京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:日本酒のお話( 25 )

 東近江市のお酒屋さんにあるタンクです。
 馴染みのお蔵、「喜楽長」さんのタンク量り売りです。
f0209683_17533337.jpg

 特別純米・生酒です。
 昔から、好きなんです、これ016.gif
f0209683_1753419.jpg

 今、入れてもらってるところです。
 これはお酒つながりの人にプレゼント用。
 気にいってくれはるといいのですが・・・。
f0209683_17534747.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-07-25 17:57 | 日本酒のお話
 昨日、お友達にお酒をもらいました。
 それは偶然、福島の「辰泉」さんのお酒でした。

 「辰泉」は馴染みのお店、北山の「秋山」さんで出会ったお酒ですが、この前も蔵元さんとご一緒したり・・・。何かと♥ご縁♥を感じる蔵元さんです。
 今日は昼酒。
 暑いので、杯もガラスで涼やかに・・・♪
f0209683_15513832.jpg

 いつも「御料理 秋山」さんでしか飲んだことがないので、キャップに「辰」が書かれているのを初めて知りました。可愛い♥
f0209683_15514757.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-07-23 16:31 | 日本酒のお話
 仲よくしてもらっているお酒屋さんに水口の酒蔵「神開」さんに連れて行ってもらいました。
 昔から近くを車で通ったりしているのに、お蔵にお邪魔するのは初めてでした。
 この日もデジカメは持って行っていたのですが、残念なことにSDカードを忘れてきたためデジカメで写真を撮ることができず、携帯で撮った写真2枚のみ。残念・・・。(・_・;)

 蔵見学では、普段、使ってはらへんロフトのような場所まで見せていただきました。
 そのあとは応接室で試飲タイム。
 写真には5本しか写っていないのですが、次から次に貴重なお酒を出してきてくれはりました。ありがとうございます。

 写真の一番左のお酒は「美柑酒」。
 最近、リキュールを造ってはる酒蔵さんは多いですし、みかんのお酒も色んなお蔵で造ってはりますが、これは濃厚でかなり美味しい~♥と思います。

 その右側の青い瓶のお酒は、14.5という低いアルコール度数のお酒に仕上げてはるのですが、私はかなり気にいりました!
 “これでもか!”っていう濃いお酒も飲み疲れちゃうもので、こういうさりげないお酒(でも、しっかり旨みはあります)の存在って新鮮です。
f0209683_2244327.jpg

 右の方が蔵元さんの藤本さん。
 昔から、大きなお酒の会でお姿を拝見していましたが、ゆっくりお話ししたのは今回が初めてでした。演歌好きだということも初めて知りました。(爆)
 左の方が蔵人の清水さん。お家はお寺さんなので、お坊さんでもあられます。
 お酒に対して真摯であり、色々なことに精通した方でした。

 じっくりとお話を聞かせていただいて、とても有意義な時間を過ごすことができました。
 お二人のお酒に対する考え方や姿勢を垣間見、「神開」に対するイメージも少し変わったように思います。
 貴重な時間をありがとうございました♪
f0209683_22441685.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-07-18 23:43 | 日本酒のお話

「縁はんなり」のお土産

 ひとつ前の記事、「縁はんなり」に参加してくださった皆さんに持って帰っていただいたお土産の北島酒造さんのお酒です。
 滋賀は「お江」で盛り上がっています。
 こういうキャラ入りのお酒も、お土産っぽくていいですよね。^-^
 私も今回は(当日、キャンセルの方が出ましたので)お客さんとしても参加させていただいたので私の分もあるのですよ~♥(あ、ちゃんと会費払ってますよ)(爆)
 家でゆっくり飲みませう。

 余談ですが、お隣のブツは、昨日、衝動買いしてしまったガラスのチョーカーです。(^_^;)
f0209683_11365714.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-07-12 12:32 | 日本酒のお話
 第2回目を迎えます「縁はんなり」の会、いよいよ、1週間後(7月10日)に迫りました。

