
f0209683_20471733.jpg

 最後にほうじ茶アイスをいただいて、ごちそうさま。 
 どのお料理も美味しく、とても楽しい時間を過ごすことができました。
 これからも前のお店と変わらず、人気店として繁盛してゆくことでしょう。
 小川君、涼子ちゃん、ごちそうさまでしたぁ~♫・・・と言いつつ、私たちは更に日本酒を飲みに流れるのでした。
f0209683_20473119.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-02-04 02:18 | 京都のお店(呑み系)
 記事にしたいことが多過ぎて記事のアップが遅れがちな上に、パソコンの不調が更に遅れに拍車を掛け、かなりのタイムラグが発生してきています。(~_~;)
 お店の方々、すみません。m(_ _)m
 
 先日、「ごとし」さんで、偶然、ばったり!お目に掛かったパンチさんのお店、「地酒バー膳」へ飲みに行った際のお話です。
 冷蔵庫の中には、古酒がいっぱい。
f0209683_1455256.jpg

 お燗酒をお願いしました。
 「龍力」です。
 私の周りにも「龍力フリーク」、いはりますね~。016.gif
 「蔵出し新酒」となっていますが、2008年12月のお酒です。
 かなりしっかりとコクのあるお酒でした。
f0209683_1263197.jpg

 アテはホタル烏賊と鴨ロースです。(^^♪
 お酒のアテにしてはボリュームがあったのに、私がスッスと食べ進めていたからか、マスターのパンチさん、「おなか空いてるの?」と、迅いてくれはりました。何気に“気づかいの人”なのです。
 こちらのお店は、ちかくのイタリアン「il cappelo」から出前してもらえるのですが、イタリアンをアテにすると、私の場合はワインがの見たくなってしまうので、こちらで出前を頼んだことはなかったのですが、“パスタが食べたいなあ~053.gif”と思いまして。
f0209683_1455236.jpg

 パンチさんが電話してくれはると、(この夜は天候が悪かったためか)「手が空いてるから」、とスタッフの方がわざわざメニューを持ってきてくれはりました。ありがとうございます。(スタッフの方へ。カメラ目線の写真が暗くてボケていたため、こちらのショットでごめんなさい。m(_ _)m)
f0209683_14553729.jpg

 せっかくメニューを持ってきてくれはったので奮発して(笑)「北海道産の雲丹と山田さんの水菜のスパゲティーニ」にしました。
 女性の方がお二人で持ってきてくれはったのですが、フォークを忘れてきはって、「お箸があるからいいですよ~♫」と、ゆったものの、やはり、お箸で食べるパスタはいまいちでした。(~_~;)(笑)
 お酒にとって酒器が重要なように、なんでも食器は大切なんですね♥
f0209683_14555139.jpg

 続いてのお酒もお燗してもらいました。
 「富久錦」の「早春の福磨路」です。
 こちらもまったり熟成しています。
f0209683_1456578.jpg


f0209683_14561680.jpg

 3杯目は馴染みのお蔵「不老泉」さんの「特別純米・無濾過生原酒・責め」です。
f0209683_14562616.jpg

 パンチさんお手製の胡瓜の即席漬けを出してくれはりました。
 お酒がしっかりしているものが多いので、あっさりとしたアテはうれしいですね。
 サクサクミズミズしくて美味しかった。
 パンチさん、ごちそうさまぁ~♫
f0209683_14563849.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-02-01 01:24 | 京都のお店(呑み系)

東寺 「一寸法師」

 3つ前の記事で東寺の弘法さんのお話をしましたが、その東寺の近くに在るお店の記事になります。
 過去のブログの中で、何回かご紹介している「一寸法師」さん。
 飲み処です。
f0209683_1616614.jpg

 壁には「黒牛」の前掛けと、馴染みの蔵元さん、「喜楽長」さんのポスター。
 ステキです。(#^.^#)
f0209683_16161614.jpg

 寒い{{ (>_<) }}底冷えの日でした。
 「とにかく、お燗酒」をお願いしました。
 「芳薫・純米酒」・・・佐賀の馬場酒造のお酒です。
 初めて飲んだお酒かと思いますが、存外、美味しかったです。(#^.^#)
f0209683_16162524.jpg

