京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:京都のお店(呑み系)( 76 )

「魚とお酒 ごとし」

 今月、私の駄ブログのオフ会(お酒の会)を開催させていただく、「ごとし」さん。少し前にお邪魔した際のお話です。
 今回のミシュランで星ひとつ072.gif取らはったわけですが、多分、それ以降、電話がジャンジャンかかってきているはずですし、営業中は大変でしょうね。
 常連さんも予約しないと入れなくなってしまうとなると、こういったお店にとってはミシュラン効果もプラスなのかマイナスなのか、難しいところです。
 今月28日、「お酒の会」に参加してくださる方は、楽しみにしていてくださいね。^-^
f0209683_12343774.jpg

 1杯目はビールにしようかと思ったのですが、「不老泉」さんの梅酒を飲みました。お酒屋さんではよく見かけますし、知人にさしあげたこともあるのですが、私自身は飲んだことがなかったもので・・・。
 普段なら梅酒はソーダ割にしてもらうのですが、寒かったのでお湯割りに・・・。
 「不老泉」さんの日本酒同様、どっしりとした感じなのかと思ったら、意外にも酸味が強く、あっさりした感じでした。
f0209683_12344868.jpg

 毎度のことですが、上等な付き出し。(笑)
f0209683_1234584.jpg

 牡蠣をいただきます。
 大きくて肉厚な牡蠣でした。 
f0209683_1235924.jpg

 梅酒はまだ残っているのですが、さすがに牡蠣を食べるには甘いので、梅酒もいただきますが、日本酒も・・・。(笑)お燗酒をいただきました。
 「鷹座巣」・・・初めて飲みました。(などと、書きながら、過去記事にアップされていたらどうしよう?でも、とにかく、飲んだことがあったとしてもはるか昔であることは確かです)(笑)
f0209683_13134236.jpg

 鮟鱇の天麩羅です。
 家でも、よく鮟鱇のお味噌汁を食べます。
 プルプルしていて、大好きです。
f0209683_12353170.jpg

 続いてのお酒は、「神亀」。
 京都では、「神亀」は限られたお店でしか目にしません。一番、種類多く置いてはるのが、京都駅前の「じじばば」さんでしょうか。
f0209683_1235444.jpg

 お出汁が美味しいお料理を頂きます。蟹身もおいしゅうございました。身体が温まります。
f0209683_12355839.jpg

 海老芋の唐揚げです。
 母が生きている頃は、私も家でよく作りました。ただ、海老芋は高価ですし、滋賀のスーパーではまず置いていないので、その代わりに京芋やセレベスを使っていました。
f0209683_12361047.jpg

 お酒は「天遊林・特別純米・瓶囲い」です。
 カウンターに乗っている物体は、鱧の棒寿司です。おいしそ。
f0209683_12362255.jpg

 〆のご飯は、海鮮丼。
 きれ~~~♪(笑)
 美味しかったです。
 ご馳走さまぁ。
f0209683_12363380.jpg

 と思ったら、女将さんが「ひと口どうですか?」って出してくれはりました。
 「長農校育ち」・・・「七本槍」さんのところのお酒です。
 3月に「七本槍」さんのお蔵にお邪魔した際に、私もお土産に買って帰ってきました。
 長浜農業高校の生徒さんが作らはったお米で醸してはるお酒です。いい感じに味が乗っていました。
f0209683_1236434.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-01 12:57 | 京都のお店(呑み系)
 友達と出町柳の「やおや」さんへ。
f0209683_23242922.jpg

 一本釣りの鰹に、ぐじに、鯨に、のどぐろ・・・毎度のことですが、高級なお魚がいっぱいあります。
f0209683_23244532.jpg

 友人を待つ間、カウンターのお酒をパチリ。
 「始禄」というのは、「小左衛門」の地元で飲まれている銘柄だそうです。どこでもそうですよね。全国的に有名な銘柄と、地元のおじさんたちが日常飲んではる銘柄は違う。これもお燗に向いているのでしょう。
f0209683_23245698.jpg

 程なくして、友人も到着。
 ツレも日本酒好きですが、とりあえずの1杯目はビールで乾杯。 
 付き出しは、紫すきん、お豆腐、南京のたいたん、出汁巻き卵です。
f0209683_2325628.jpg