 申し込んでくださった方々に、そろそろ確認メールを送らせてもらおうと思っていたところ、逆に参加者の方からメールをいただいてしまいました。
 「4時半過ぎに行きますね~♪」と。
 すみません。m(_ _)m

 先日、北島酒造さんとお酒屋屋さんと、「ごとし」さんで打ち合わせしてきました。
 またまた、「ごとし」の玉井さんに無理をゆってお酒系のデザートをお願いしてきました。普段、「ごとし」さんではそういう系は、お品書きに無いので貴重です。(笑)

 参加してくださる方は、楽しみにしていてください♥
f0209683_23154827.jpg
 

[PR]
by hanna1411 | 2011-07-03 23:57 | 日本酒のお話
 今年も去年に引き続き、「京都日本酒ドロップキック」に酒友と行ってきました。
 事細かく書こうとすると、またいつになるかわかりませんので(~_~;)、サクッ!っとご紹介させていただきます。(爆)
 先ずは「ごとし」さん。
f0209683_22425626.jpg

 お燗酒、うまし。^-^
 さかずきんちゃんもいますね♥
f0209683_22433024.jpg

 最初は、お酒1杯と付きだしで¥500。
 「ごとし」さんの付きだしは、大きな鳥貝が入った上等なものでした。(笑)
f0209683_224338100.jpg

 馴染みの「日置桜」さんが、い~っぱい。
 ラベル、好きだったりします。
f0209683_22434787.jpg

 「日置桜」の蔵元さんも、前乗りで参加してはりました。
 端正なお顔してはりますね。
f0209683_22435211.jpg

 2杯目も燗酒をいただきました。
 アテはめひかりのから揚げ。 
 日本酒に合います。
f0209683_2244280.jpg

 カウンターでVサインを送ってくれているのは、日本酒と共に生きているようなお方、さとしくん。
 いつもニコニコ、楽しいお酒の方です。
f0209683_22441075.jpg

 2軒目は、ずずーっと下がって、ものすごく久しぶりにお邪魔した「ともんち」さん。
 ここには、馴染みのお蔵「七本槍」のトミー(右)と、これまた昔から馴染みのお酒屋さん、タッキーがいはりました。
f0209683_22445564.jpg

 1杯目は「がんばろう 日本!」と印刷された「日本酒義援金プロジェクト」のお酒。
 「純米・吟吹雪」です。
 1本につき、500円が義援金として役立ちます。066.gif 
f0209683_224533.jpg

 付きだしです。
f0209683_22451029.jpg

 昔、このお店がオープンした頃、何回かお邪魔したのですが、基本、焼酎が多いお店なので、いつのまにやらご無沙汰(・_・;)・・・なのに、カウンターの中のマスター、私のこと、覚えてくれてはりました。
 う~ん、マスター、素晴らしい。
 お客の顔を覚えるのはお客商売の基本です。(笑)
f0209683_22451698.jpg

 ここで、一番、日本酒のアテらしくない蟹クリームコロッケを注文したり。(爆)
f0209683_22452543.jpg

 2杯目はこちらのお酒を飲みました。
f0209683_22453238.jpg

 続いては、錦市場近くの「わち」さんへ。
 こちらも久しぶりで、マスター、ごめんなさい。

 写真に写るは、この前、お蔵にもお邪魔した「大治郎」の畑さんと「一博」の中澤さん。
 いつも仲良しの二人です。
f0209683_22454114.jpg


f0209683_2245479.jpg

 ここのお店は昔から燻製が美味しいのです。
 これは付だしのうずらの卵の燻製。
f0209683_2245536.jpg

 ほかにもアテをいろいろ・・・。
f0209683_2246145.jpg


f0209683_2246880.jpg


f0209683_22461632.jpg

 途中で大阪プロレスの方も乱入?(笑)
f0209683_22463099.jpg

 更にお酒もいただいて・・・。
f0209683_22463775.jpg

 大きなチキンカツが食べ切れないので、みんなで食べてご馳走さま。
 さて、次に参りましょう~♪
f0209683_22464599.jpg

 続いてのお店は加夢居さん。
 こちらには初めてお邪魔しました。
 日本酒好きの外国の方もイベントに参加してはりました。^-^
f0209683_22465835.jpg