 チャンジャの胡麻油和えです。
 お酒のアテにぴったりです。  
f0209683_16163511.jpg

 おでんの牛スジに更に手を加えたもの。
 おいし。(^^♪
f0209683_16164624.jpg

 更にお燗酒。
 「梅乃宿・本醸造」です。
 梅乃宿の本醸造って初めて飲んだかもしれません・・・というか、いつのまにか、「梅乃宿」と言うと、にごり梅酒、というイメージの方が強いもので。
 でもこの本醸造、侮れないですよ。
 なかなかにおいすぃ~♫
f0209683_16165433.jpg

 おでんで好きな食材、ベスト3の中に入るのが、ジャガイモと卵です♥ 
 煮崩れて、お出汁がどろどろになってしまうから、お店でジャガイモを出してはるところは、結構、少ないですよね。家だったら、ジャガイモは、絶対、外せませんが・・・。
f0209683_1617486.jpg

 お豆腐です。
 ヘルシ~。(笑)
f0209683_16171442.jpg

 実は、久しぶりにお邪魔したこちらのお店。
 カウンターの中にいはるのが、こちらの若き店主ですが、随分、ご無沙汰してしまったというのに、昨日も通ってきたお客のようにフレンドリーに接してくれはります。
 行き辛くなると、更に足が遠のいてしまうのですが、いつも変わらず接してくれはると、また顔を出そう、っていう気になれるんですよね。
 結局、「店=人」です。(-^〇^-)
f0209683_16172460.jpg

 居心地が良かったもので、更にもう1杯。
 久しぶりに飲んだ「東長」です。
 「東一」も好きですが、これも好みです。
f0209683_1749194.jpg

 お客さんにお土産でもらわはったのかな?
 蜂の子を出してくれはりました。(~_~;)
f0209683_16173527.jpg

 これも頂き物らしい中国のお酒を味見させてくれはりました。
 すごく鮮やかな黄色。(笑)

 実は、これは去年のクリスマスの夜だったのです。 
 となれば、向こうで飲んではる二人はカップル053.gifにしか見えない・・・ですよね?それが意外にも、お話をしてみたら、お二人は単なるお友達なんだとか・・・。せっかくのクリスマスなんやから、それぞれ、彼氏、彼女と飲みに行けばいいのにねぇ・・・。(爆)(余計なお世話ですが・・・)(~_~;)
 お二人とも、猫が好きだそうで、彼女の携帯の中の飼い猫の写真を見せてもらったり、私のデジカメの中に残してあったハナ ^・・^ の写真を見てもらったり・・・。
 お二人さま、記事のアップが遅くなってごめんなさい。m(_ _)m
f0209683_16174719.jpg

 かく言う私も、クリスマスに一人で飲んでるってどうよ?(-_-;)とも思いますが、慣れっこなので大丈夫で~す。\(*⌒0⌒)♪(爆)

 お燗酒でようやっと身体が温まった私は、最後にビールを飲んでご馳走さま。
 若き大将、また、顔出しますね(-^〇^-)。
f0209683_16191314.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-26 02:14 | 京都のお店(呑み系)
 11月に馴染みの滋賀の蔵元さんをお招きして開催した「縁はんなり」の会でお世話になった「ごとし」さん。松の内にご挨拶がてら飲み・・・と思っていたのに、遅くなってしまいました。m(_ _)m

 というわけで、先週、友人たちと遅がけにお邪魔した際のお話です。
 お通しです。
 貝の旨みが出ていて、本当に美味し。(#^.^#)
f0209683_2247237.jpg

 大根おろしとおじゃこ。
 お出汁はしっかりしていながらも上品な味つけに、「さすが京都!」と、遠方からやって来た友人たちも感心しきり。
 向こう側の器には・・・山葵菜?(違ってたら、すみませんm(_ _)m)
 なにせ、この夜は、一応、私はホスト役なもので、お連れした面々が楽しんでくれているか気になって、どうも気もそぞろ。(笑)
f0209683_2247341.jpg

 この夜は、5名でお邪魔しました。
 色んなお猪口があって楽しい。(-^〇^-)
f0209683_22474473.jpg

 雲子の焼いたん&貝の浜焼き。
 実は、友人の中の一人は雲子のような類が苦手なタイプの人なのですが、「これは別物!」とゆっていました。口に合って良かった。なんでも“いい物”は美味しいんですよね、きっと♥
f0209683_22475397.jpg

 旨みたっぷりの大きな貝でした。
 おいすぃ~♫
f0209683_224811.jpg

 日本酒も色々、飲みました。
 写真の方は、馴染みの蔵元さんの「七本槍」。
f0209683_22481119.jpg

 小松菜とお揚げさんの炊いたん。
 こういうお料理も、お出汁が美味しいお店じゃないとオーダーしないですね。  
 お野菜は甘く、お揚げさんはふっくら。
 美味しかったですよ。
f0209683_22482194.jpg