 大将にまるはぎを勧められました。
 お品書きを見ると、私たちには分不相応によいお値段だったのですが、「二人で半分こやし・・・」と、清水の舞台から飛び降りる覚悟で(←そんなオーバーな  (。。:  )オーダー。
 オーダーした後に気づいたのですが、まるはぎは水槽の泳ぎのものでした。(水槽は私たちの席の後方にありましたし・・・)
 実は私、水槽で泳いでいる魚が調理されるのは、ちょっと苦手なんです。(命の原型を思い起こさせるジビエも少々苦手なのです)殺生して食べてしまうくらいなら、泳いでいるのを見ているほうがいい・・・と思ってしまうのです。なので、一人だったら絶対オーダーしないお料理でした。
 ですが私はベジタリアンではありません。“一緒に美味しいものを食べよう~”って思ってくれている友達の気を削ぐわけにもいきません。
 というわけで、水槽のまるはぎさんにご挨拶。
 “他の人より、私たちに食べられるほうが幸せって思ってね。ごめんね”
 ちなみに、後ろの方に泳いでいるのがうまづらです。 
f0209683_2325174.jpg

 先ほどのまるはぎさんです。
 大将がゆってはったように、肝が大きい立派なものでした。
 まるはぎさん、命をいただきますね。
f0209683_23253287.jpg

 お醤油、ポン酢、肝醤油でいただきます。
 この肝醤油だけでも、充分飲めそうな美味しさでした。(笑)
f0209683_23254539.jpg

 お酒の方は、ビールから日本酒へ。
 おまかせで注いでもらいました。
 友人には「くどき上手・雄町44・純米大吟醸」です。
f0209683_23255853.jpg

 「辛いお酒を・・・」という私のリクエストで出してくださったお酒がこちら、「花垣」の「純米超辛口・無濾過生原酒」です。
f0209683_23261248.jpg

 芽ネギを巻いて肝醤油で・・・。
 美味し過ぎます。
f0209683_23262490.jpg

 ここで、偶然、顔なじみの方、登場。
 「不老泉」の藤井さんが、ちょうど、配達にきはったのです。
 もちろん、車ですから、一緒に1杯、というわけにはいかず、残念。
f0209683_23263760.jpg

 というわけで、「不老泉」の仕込み水を頂きつつ、お酒を飲みます。

 途中、学生さんらしき男子グループの面々が・・・。
 若いのに、こんなマニアックなお店で飲み、とは、すごいなぁ~と思っていたら、こちらのお店のバイト君のお友達なんだとか・・・。皆、京大の学生さんのようでした。私の兄も姪も京大に通っていましたが、私は100回受験したって絶対に受かりません!(キッパリ)(爆)
f0209683_2327299.jpg

 温サラダです。
 緑のお野菜の他に、椎茸、カボチャ、ベーコン・・・とても美味しいです。こちらにお邪魔すると、ついお願いしてしまうひと品です。
f0209683_2327456.jpg

 続いてのお酒。
 友人には「ばくれん・超辛口」。これも「くどき上手」のお蔵のお酒です。
 私の方は、「浪乃音・渡船・純米大吟醸・斗瓶取り」。
 ラベルに「柚里奈」とあるのは、こちらの娘さんのお名前。この夜もお店に下りて来てはったので、少しお話したのですが、快活な女の子です。
f0209683_23281563.jpg

 お隣の常連さんからおすそわけ。
 のどぐろと一緒に炊いてはる厚揚げです。しっかりお魚の美味しさがしみていました。ご馳走さまです。
f0209683_23283826.jpg

 お酒も更に進みます。
 友人には「田酒・純米大吟醸」。
 私は「濁酒」。時々、飲みますが、結構、好きなお味なんですよね。口当たりがいいからいくらでも飲めそうで後が怖いですが・・・。(爆)
f0209683_23332029.jpg

 更にお酒が進むアテが・・・。(爆)
 あん肝ボイルです。
f0209683_23285149.jpg

 なんだか結構、いい調子で飲んでいますが、友人には「龍力・神力。」
 遠い地に住む「龍力」好きの友人は元気かなあ?などと思いを馳せながら・・・。 
 ちなみに、後ろに写る写真の女の子が「柚里奈」ちゃんです。(今はもう少し大きくなってはりますが) 
f0209683_23294097.jpg

