京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:京都のお店(呑み系)( 76 )

更に3軒目・・・

 ひとつ、ふたつ前の記事の続きです。
 「ごとし」さん、「地酒バー膳」さん・・・これで帰るつもりだったのですが、誘ってもらって、ちょっと久しぶりにK6。この夜もにぎやかでしたね。(笑)
 ご馳走さまでした。^-^
f0209683_22102253.jpg


f0209683_2210304.jpg


f0209683_22103947.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-17 23:59 | 京都のお店(呑み系)
 私のブログではお馴染みの「ごとし」さんで、美味しいお料理とお酒。
 先ずはお燗酒を飲みました。
f0209683_145518.jpg

 徳利の中身は「竹鶴・雄町純米」です。
f0209683_15566.jpg

この夜もにぎわっていました。
f0209683_151552.jpg

 赤貝のてっぱいです。
 赤貝は大好きです。お鮨やったら、紐の方が好きかおぉ。^-^
f0209683_152576.jpg

 私が一人で飲んでいたら、お隣のお客さんが、わざわざ新しい取り皿をもらってよそりわけて、「良かったら、どうですか?」と、自分が食べていた「いかなご(新子)のおろし和え」を、おすそ分けしてくださいました。
 ありがとうございます。一人だと色んなものが食べられないので、うれしい限り。
f0209683_153560.jpg

 続いてのお酒は、「神亀・純米」です。
 酸味があって、好きです。
f0209683_154612.jpg

 私の記憶が正しければ(爆)、これは「赤まんぼうのほほ肉炙り」のはず。(笑)
f0209683_155629.jpg

 殻付き牡蠣の天麩羅です。  
 1個単位で揚げてくれはります。
 “お一人様”には有難いですね。
f0209683_161021.jpg

 酸味のあるものが好きなのですが、“酸味のあるお酒”の究極、これ、「妙の華・一段仕込み」です。
 初めて飲んだのは、3,4年前のことでしょうか?「純米酒バー・よらむ」さんのところで、勧めてもらって飲んで気にいって、わざわざ家用にも買ってきたり・・・。去年は、「日本酒バー あさくら」さんのところでも飲みましたね。

 去年の年末には、ここ、「ごとし」さんで「妙の華」の蔵人さんと、偶然、ご一緒になったり・・・。蔵の社長さんも、たまに私の駄ブログにコメントくださったり・・・。
 なんとなくご縁のある蔵なのです。
f0209683_162089.jpg

 最後は「ごっこ汁」を頂きました。
 「ホテイウオ」というお魚のアラを使ってはるのですが、これが半端なく、おいすぃ~~~!かったです。
 ご馳走さまでした~♪・・・と、言いつつ、2軒目の地酒専門店に流れる私なのでした。  
f0209683_163073.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-17 22:21 | 京都のお店(呑み系)
 一つ前の記事の続きです。
 木屋町の馴染みのお店の人と一緒に、これまた木屋町の馴染みのお店へお邪魔した後は、更に木屋町の日本酒バーに行きました。結果的に、この夜は最後の最後まで、“木屋町づくし”(笑)。三条木屋町上がったところにあるインドネシア料理の「SamaSama」さんです。
 京都の方、若しくは、昔から京都で飲んではる方なら、ご存知のお店かと・・・。私も若い頃、たまに飲みに行っていました。その頃は、確か、木屋町の四条と五条の間にあったように記憶しています。
 この2月、こちらにオープンしはりました・・・もうずっと名前を聞かないなあ、って思っていたのですが、永く休んではったのかな???

 写真の方は、この日、一緒に飲みに行った、昔から馴染みの料理人さん。「SamaSama」のマスターとは、昔から知り合いです。こちらの彼とは、知り合ってもう8年くらいになるかなあ。来月、初めてのお子さんが生まれはります。おめでとー!!!
f0209683_274034.jpg

 この夜、3軒目ですから、かなり飲んでいます。
 おツレは生ビール。(普通のビールを飲むまはるところが、和食系の料理人さんっぽいなあ、って感じる私です)(笑) 
 私は、インドネシアの代表的なビール、「BINTANG」を飲んでいます。どこに行っても、“そこでしか口にできないもの”をチョイスしてしまうようです。(笑)久しぶりに飲みました。ベルビのような濃いビールも好きですが、こういった軽めのビールもたまにいいですね。
 ちなみに「ビンタン」というのは、インドネシア語で「星」という意味です。(1929年から「ハイネケン」がインドネシアでハイネケンビールを製造販売していましたが、スカルノ政権末期に国営化になった後、倒産し、その後現在の会社ができたそうです)
 写真に写ってくれてはるのは、お店の方々。楽しいスタッフさんでした。
f0209683_2851.jpg

 ナシゴレンです。久しぶりに食べました。加齢と共に、どんどん和食に傾倒していった私ですが、香辛料の効いたお料理も大好きです。
f0209683_282953.jpg

 インドネシア料理と言えば、ミーゴレン(焼きそば)を思い出しますが、これは何という名前だったのかなあ?レモングラスが効いていて、美味しかったですよ。レモングラス、好きなんです。^-^
 こちらの内装は、鮮やかなブルーが印象的なのですが、それは今も変わらず、でした。 
 