 「仙介」と若き大将、玉井さん。(笑)
 ほんまは、カメラの方を向いてくれはった写真もあるのですが、なんとなく、この感じ、好きなので、こちらをアップさせていただきました。(せっかくカメラの方、向いてくれはったのに、玉井さん、ごめんちゃい。m(_ _)m)
f0209683_22483122.jpg

 京都の冬の王様、かぶら蒸しです。
 具沢山の贅沢な蕪蒸し。
 ここのお店のソレは絶品です。016.gif
f0209683_22484134.jpg

 お燗もいただきました。
 只今、お連れさまが杯を選んではるところです。
 実は、この夜の友人たちは、普段、好んで日本酒を飲んでいる人たちではないのです。    
 でも、やはり、京都の和食には日本酒、って感じでしょうか。(-^〇^-)
f0209683_22485734.jpg

 私が選んだ杯は、こちらです。
 徳利もいい感じですよね~♫
f0209683_2249743.jpg

 葱の・・・確か、ぐじ味噌焼きだったかと・・・。(~_~;)
 私が写真を撮ろうとしたら、友人の魔の手が・・・。(-_-;)
 いい大人が、普通、こんなこと、しますぅ~?
 幾つになっても子供ですわぁ~。(^。^;)(爆)
f0209683_22522299.jpg

 にごりも飲みました。
 同じものをお替りしたりしていたので、結構、飲んでいます。
 普段、日本酒を飲む機会が少ないであろう友人たちであるが故に、余計にうれしかったし、楽しいひと夜でした。
 途中、地酒バー膳のマスターのパンチさんも飲みにきはったりして・・・。(パンチさん、また、顔出しますね)
 結局、この夜は、閉店まで飲んでいたのでした。
 美味しかったぁ~。ごちそうさまでした。m(_ _)m
f0209683_22523727.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-24 22:46 | 京都のお店(呑み系)

馴染みのお店で呑み

 私のブログではお馴染みのお店、木屋町の「ろっこん」さんです。  
 先週、雪の降る寒い夜に、馴染みの蔵元さんとご一緒した日のお話です。
f0209683_1461223.jpg

 私もお連れ様も日本酒好きではありますが、1杯目はビールで( ^^)/▽▽\(^^ )。
 すでに飲みかけているのは、ブログの写真を撮るために、ひと口目を待っていただくのはもうしわけないから。(笑)
 きれいな写真が残るのもうれしいですが、でも、それよりも何よりも、“その場が美味しくて楽しい!”が優先です。(-^〇^-)
f0209683_1462311.jpg

 お造りです。
 お品書きに、美味しそうなお魚は色々書かれていたのですが、この時期ですので、寒ブリとキンメです。
 どちらも脂がのっていて、とても美味しかったです。
 
f0209683_2344919.jpg

 皮を炙っておいてくれはりました。
 パリパリと皮までおいし。(#^.^#)
f0209683_1464144.jpg

 “京都の冬”と言えば、こちら定番の蕪蒸し。
 お連れ様と、半分づつに分けて出してくれはりました。
 お気づかい、ありがとう~♫
f0209683_1465168.jpg

 こちらのお店とは、オープン当初からのおつきあいで、多分、もう13年ほど経つかと・・・。
 写真の方は、店長の安田さん。
 安田さんとは、8、9年のお知り合いになるでしょうか。
 いつもニコニコ温厚な料理人さんです。
 その安田さんが「美味しいですよ」と勧めてくれてはるのが、カウンターに並べられたほうれん草。 
 縮緬みたいにシワシワで厚みがあります。
 確かに、見るからに美味しそうです。
f0209683_147029.jpg

 蒸しただけのシンプルなお料理。
 お豆腐とお味噌の自家製ソースをつけていただきます。
 でも素材が上等で甘いので、なにもつけずとも、おいし~♫
f0209683_1473481.jpg

 お酒の方は、「義侠・無濾過生原酒」です。
f0209683_148436.jpg

 お料理の方は、白子と生麩のチーズ焼き。
 何にでも合いそうなお料理です。^ー^
f0209683_1481441.jpg

 続いてのお酒は、「開運・無濾過純米」です。
 新年に縁起がいいからか、今月も、色んなお店で飲む機会の多い「開運」です。
 ネーミングって重要。(爆)(そう言えば、「死神」っていう地酒もあったなあ)(爆)
f0209683_1482346.jpg