 更に、雲子なんぞも出してもらって・・・。
f0209683_23295716.jpg

 私に選んでくださったお酒は「大倉・辛口純米・無濾過生原酒・直汲」。
f0209683_23303677.jpg

 先ほどのまるはぎの骨せんべい(写真はなし)を頂いたり、焼き鶏も数種、焼いてもらいました。
f0209683_2330503.jpg

 穀物はススメテもらった鶏ラーメン。
 スープが濃厚でおいしゅうございました。
f0209683_23333340.jpg

 更に〆は、ネギトロ。 
 これも美味しかったですよ。
f0209683_23334635.jpg

 〆たはずなのに、大将、お酒を注ぐの図。(爆)
f0209683_2334411.jpg

 「八百屋」・・・こちらの店名が入ったラベル。 
 「不老泉」さんの「亀の尾うすにごり・山廃純米吟醸」です。
 
 いっぱい食べて飲みました。
 どれも美味しかったです。
 大将、ご馳走さまぁ~♪
f0209683_2335119.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-10-24 23:23 | 京都のお店(呑み系)
 昨日の夕方、某日本酒バーのマスターAさん(笑)からメール、「ごとし、星ひとつとったよ072.gif」と。
 
 となると、なんてタイムリーな来月の私のブログのオフ会053.gif。(爆)

 昨夜も、仕事終わりで電話をかけてきてくれた料理人さんと話していた際、ミシュランの話題も出てきたのですが・・・ま、ミシュランに振り回されて一喜一憂する日本人的キャラも如何なものか?とは思うけど、やっぱり自分の好きなお店が取ると、ちょっとうれしいですね053.gif
 去年の「秋山」さん、然り。

 今朝になって更に、他の日本酒つながりの人から新しい情報がもたらされました。
 このブログを少し遡ってもらえればアップしてある大阪の「かむなび」さんも、新しく星ひとつ、らしいです。
 
 そして、ちょうど、今夜、お邪魔する「草喰 なかひがし」さんは、星2つに昇格だとか・・・。
 去年、星ひとつとらはったときも、至極冷静にとらえてはった中東さんですが・・・。
 でも、やっぱり、ラブリーな大将には、「おめでとーございます・・・016.gif」って言おうっと。(笑)

追記
 祇園の「大渡」くんも星ひとつだそう。
 おめでと060.gif
 

[PR]
by hanna1411 | 2010-10-20 12:07 | 京都のお店(呑み系)
 四条木屋町を下がったところで飲んだ後、祇園に移動し、それから「あさくら」さんのところへ・・・。
 お酒の方は、「玉川」と「竹鶴」。
 ひとつは、この夜、偶然、ご一緒した方のお酒です。(笑)
 どちらも、地酒に強いお店ではメジャー処でしょうか。(こちらは正真正銘、日本酒専門店ですが)
f0209683_124286.jpg

 次に飲んだお酒は「木戸泉・自然舞」。
 いつぞや、「よらむ」さんのところで、「木戸泉」の蔵元さんに偶然、お目にかかりました。そろそろ造りの時期でお忙しくしてらっしゃることでしょう。
f0209683_1241326.jpg

 遅れて、ツレがやってきました。
 写真、ボケボケですみません。 「るみ子の酒」です。
 確か、この前、私も「よらむ」さんのところで飲んだかと・・・。 
f0209683_9134770.jpg

 「鷹勇」です。
f0209683_1242287.jpg

 ホタルイカです。
 ほんまにお酒好きのアテですね。(笑)
f0209683_124402.jpg

 馴染みの常連さんが、夜中のコンビニでプリンを調達して差し入れしてくれはりました。
 お誕生日の飲み友達のために買ってきてくれはったのかと・・・。
 私もいただきました。
 ご馳走さま053.gif
f0209683_1243157.jpg