 他にも軽めの物を頂いて、ご馳走さま。
 次回は、3軒目じゃなくて、おなか空いた状態の1軒目でお邪魔したいなあ。
 楽しい時間をありがとうございました。 ^-^
f0209683_284371.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-16 23:07 | 京都のお店(呑み系)
 木屋町の馴染みのお店の料理人さんと飲みに行った際のお話です。
 1軒目は、予約の取り辛い、これまた馴染みの木屋町のお店へ。そちらの木屋町のお店の人も、この夜のおツレのお店に飲みに行ってはったので、常々、おツレさんも「行きたい」ってゆってはったのです。
 そして、2軒目は、その彼が「行きたい」ってゆわはったあさくらさんのところへ・・・。
 京都には数軒、日本酒バーと呼べるようなお店が在りますが、ここ、あさくらさんにだけは行ったことがなかったそうなので・・・。

 おツレさまは「刈穂・山廃純米・生原酒」、私は「竹泉」のにごりです。「刈穂」は、そのおツレさんのお店でも、時々、置いてありますね。バージョンは違いますが・・・。
f0209683_11551293.jpg

 1軒目で、かなり飲んだはずなのに、更に・・・。(笑)  
 私が「秋鹿」。「秋鹿」は色んなお店で飲みますが、これは初めて見ました。
 おツレさまは、「敏馬の浦」。
f0209683_11552273.jpg

 ぼやけた写真ですが、蛍烏賊です。
 日本酒に合いますね。
f0209683_12252348.jpg

 1軒目から数えるとすでに飲みすぎ状態ですが、こちらでの最後のお酒は・・・おツレがメジャー処「竹鶴」、私は、「白影泉・純米」。この「白影泉」も、この夜のおツレのお店でも時々、飲みます。
  お連れさまは、この夜、“初あさくらさん”でしたが、満足してはるようでした。
 ではでは、ご馳走さま。^-^ 
 と言いつつ、更にもう1軒、連れて行ってもらったのでした。(笑
f0209683_1155556.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-16 01:54 | 京都のお店(呑み系)

京都駅前「へんこつ」

 観光客では決してたどり着けないマニアックな京都のお店の1軒に、京都タワー近くの「へんこつ」というお店が挙げられるだろう。古くから在るお店。地元の京都人には有名なお店である。
 ただ、女子は少し、入りにくいんだなあ、これが。(笑)

 というわけで、「サカタニ」さんでの地酒の会、散会後、友人に連れて行ってもらいました。何年ぶりだろう?「へんこつ」。
 
 「サカタニ」さんでさんざ美味しい地酒を飲んだはずが、まだ更に日本酒。(笑)
 昔から目にしていたテーブルコショーが置かれている感じが、なんともレトロですね。
f0209683_2333580.jpg

 私よりも「へんこつ」さんには馴染みの友人にオーダーはおまかせ。
 すじ煮込み・・・やったかなあ?テール煮込みやったかなあ・・・?失念。ごめんなさい。
f0209683_2334740.jpg

 肉豆腐・・・ですよね?って、食べた人間が問いかけるなよぉ!って話ですが・・・。(笑)
f0209683_2335931.jpg
    
 最後に生レバー。
 生レバーって、ほんとに新鮮なものを出してくれるところでしか、食べる気がしないですよね。美味しかったです。

 何年ぶりかで入ることができた「へんこつ」。連れて行ってくれた友達、ありがとー!
f0209683_234922.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-14 01:03 | 京都のお店(呑み系)
 古くから馴染みのスタッフが居る人気居酒屋さんで、サクッっと飲み。
f0209683_21262274.jpg

 まずはビール。
 付き出しのお豆腐は、このお店を立ち上げるまで、某ホテルの日本料理屋さんにいはった料理人さんの手作りです。
f0209683_21263538.jpg

 お海苔がいっぱい散りばめられた和風カルパッチョ。
 梅肉が効いています。
f0209683_21265484.jpg

 この白身のお魚は・・・鰈だったかと・・・。
f0209683_2127610.jpg

 ここで、ビールをチェイサーにして日本酒に移行。
 つい先日も蔵元さんにお目に掛かった馴染みの「萩乃露」さん。
 特別純米・無濾過生原酒です。
f0209683_21271873.jpg

 お野菜が食べたくなりました。
 調味料があまり使われていないシンプルなものが・・・。
 右から、お醤油ベースのたれ、藻塩、お味噌をお好みで・・・。
f0209683_21273134.jpg

 素材そのものの味を味わうっていいですよね。
 蒸し料理ってヘルシーだし。
 だから、タジン鍋とか売れるんでしょうね。 
f0209683_21274872.jpg

 珍しく(?)真面目な顔でお料理する馴染みのスタッフ&ホールのすぐる君。(左)
 こう見えて(笑)、彼はカナダにも住んでいたことがあるそうで、外国からのお客様の応対もOKなのです。
f0209683_2128444.jpg

 一人になってから、家で天麩羅を揚げなくなったので、外で食べます。(笑)
 雲子と、適当にお野菜を揚げてくれはりました。
 おいし。
 
f0209683_21281726.jpg

 私に何を見せてくれているかと言うと、ガムです。
 お店のネーム入りのガム。(ここの店名ではありません)  
 色々、オリジナルグッズを作ることは可能ですが、ガムなんてあるんですね~。初めて知りました。
f0209683_21283150.jpg

 何故か、ここに来てユッケ。
 お肉もそれほどたくさんは食べないので、ユッケくらいがちょうどいいですね。
f0209683_21284529.jpg

 最後にサービスで出してくれたアイスクリームを食べて、ご馳走さま。
 また、顔出しますね。
f0209683_21285729.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-11 23:25 | 京都のお店(呑み系)