 付きだしです。
f0209683_2247611.jpg


馴染みの「萩乃露」の福井さんと、日本酒バーのあさくらさんと、お客で参加してはった、これまた馴染みの蔵元さん、「浪乃音」の中井さんです。
f0209683_2247272.jpg


f0209683_22473443.jpg

 さて、次のお店は「魚戸いなせや」さん。
 さっき、「いなせや」のオーナーさんとは、「ともんち」で会いました。(爆)
 ここはお寿司屋さんなので、付きだしもご飯ものだったりしました。 
f0209683_224751100.jpg

 北川本家の方です。
 にこやかで感じのいい方でした。
 余談ですが、「食堂おがわ」で、偶然、お隣になった北川本家の方、お元気かなあ?(笑)
f0209683_22475914.jpg

 なにやら密談中?(笑) 
f0209683_22481067.jpg

 この日はひどい雨降りで、全店周るのは厳しく・・・。
 ここで最後となりました。
 この前の大阪天満宮の日本酒イベントでもお目にかかった横道さんにお酒を注いでいただき・・・。 
f0209683_22481633.jpg

 
f0209683_22482476.jpg

 〆はカレーでした。(笑)
 
 途中、たくさん、日本酒つながりの方に声をかけてもらいました。
 楽しい時間をありがとう。
 みなさん、お疲れさまでした。060.gif
f0209683_22483070.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-05-14 03:17 | 日本酒のお話
 記事にアップしたいことが山ほど溜まっております。(^_^;)

 これは、先月、大阪の「天野酒」さんのお蔵にお邪魔した際のお話です。
 「天野酒」は、昔から好きな銘柄のひとつなのですが、最近は、北山の「秋山」さんで飲むことが多いでしょうか。

 駅を降りてほどなく、こんな石碑が建っています。
 高野街道・・・高野山に続く街道です。
f0209683_221782.jpg

 「歴史街道」。
 右に行けば、京の都、大阪へ。
 左に行けば、高野山。
 昔の人の姿に想いを馳せます。
f0209683_222366.jpg

 お蔵に向かう途中、杉玉を提げた建物が目をひきます。
f0209683_223057.jpg

 ほら、こちらも・・・。
 あまりに立派なお家が続くもので、最初は、どのお家も何かお商売関係のお家なのかと思っていたのですが、どうやらそうではなく、街全体でこの地域を盛り上げようと、お玄関先に杉玉を提げていらっしゃるようです。

 それにしても、立派なお家が続きます。
 もともと、高野山へと続くこの街道沿いには、きっと旅の人が大勢、往来していたのでしょう。
 時代劇でよく出てくる“旅籠(はたご)”や酒処も多く在ったのかと思います。
f0209683_223699.jpg

 はい、着きました。
 こちらが「天野酒」を醸してらっしゃる西條合資会社さんです。
f0209683_224261.jpg

 テレビでは何度か見たことがあるお蔵の佇まいも、自分の目で見ると、また違った感慨があります。
f0209683_22482.jpg

 今、お蔵の山本杜氏さんが、皆さんにお蔵の歴史などを説明してくれてはるところです。
 山本さんとは以前、大阪でお目にかかったことがあるのですが、まさか覚えていてくださったとは・・・。^-^

 お酒の歴史はなかなか面白いのですが、昔昔・・・室町時代は、寺院がお酒造りの中心になっていました。所謂、「僧房酒」と呼ばれるお酒です。
 こちら、河内長野では、天野山金剛寺が「天野酒」で広く知れ渡り、豊臣秀吉も好んで飲んでいたそうです。
 
 歴史は流れ・・・京都の洛中の造り酒屋が失くなっていったように、ここ河内長野でも、今はこちらのお蔵だけが「天野酒」を造り続けていらっしゃるそうです。
f0209683_225359.jpg