 海老芋の湯葉あんかけです。
 ほっこり身体も温まります。
f0209683_1483369.jpg

 お酒の方は、和歌山は尾崎酒造の「太平洋・しぼりたて・生原酒」です。 
 適度のコクがあって・・・でも飲み易いお酒です。
f0209683_1484356.jpg

 玄関のガラス越しにお店の外を眺むれば、京都では珍しいくらい、雪が降りしきっていました。
 さしずめ、“雪見酒”といったところでしょうか。
 オツですね♥

 最後に、きずしと茗荷をいただいてごちそうさま。
 この後、雪が降りしきる中、先斗町のBarに貸替えしました。
 楽しいひととき、ありがとうございました。(^^♪
f0209683_1485273.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-22 01:12 | 京都のお店(呑み系)
 ひとつ前の記事の続きです。
 東京からのお客人と北山の「秋山」さんでお食事した後は、お客人の宿泊先であるホテルオークラの側に在る「タラの丘」へ・・・。
 ちょっと久しぶりに来ました。昔は、錦市場近くの「field」というアイリッシュパブに、時々飲みに行っていたのですが・・・。こちらの「タラの丘」も久しぶりでした・・・。(と、書きつつ、看板、「ダブリン」になっていますね(-_-;)。店名変わったのかな?っていうことはオーナーが変わったのでしょうか?ま、お店はそのままですが・・・)
f0209683_1332338.jpg

 「ギネス」と言いたいいところですが、飲みやすいキルケニーをオーダー。
f0209683_1333521.jpg

 ナッツ類・・・ここでこういうものを食べたのは初めてかもぉ。
f0209683_1334583.jpg

 奥様が食べてはったスイーツです。奥さんは飲まはらへんもので・・・。
 こんなものもあるんですね~。初めて見ました。私はメニューを見ても、きっとこういうものは目に入ってないんでしょうね。(~_~;)(爆)
 奥様、以前、お仕事で京都にいらしたときに、ここでこれを食べて気にいらはったそうです♥ 
f0209683_1335493.jpg

 アイリッシュパブの定番、フィッシュ&チップス・・・。
f0209683_134456.jpg

 私の2杯目はアイリッシュウィスキー。
 「Locke’s」。
 甘めの味が好きで、昔から好んで飲んでいるアイリッシュウイスキーのひとつです。
f0209683_1341265.jpg

 これは何を食べてはったのかな?
 把握し切れていませんが、「秋山」さんの後でおなかいっぱいでもお店の趣が変わると大丈夫なんですよね。(笑)
 久しぶりにお目にかかれて、楽しい時間でした。
 ありがとうございました。(^^♪
f0209683_1342233.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-20 12:27 | 京都のお店(呑み系)
 お正月三が日も、あっという間に過ぎましたね。
 ブログの方も“日常”に戻りますね。
 
 先日、ブログ上で、西木屋町の「食堂おがわ」再開のお知らせをしましたが、同じく12月、もう1軒、居酒屋さんがオープンしました。
 錦御幸町に出来た「京のおへそ」です。グリーンの外装が目をひきますね。工事の間も何回か、顔を出していたのですが、これは予想外の色でした。(笑)でも、わかりやすくていいですね。(^з^)-☆
 こちらのご主人とは・・・(定かではないのですが)・・・15年くらい前に知り合ったのでしょうか。初めて逢ったのは、そのご主人が居はった先斗町のお店でした。思い返せば、永いおつきあいです。
 12月6日にオープンしたのですが、開店当初は忙し過ぎて大変だと思い、“ちょっと落ち着かはったかなあ”という頃、お邪魔しました。 
f0209683_0205674.jpg

 この日は、焼酎好きの友人と一緒に行きました。 
 1杯目、私はビール、友人は「龍宮」で( ^^)/▽▽\(^^ )です。
f0209683_021868.jpg

 付き出しの後は、鯨のお造りをいただきました。
f0209683_0212115.jpg

 お魚のお造りも・・・。
f0209683_0213481.jpg

 友人は、「車屋」。麦焼酎のようです。
 「くるまや」と読むようですが、「車」の上に「立」という冠が載っていますね。何か意味があって、この漢字なのでしょうか?
f0209683_0214753.jpg

 生湯葉春巻きです。
 ヘルシ~(-^〇^-)。
f0209683_0215765.jpg

 私の方は、お燗をいただきました。
 「旭若松・純米酒」です。
 ここのお酒は、京都・大阪でよく見ます・・・と言いますか、私の周りの飲食関係の人たちやお酒屋さんがプッシュしてはるので、自然と飲む機会が多いのです。(笑)
f0209683_022732.jpg