 私が飲んだ「舞美人」と、友達が飲んでいた「仙介」。
f0209683_1245116.jpg

 私が飲んだ「玉川」と、友達が飲んだ「小左衛門」。 
f0209683_125294.jpg

 「悪うさぎ」っていうそうです。確かに、“可愛い 可愛い”じゃないところが、飽きがこなさそう。いいキャラです。ラベルだけではなく、「小左衛門」ですから、お味の方も確かですし・・・。
 ご馳走さまでしたぁ~♪
f0209683_1254351.jpg

[PR]
by HANNA1411 | 2010-10-15 23:57 | 京都のお店(呑み系)
 ニャンコの里親さんが見つかり、飲みネタ復活です。(笑)  
 私のブログでお馴染みの京都駅前の「リド飲食街」の「じじばば」さん。早がけだったので、まだ灯が入ってないですね。
f0209683_0415048.jpg

 目に付いた新しいメニューは「ヘネシーハイボール」!飲んだことが無いものは飲んでみたい私。(笑)というわけで、迷いなく、ヘネシーのハイボールをオーダー。
f0209683_042217.jpg

 とは、言うものの、これは夏真っ盛りの頃のお話で、マスターいわく「早く記事にアップしてくれないと、ヘネシーハイボールはもしかしたら夏だけのメニューかも・・・」とのこと。
 マスター、ごめんなさい。案の定、9月に入ってしまいました。でも、残暑が厳しいから、まだあるよね~?(爆)
f0209683_0421575.jpg

 なんと、ソーダを作る機械もヘネシー専用!カッコイイ!    
 マスターがソーダを作らせてくれました。面白~い。この器具、家にあったらいいのにな。
f0209683_0423118.jpg

 付き出しです。写真はボケテいますが、お味の方は美味しいです。
f0209683_0424166.jpg

 続いては、泡盛の「白百合」を・・・。たまにこちらで飲みます。
 以前、沖縄に行った友人にお土産もらいましたし、別の友人はこちらの蔵元さんと知り合いです。なんとなくお馴染みの泡盛です。
f0209683_0425149.jpg

 アボガドの自家製ラー油がけ。マスター自家製のラー油はクセになる美味しさです。でも、マスターは食べるラー油は好きじゃないみたいです。(笑)
f0209683_0463961.jpg

 地鶏の黒酢ソースがけ。お葱がアクセントになっています。
 この日は馴染みの料理人さんとイタリアンランチ&アイスをゴチになって流れたもので、おなかが減っておらず、これでお暇。
 マスター、ご馳走さま。
 また顔出しますね。^-^
f0209683_043311.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-09-13 02:40 | 京都のお店(呑み系)
 子猫がうちに来てから、3匹のことが心配で、ずっと飲みに行っていなかった私。
 今週、久しぶりに出掛けた1軒目は、お馴染みの「秋山」さん。9月の季節の飾りつけにあった色鮮やかな植物・・・名前はなんて言うのかな?秋山さんに迅こうと思っていたのに、うっかり・・・。でも、魅力的な色合いですよね。
f0209683_20232890.jpg

 「秋山」さんの後は、「ごとし」さんへ流れました。
 「ごとし」さん、ちょっとご無沙汰でした。ごめんなさい。
f0209683_17415383.jpg

 大将の玉井さんとは、少し前に別のお店で偶然、ご一緒したのですが・・・。
f0209683_1742479.jpg

 日本酒好きの人にはお馴染みかな・・・「独楽蔵(こまぐら)」と「日置桜」です。
 ここで他のおツレと合流。
 ちなみにお酒の間に写ってはるのは、新しいスタッフの方。この前、ご一緒したのですが、ニコニコ朗らかな方でした。
f0209683_17421472.jpg

 相変わらず、気の効いた付き出しです。
f0209683_20385793.jpg

 「山笑ふ 其の四」・・・これも「日置桜」さんのお酒です。きれいな山吹色ですね~♪
 このお酒は複数の熟成酒をブレンドした純米酒です。
 ちなみに、これは「5BY 玉栄60%純米酒(9号酵母):18%」と、「19BY強力80%純米酒(7号酵母):82%」です。
 シェリー酒のような甘みがあります。デザートにはぴったりかも。