 こちらのお蔵は自家精米です。
 向こうに見えるのが、大きな精米機。
 精米機は縦型と横型があるのですが、食用米は横型、日本酒のお米の場合は、このような縦型式の精米機で精米されます。時間をかけて・・・。
f0209683_23194.jpg

 こちらは洗米する場所です。
 先ほどの精米機で精米された酒米は摩擦によってかなり熱を帯びていますので、“枯らし”と作業で冷暗所で保管した後、洗米されます。
f0209683_231488.jpg

 先月、お邪魔したので、すでにお酒造りは終わっています。
 麹室も見せていただきました。
f0209683_232151.jpg

 これで室内の温度を上げます。
f0209683_233499.jpg

 山本さんが着てはる「天野酒」の法被、いいですね。
f0209683_2340100.jpg

 酵母です。
 お酒造りには欠かせないものですが、こんなルックスのものがお酒に姿を変えるのは、なんだか不思議な気がします。(笑)
f0209683_14425681.jpg

 どこのお蔵にお邪魔しても、毎度毎度、タンクの大きさにびっくりします。 
f0209683_235534.jpg

 今、上に上がってタンクの中を見学中・・・の若き料理人君、こうすけ君。
 いつも、なんやかんやと、かまってくれます。(笑)(この日は「ギザ10(円玉)で盛り上がりました。(爆)
 
 お酒のあるところどこでも出没する彼。(爆)
 この日も彼女と二人で来てはったのですが、偶然、バッタリ!で、びっくり!\(◎0◎)/でした。^-^(笑)
f0209683_15144018.jpg
 
 ブルーシートがかかっていますが、中身はお酒好きの方ならご想像がつくかと思います。
 ヤブタ式の自動圧搾機です。
 これで、た~くさん、板粕ができます。(笑) 
f0209683_2411100.jpg

 ひと通り、お蔵を見学させていただいた後は、蔵内で試飲会。
  
 お酒というのは、飲む順番やアテによって味の印象も変わります。
 生き物ですから、1年、1年、味も違います。
 結局は、面倒な薀蓄など不要で、それぞれの好みで選べばいいのです♥

 福井県産の五百万石を使ったお酒が多かったのですが、私の一等お気に入りは、真ん中に置かれていた「純米生酛・酵母無添加・60」かなあ。
 でも、どれも美味しかったんですけどね。(笑)

 さて、お蔵にお邪魔した後、試飲でホロ酔いの私たちは、場所を街中に移動して、山本杜氏さんもご一緒に飲み会なのでした。~つづく~
f0209683_241928.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-05-05 07:58 | 日本酒のお話
 アップしたいことが多すぎて、記事が遅れています。(・・;)
 まだ肌寒いころに、馴染みのお蔵「大治郎」さんのところにお邪魔した際のお話です。
 普段は車で行くことが多い場所なのですが、この日はお酒を飲むのは確実なので(笑)、電車です。
 相変わらず、近江鉄道の車両は目を引きます。
f0209683_2392351.jpg

 たまに車で前を通るので店頭でお酒を買って帰ることはあるのですが、この日は蔵見学です。
 「大治郎」好きの酒友と一緒にお邪魔します。
f0209683_2393072.jpg

 「大治郎」というお酒以前の銘柄は「きりょうよし(㐂量能)」です。
 もちろん、今も造ってはります。
f0209683_2393952.jpg


f0209683_2394565.jpg

 この日は、偶然、三重のお酒屋さんのグループと一緒になりました。
 実は、旧知のお酒つながりの方もいはって、「はんなさん、顔、広いですね~」と酒友に感心されてしまいましたが、ほんま、“日本酒つながり”って、結構、狭い世界なんですよ。(笑)

 大治郎さんに、何回も蔵を案内してもらうのは申し訳ないので、三重のお客さまをお待ちして、一緒に蔵見学させていただきました。今、酒米のお話をしてくれてはるところです。
f0209683_2310228.jpg