 生ハムとセリ?(食べておいて、どうして“?マーク”?なのですが・・・)(爆)
f0209683_0221552.jpg

 お友達が飲んでいた「じゃばら酒」。
 メジャーなリキュールですよね。よくみかけます。
f0209683_0222455.jpg

 フグの唐揚げです。
 おいし。(-^〇^-)
f0209683_0223545.jpg

 私のお酒は、これも昔から馴染みの「三重錦・純米吟醸・生・中取り」です。 
f0209683_0224535.jpg

 お友達はじゃばら酒をお代わりしています。
 お店の人に注文を迅かれて、「同じもの(^^♪」と、同じ銘柄のお酒を飲み続けるパターンが多い、どこか男の人っぽい女子友です。(爆)
 私の方は、11月に主催した「縁はんなり」の会に来ていただいた蔵元さんのお酒、「萩乃露・特別純米・無濾過生原酒」です。
f0209683_0254162.jpg

 最後に、自家製の薩摩揚げを2種類いただきました。
 やわらかくて熱々で、とても美味しかったです。
 ごちそうさまでした。
 大将の原さん&スタッフさま、ご馳走さまでした。
 これからずっと永く頑張ってくださいね。(-^〇^-)
f0209683_0255893.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-04 23:57 | 京都のお店(呑み系)
 2つ前の記事の続きです。(-^〇^-)
 大阪の馴染みのお店の料理人君&彼女と一緒に「秋山」さん&「伏見のお酒」のイベントをハシゴした後は、京都駅に戻って、リド飲食街の「じじばば」さんへ。
 この日は、お昼の12時から飲んでいたわけですが、いつのまにやら、「じじばば」さんが開店する夕方6時になっていました。
 私のブログで「じじばば」さんのことはよく知ってくれてはったので、「はんなさんのブログに出てくるお店ですね~♫」と、喜んでくれはってうれしかったナ。
f0209683_12411392.jpg

 ずっと日本酒だったので、ビールで乾杯( ^^)/▽▽\(^^ )。(ビールはすでに飲んでいるので減ってます)(笑)
f0209683_12412671.jpg

 ここへは私はいつでも来られるので、二人の好きなものをチョイスしてもらいました。
 これは牛すじの煮込みです。
 グツグツ煮えて美味しそうでしょ?
f0209683_124146100.jpg

 ベーコンのソテーです。
 彼の好物のようでした。
 一人で来ると、なかなか食べられないので(ボリュームがあるので)、シェアできてうれしいです。
f0209683_12415675.jpg

 こっちは彼女のチョイスだったかな?鶏と椎茸です。
 こちらで使ってはるのは肉厚の立派な椎茸です。  
 身体に良さそうですね。
f0209683_1242983.jpg

 ビールの後は、私はカイピリーニャ。
f0209683_12423052.jpg

 料理人君はもちろん、日本酒。(笑)
 『神亀酒造は35才以上、限定です』と書かれていますが、彼は若干、25歳。(笑)
f0209683_12424526.jpg

 「心のおそうじ」を飲まはりました。
 マスターと、日本酒の話に花が咲きます。
f0209683_1242595.jpg

 若い二人ですが、気づかいのできる人たちで、「はんなさんも何か頼んで016.gif」と、ゆってくれはるので、じゃあ、アテっぽいものを・・・ということで、チーズの酒盗かけです。
f0209683_12431054.jpg

 彼はお酒も入ってちょっとネムネムのようでした。
 疲れてはるんでしょうね。
 日々、早起きして市場に行って、夜遅くまで働いて・・・飲食の仕事に就いてはる人は、ほんまに大変です。

 というわけで、プチ女子会053.gif。(笑) 
 彼女と二人でシェリーを飲みました。
 彼女も私もシェリーが好きなのです。いや、日本酒も好きですけどね。(笑)
f0209683_12433489.jpg

 シェリーのアテに生ハムです。
 ココン烏丸からつきあってくれていたFUSHIMI SAKEZO君と共に・・・。(笑)

 お昼から夜まで、楽しい時間を過ごしました。
 ありがとう053.gif
 そして、SAKEZO君は、二人と一緒に大阪に帰って行ったのでした。
 SAKEZOくん、元気でね~060.gif
f0209683_1581934.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-12-30 12:40 | 京都のお店(呑み系)