 気がつけば永い時間居たのに、結局、何を話してたのかなあ~?(笑)
 楽しい時間って知らないうちに過ぎてゆくんですよね。
 大将、女将さん、ニュースタッフさま、おツレさま、ご馳走さまでしぁ~♪
 また、早い時間に来ますね。
f0209683_17424023.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-09-11 14:41 | 京都のお店(呑み系)
 私の馴染みのお店の1軒、木屋町の「食堂おがわ」さんの火災、その後です。
 出火した日のお昼くらいだったか、小川君から電話をもらいました。
 「どうしたの?」開口一番、私の口をついて出た言葉です。
 いつもとは雰囲気が違うので、すぐに何か良からぬことが起こったのだなと察知しました。
 7月30日の早朝、小川君のお店の2階から出火。大家さんからの電話で駆けつけたそうです。
 2階は空家なのですが、漏電のよう。ショートしていた跡が残っていたそうです。 
 小川君のお店が燃えたわけではないのですが、消火に伴う大量の水で、1階もダメに・・・。でも、自分のお店からの出火じゃなくて、それが不幸中の幸いかと・・・。
 写真を撮るのは気がひけたのですが、私の周囲でも心配している人たちが大勢いるので、小川君と涼子ちゃんの了解を得て、1枚。(お隣の大家さんの喫茶店&2階も、もう使えないようです)
 諸事情でこちらでの再開は難しいそうで、別の地に移転することになりそうです。
f0209683_1039190.jpg

 火事が起きた日は憔悴し切っていた小川君も、昨日は少し元気を取り戻したようです。脚立の上で、お掃除中。
 予約帳も無事だったので、予約していたお客さんには、その日の午後、電話連絡できたようです。良かった。これも不幸中の幸いですね。
 
 今、電気屋さんがきはって、エアコンの室外機を外してはるところです。これは大丈夫だったので、新しいお店で使わはるのです。
f0209683_10391121.jpg

 周りの顔なじみのお店の人たちの力を借りて、数十キロある重い室外機を無事に下ろすことができました。
 火事を経験するなんて決して運がいいとは言えないけれど、この不運は、きっと良い方向に転がってゆくことでしょう。小川君なら、どこに行っても大丈夫だよ。
f0209683_10392056.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-08-01 04:57 | 京都のお店(呑み系)
 「NIHONSHU DROPKICK」の記事が9つも続き、間が空きましたが、そのイベントの前日、飲み友達と一緒に「ごとし」さんに行った後、2軒目はこちら「純米酒バー よらむ」さんのところへ・・・。
 この夜は、何故か、自転車率高し。(笑)いや、1台はよらむさんの自転車のはずですが・・・。私の今宵のツレも、自転車。今、停めてはるところです。(笑)
f0209683_0431572.jpg

 まず1杯目は・・・左がツレが飲んでいた島根の「渓」。右が私の・・・すみません。失念008.gif。でも、「よらむ」さんのところで、飲んだことがあるお酒です。
 「渓」は以前、私は大阪でよく飲んでいましたが、久しぶりです。今、替えっこして飲んでいるところです。
f0209683_0432418.jpg

 付き出しのお豆腐。なんだか日本人より日本人らしいアテを置いてはるよらむさん。(笑)
f0209683_0433590.jpg

 続いてのお酒は、ツレが「はくろすいしゅ・亀の尾・純米吟醸」。
 こちらの蔵元さんには、ここ「よらむ」さんのところでお目に掛かったことがあります。なので、古いブログ「はんなり」のどこかにこちらの蔵元さんのお写真があるはずですが・・・。(笑)
 私のお酒は、この2週間ほど後にお邪魔することになっていた「るみ子の酒」の森喜酒造の「伊賀の舞・袋搾り無濾過生原酒・あらばしり」。おツレさまは、この「伊賀の舞」がお気に入りのようでした。「
f0209683_0434460.jpg

 「ごとし」さんでもかなり飲んだのに、更に飲みます。^-^
 左がツレが飲んでいた「秋鹿・特別純米酒・7号酵母」、右が私が飲んでいた「仙の天狗・純米吟醸・山田錦」。これは滋賀の「不老泉」さんのお酒です。上原酒造さんはたくさんの銘柄のお酒があるんですよ。「
f0209683_0435483.jpg