 ラッキーにも、丁度、お仕事を拝見させてもらえました。
 以下、写真館でお楽しみくださいまし♥
f0209683_23101222.jpg


f0209683_23101910.jpg


f0209683_23102790.jpg


f0209683_23103548.jpg


f0209683_23104466.jpg


f0209683_23105198.jpg


f0209683_2311271.jpg


f0209683_23111117.jpg


f0209683_23111680.jpg

 みんなで試飲タイムです。
 それぞれ、真剣にお酒の味を確かめます。
f0209683_23112444.jpg

 最後のサービスショットは・・・。
 これは某雑誌に載っていた、これまた馴染みの蔵元、「貴」のゴリさん。 
f0209683_23113327.jpg

 三重のお酒屋さんのリクエストで、その記事のパロディー(?)(笑)写真を撮ってはるところを横から取材ショット。^-^
 大治郎さん、なかなか、上手い!
 成り切ってはりました。
 シャイなイメージの強い大治郎さんなので、こんな役者な部分を見せてもらって、面白かった。(笑)
 この後、場所を移して、大治郎をいただきながらお食事です。
 ~つづく~072.gif
f0209683_23114084.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-04-26 12:57 | 日本酒のお話
 去年に引き続き、今年も行ってきました。大阪天満宮で行われた「上方日本酒ワールド」。
 天満宮に向かう途中、何人ものお酒つながりの方から「今、どこにいるんですか~?」と、メールやお電話をいただきました。
 私が行くことを事前に知っていたのは数人(にしかゆってない)なのに、“はんなさんは来る”って思われてるんでしょうね。(^_^;)
 
 さかずきんちゃんのイラスト入りのポスターも、今回もカラフルで可愛いですね♥
f0209683_050482.jpg

 おお~、今年も盛況です~♪
f0209683_0501996.jpg

 受付で、前売りチケットとさかずきんちゃんが描かれたグラスを交換します。
 これが入場券の代わりですね。
 去年のさかずきんちゃんグラスもちゃんと残してあるので、これで2個になりました。^-^
f0209683_0513768.jpg

 さて、先ずは受付そばにブースがあった馴染みの「ごとし」さんへ。
 女将さんのみかちゃん、メガネをかけてはると、(お店ではかけてはらへんので)ちょっと雰囲気が違っていて、それもまたいいな。大将の玉井さん、心配そうに見守ってはります?(笑)
 お燗番は、写真にちょこっと写っている旧知のお酒屋さん、タッキー。
 「久しぶり~♪」と声をかけてもらいます。
f0209683_11827.jpg

 1杯目は、「ごとし」さんとのコラボ蔵、「旭若松」の「純米・火入れ」を、もち、お燗で。
 アテは2種類(ふきのとうとぐじ)の鯛味噌です。
 少し甘めで、グ~なお味。
 お酒も進みます。
f0209683_0533065.jpg

 ここも馴染みの大将がいはる「蔵朱」さんのブース。
 お酒も馴染みの久保本家さん、「睡龍」です。
 もちろん、お燗でいただきました。
 赤いハッピを着てはるお燗番さんは、滋賀の日本酒好きには有名なマック次郎さん。日本酒があるいろんな場所で出会う機会の多い方です。
f0209683_0541480.jpg

 どこを歩いていても、“日本酒つながり”の方に、バッタリ!(笑)
 「30分、並んだよ~。食べて~」と、お相伴に預かった「あさりと春野菜のコロッケ」。
 人気商品のようで、並ばないと食べられなかったものをへずってしまいましたた。ご馳走さまです。^-^
f0209683_151881.jpg

 みんなそれぞれ、好きな場所で、美味しいお酒とアテを楽しんではります。
 お子ちゃまたちはゲームで遊んではります。お父さんかお母さんにつきあってはるんですね。こんな子供がいはるお父さん、お母さんって幸せですね。うらやましい限り。私も、こんな子供、欲しかったな♥
f0209683_0542848.jpg

 馴染みのお店もお蔵もいっぱいなので、頑張って周らなくちゃ。(笑)
 こちらは、「よしむら」さんのブース。ご無沙汰していますが、大将も女将さんもお元気でそうでうれしかったな。
 
 写真に写ってはる方は、「よしむら」さんのブースにいはった、馴染みの「風の森」の山本さん。若いけど話題も豊富で、とても楽しい方なんですよ。
 お酒(「風の森・純米雄町80 いかき採り おりがらみ)の方も、美味しかった。
f0209683_0545965.jpg

 こちらも馴染みのお酒、「遊穂」です。
 大阪でも京都でも、イベントには欠かせないお蔵さんですね。
f0209683_0571855.jpg

 今、私のグラスにお酒を注いでくれてはるのが、馴染みの杜氏さん、横道さん。
 「久しぶり♪」って声をかけてもらいました。^-^
 水色のシャツの男の子は「かむなび」の若き料理人くん。
 25歳という若さですが、日本酒のこだわりはなかなかスゴイですよ。
f0209683_0572829.jpg

 いつもは着物でお店に出てはる女将さん(向かって左)も、今日はTシャツ。
 似合ってはります。
f0209683_0573870.jpg

 かむなびさんで出してはったのが、こちらのお漬物とお豆さんの贅沢クリーム煮。
 発酵ものがお得意のかむなびさんならではの1品で、すご~く気にいりました。
f0209683_0574740.jpg

 会場を歩いていると、いたるところに日本酒つながりの人たちがいて、色んな人に声をかけてもらいました。
 写真に写る女性お二人も声をかけてくださったのですが、実は面識の無い方々。
 何かと思えば、私が提げていた布製のカバンに興味を示してくださったのでした。
 「すごいですね~。写真、撮ってもいいですか?」と、カバンの写メまで撮ってくれはりました。私が提げていた布製のバッグは、忌野清志郎さんがプリントされてある非売品のものでした。

 彼女たちは、この後、“反原発デモ”に行くのだとゆってはりました。
 2011年4月26日・・・チェルノブイリ原発事故から25年。
 世界中で、“脱原発のデモ”が行われます。
f0209683_1232596.jpg

 こちらも、昔から知り合いの美穂ちゃんのお店、「燗の美穂」です。
 ここでは「辨天娘(純米・20BY・玉栄」をお燗でいただきました。
 去年の夏にお店を立ち上げはってからは、なかなか一緒に飲みに行く時間の無い美穂ちゃん。また、京都にも来てね。^-^
f0209683_12352100.jpg

 よく飲んでよく食べてますね~。(爆)
 これは、「龍や」さんのアイゴの一夜干しと太刀魚の味醂干の炭火焼きです。
 「龍や」さんの実店舗にはお邪魔したことがないので、また行ってみたいな。
f0209683_12374688.jpg

 被災した福島からは「会津娘」さんも。
 もちろん、飲ませていただきましたよ~♪
f0209683_1241579.jpg

 こちらは「高麗橋吉兆」さんのブース。
 お酒の方は、地元滋賀の馴染みのお蔵、「松の司」さんです。
 板前さんがお店と同じように白衣を着てはって、野外で白衣ってちょっと面白いかも。(笑) 
f0209683_123218100.jpg

 これが、「高麗橋吉兆」の「春若芋焼き 刻み穴子と花山葵おひたし」です。
 やはり、他のお店のお料理に比べると、幾分、お味が薄味で、御料理屋さんっぽいなぁ~って思いました。勿論、おいしゅうございましたよ。
f0209683_1242884.jpg

 お~っと、テレビのインタビューを受ける、かむなびのいとがーさん。
 いつになく真面目な顔をしてはります。(笑)
 
 毎回、中心で頑張ってはる方々のバイタリティーには頭が下がります。
 楽しいイベント、ありがとう~!
f0209683_1245459.jpg

 「蘭奢待」・・・こんなバックプリントの法被があるんですね~。
 昔、何度か飲みましたが、最近、ご無沙汰の「蘭奢待」で出会えてうれしかったな。
f0209683_1303772.jpg