 いつもお願いするハルーミ。 
 淡白なチーズを焼いてあります。うまし。^-^
f0209683_044526.jpg

 今宵が「よらむさん初体験」のお連れ様。今、よらむさんにお酒の話をしてもらってはります。
 後で聞いたら、「(よらむさんの瞳に)吸い込まれそうやった~053.gif」とのこと。確かに、このルックスで関西弁で、オマケに熱心に日本酒の話をしてくれはるのですから、魅力的ですよね~。(笑)
f0209683_2252399.jpg

 というわけで更に次のお酒・・・。
 左が「花垣・米しずく・純米酒」。酵素栽培の五百万石を使って醸されたお酒です。右が「悦 凱陣・純米酒」・・・高杉晋作も飲んだお酒、と紹介されている商品です。私もこちらで何度か飲んだことが・・・。どちらも日本酒好きにはメジャーなお酒ですね。
f0209683_044257.jpg

 生麩の田楽です。おいし。
f0209683_044456.jpg

 右が私が飲んだ「鍋島」、左がお連れさまの・・・ここでは何度か飲んだことがあるお酒なのですが・・・失念007.gif。(すみません) 
f0209683_0445691.jpg

 更にもう少し飲んで、よらむさんとお話して、楽しい夜は更けてゆくのでした。 
 よらむさんも、私とお連れさまと3人、「(自分はカウンターの中だったけど)話ができて楽しかった」と、後日、話してくれはりました。
 “日本酒”を介して広がってゆく人間のつながりがステキです。ご馳走さまでしたぁ~。
f0209683_045687.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-03-23 00:42 | 京都のお店(呑み系)
 一つ前の記事の続きです。  
 これで最後、9軒目。それぞれ各店舗で飲んでいる量が少ないとは言うものの、9軒ハシゴってすごいなあ、色んな意味で。6時から飲み始めてそろそろ日付も変わろうとしています。時間的にもひと晩でハシゴできる限界でしょうか。
 最後はこちら、「ちゃぶや」さん。
 実は、ここにお邪魔するのは初めての私。何ゆえかと言いますと、このお店の目とハナの先に、10年以上馴染みのお店がありまして、こちらにはお邪魔し辛く・・・(笑)・・・こんな機会でも無い限り、入れなかっ、たかと・・・。
f0209683_11471115.jpg

 夜も更けてきたとはいえ、まだまだ賑わっている店内。蔵元さんから直々にお酒を注いでもらえるなんて至福の夜ですね。
f0209683_11472526.jpg

 こちらのお店には「玉川」を醸してはる木下酒造さんがいはりました。このお蔵も、お酒のイベント等でよくお目にかかります。
f0209683_11473656.jpg

 お店の若きマスター。実は、この前日、一緒に飲んでいた飲み友達 兼 馴染みの料理人さんともお知り合い。そんな話をしながら飲んでいます。
f0209683_11501827.jpg

 写真ではわからないのですが、かなり肉厚でボリュームのある焼き鳥。美味しいです。他にも焼き鳥をいただきました。
f0209683_11474847.jpg

 こちらのお店では、偶然、大阪のお酒屋さん、「杉本商店」さんとバッタリ!楽しく一緒に飲んでいたのですが、私は終電の時間が迫ってきたので、ここでタイムアップ!最後はアボガドを食べました。
 参加店舗11店のうち、私は9店、制覇したのですが、適当にのんびりしながら周ると、これが限界でしょうか。タイトなスケジュールなら、全て周ることは充分、可能だったのですが・・・。
 楽しいひと夜でした。皆さん、お疲れさまでした~053.gif
f0209683_11475839.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-03-21 01:44 | 京都のお店(呑み系)
 ひとつ前の記事の続きです。そろそろ終盤、8軒目です。 
 「SOU」さんで久しぶりに「英勲」の斎藤さんにお目に掛かった後は、こちら「こなから」さんへ。入り口のところに「遊穂」の横道さんが座ってお客さんを迎えてはりました。滋賀に住んでいる横道さん。いつも楽しい雰囲気の方です。 
 こちらはこじんまりしたお店で、勿論、満席でしたので、横道さんとお話しながら1杯いただいてお暇。
f0209683_1431153.jpg

 スプーンにひと口づつ。手軽でいいアイデアです。
 ご馳走さまでしたぁ~。
f0209683_14312773.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-03-20 01:30 | 京都のお店(呑み系)