 こちらは、京都の日本酒専門店のブース。
 「あさくら」さんのマスターである朝倉さんと奥様です。
 奥様とは、この前、「食堂おがわ」にご一緒して以来。ちょっと久しぶりにお目にかかりました。
 こちらでいただいたお酒は、「清泉川・吟醸・平成5年」と「舞美人・吟醸原酒・平成9年」。
 しっかり古酒の味がしておりました。 

 左端に小さく写ってくれてはるのが、同じく京都の「たかはし」さん。
 たかはしさんは、昔昔・・・2回ほどお邪魔したかなあ。すっかりご無沙汰状態ですが・・・(~_~;)。また1度、お邪魔してみようかなあ。
f0209683_0555314.jpg

 こちらも同じく「京都日本酒バー カルテット」の「地酒バー 膳」さん。
 マスターのパンチさん、今日はいつもより軽快な感じ?(笑)

 「カルテット」の中には、「純米酒バー よらむ」さんも入ってはったのですが、よらむさんのブースはお酒が売り切れて、私がが行ったときには、もう店仕舞いしてはりました。残念・・・。(・_・;)
f0209683_0561724.jpg

 パンチさんのところでは、「天狗舞 山廃仕込 純米吟醸 生酒 2000年」と、もう1種、頂きましたが、そちらの銘柄は失念。パンチさん、ごめんなさ~い。
 
 パンチさんのブースはお酒の金額が一律、¥1,000になっていました。
 これは、“値段でお酒を選んでほしくない”っていうパンチさんの親心なのです。
 確かに、値段が違うと、つい安い方を頼んでしまいがちですものね。
 お店でも、筋金入りの古酒を“こんな値段でいいの?”っていうような良心的な値段で提供してはるパンチさんです♥
f0209683_0563382.jpg

 会場で合流したお酒つながりのお二人と、「独楽蔵」のブースにいらした男性です。(この方、テレビでお見かけしたことがあります。阪神の応援団の方???) 
 そういえば、「独楽蔵」、最近、飲んでないなあ。 
f0209683_12333422.jpg

 その男性のネクタイには・・・
 『酒は純米、燗ならなお良し』。
 この上原先生の言葉を知らなかったら、もぐりの日本酒好き?(笑)
 私もこの言葉が書かれた杯、持ってます。^-^
f0209683_12334351.jpg

 こちらは「市松」さんのブース。
 ここも、もう全て売れてしまったようで、残念ながら食べられなかったのですが、比内地鶏の焼き鳥を売ってはりました。 
 いつか、「市松」さんの実店舗にも行ってみたいな♥7
f0209683_1234234.jpg

 「市松」さんとのコラボの蔵元さんは、言わずと知れた「竹鶴」。
 この日だけではなく、京都でも飲む機会の多いお酒のひとつです。
f0209683_1234357.jpg
 最後の1枚は、さきほどご紹介した写真の中で、おとなしくゲームなんぞしながら、飲んでいるお父さんやお母さんを待ってくれていたお子ちゃまたちです。
 子供好きなもので、つい、かまって欲しくなってしまう私。(笑)
 それにしても、みんな、いい顔をしてはりますよね~。

 お子ちゃまたち、10歳くらいでしょうか?
 お酒が飲めるまでにあと10年か・・・。
 20歳になったら、一緒に日本酒、飲みに行こうね~♪(爆)

 058.gif追記058.gif
 メガネの男の子のお父さん、また、どこかでお目にかかれる日を楽しみにしています。
 記事のアップが遅くなってすみませ~ん
f0209683_0581527.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-04-22 01:50 | 日本酒のお話
 1日に10個くらい記事をアップし続けないと、現実に追いつきそうにありません。(^_^;)
 
 平日だというのに、「天野酒」のお蔵に行ってきました。(笑)
 「天野酒」は昔から好きな銘柄のひとつなのですが、最近は、北山の「秋山」さんで飲むことが多いでしょうか。
 
 久しぶりに山本杜氏さんにもお目にかかれてうれしかったな。
 というわけで、これは予告編の1枚です。^-^
f0209683_20325613.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-04-21 12:07 | 日本酒のお話