京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:我が愛しきものたち( 47 )

 保護した猫には油断していると猫パンチ!を喰らってしまいますが、それでも徐々に慣れてきています。どんな野良ちゃんでも時間をかければ、穏やかな性格の家猫になってゆきます。

 が、しかし今現在、人間に慣れていない子猫の里親を探すことは困難を極めます。ならば、私が飼う以外ないでしょう。この猫を京都に連れて行く覚悟はあります。

 問題なのは、あと2匹、外に居るお母さん猫と兄妹の子猫です。
 3匹とも保護した場合、或る程度の広さの無い部屋に住めないと無理だろうと予想します。

 適当なお家賃で、猫と一緒に住める賃貸物件を探しています。
 お心あたりの方は、お知らせいただけたら有難いです。
 とは言うものの、残された時間はわずか。
 1ケ月後、どうなってるのかな?(・_・;)

 その前に、他の2匹を捕獲すること自体、困難の極みです。
 猫好きの方々のご期待に応えたいのは山々ですが、その期待に応えられないかもしれません。
 自信がありません。

 猫を捕獲するその困難さも、猫好きの方なら充分、わかってくださることと思いますが・・・。
 そのことがあまりにも心の負担で、夢にまで見ますし、胃が痛くて眠れないことも・・・。
 時間が無く、思うように事が進まなかったらすみません。 

 ●補足●・・・女の子だと思っていたこの子猫。
 もしかしたら男の子かもしれません。(・_・;)
f0209683_2185338.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-10-19 02:13 | 我が愛しきものたち
 子猫を1匹、保護したものの、他に、お母さん猫と、子猫の兄妹が1匹います。
 放っておいたら、どんどん不幸な命が増えます。
 捕まえて手術してやらないと・・・。

 でも、野良ネコを捕まえるというのは至難の技なのです。
 猫が本気で抵抗したらスゴイですよ。(-_-;)
 ああ、気が重い・・・。
 でも、考えていても行動しないと意味がありません。
 とにもかくにも、馴染みの動物病院へ・・・。
 
 5月にチャリちゃんを保護したときに行ったのが最後でした。
 久しぶりです。
f0209683_1275722.jpg

 動物病院に相談に行ったのは、捕獲器を所持してはらへんかなあ?と思いまして・・・。
 野良ちゃんを捕獲するには、もう捕獲器しかありません。
 昔、今と同じように、野良ちゃんを保護したいけど、とても素手では捕まえられない、どうしよう???と悩んでいたとき、大阪の動物愛護団体の方が貸してくださったことを想い出しました。

 これ以上、不幸な命が増えないように、なんとか勇気を奮い起こして、野良ちゃんと対峙しなければ・・・とは思うものの、“暴れるやろうなあ”“唸るやろうなあ・・・”と思うと、ホントーに気が重い私です。
 こんなことしてて、お店のオープン大丈夫かな?私・・・。(・_・;)(泣)
f0209683_128616.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-10-13 01:23 | 我が愛しきものたち
 数日前に保護した子猫は、一向に懐かず・・・とはゆっても子猫なのでフー!と威嚇しても、噛んだりすることもなく、ただ逃げてゆくだけなのですが・・・。
 人間に懐いていない猫の里親になってくれる奇特な人もなかなか居ないかと思います。
 ならば、私が飼う以外無いわけですが、現実は厳しく・・・。

 お店を始めたら滋賀から通うことは困難です。
 今日、不動産屋さんに行ったのですが、「ペット可」の部屋は少なく、更に犬より猫が飼える部屋は少ない、という厳しい壁があることを思い知らされました。
 お金がたくさんあれば部屋を選べますが、お店の家賃、部屋の家賃・・・と考えると、とても高いお部屋には住めません。
 この子猫だけならまだしも、あと、お母さん猫と兄妹の子猫がいます。
 兄妹猫は、この子猫よりも更に人間不信の猫です。(お母さんはマシ)(今、隣の部屋でエサを食べていますが・・・)
f0209683_22282677.jpg

 狭い部屋に閉じ込めて飼うことは、限りなく不可能に近いと思えてきました。
 今は一軒家ですから、幾つも部屋があって、そこを自由に行き来しているので、まだマシですが、狭い部屋に閉じ込めたら、きっと出口を求めて鳴き続けることでしょう。
 
 この一軒家に住み続けるなら、今、3匹を家の中に閉じ込めることは可能です。ここに居るなら、私は迷わず、そうします。
 でも、ゲージに入れることさえ困難な猫たちを一緒に引っ越しさせて、狭い部屋に閉じ込めても、その生活を続けるのは困難なように思われてなりません。猫たちにとっても、満足に窓の外の景色も見せてやれないような部屋に閉じ込めるのは可哀そうなような気も・・・。

 正直、お店のことだけで目いっぱいで、その上、猫のことで心が折れそうになることもしばしば・・・。

 今、保護している猫もとりあえず、動物病院に連れて行って(これ以上、不幸な命が増えないように)手術をしてあげて、放す以外無いのかな?と思ってみたり・・・。
 
 この子猫も、時間をかければ可愛い飼い猫になるでしょうが、里親さんを見つけるのは難しいでしょう。今の私の現状では満足にそれをすることができず・・・。

 写真の方は・・・猫が退屈だろうと買ってきたおもちゃです。
f0209683_22295419.jpg

 マタタビの香りがするので、ちょっとうれしそう。^・・^(苦笑)
 
 ユキさんはじめ、猫好きの方々、何かいい知恵があったら貸してください。(保護してくれる施設などがあったら教えてください)
 そして、やはり無理だという結論に達した場合、本意ではないですが、外に放さざるをえない私の立場をご理解ください。
f0209683_2230383.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-10-10 22:56 | 我が愛しきものたち
 私がその子猫の姿を初めて見たのは、今年の7月31日でした。か細い猫の鳴き声が聞こえたような気がして気になって庭に探しに出た際、私の姿に驚いて逃げてゆくところでした。
 それから時々、うちの庭に姿を現すようになりました。
 でも、どう考えても捨て猫のよう。誰にもエサがもらえなかったら飢え死にしてしまう・・・と思うと、どうしても見捨てることができず、キャットフードを買ってきてあげていました。

 ただ、エサをあげるからには、きちんと面倒をみなければなりません。
 私は来月のお店のオープンと共に、京都に引っ越しせねばなりません。毎日、ご飯をあげることができなくなってしまいます。或る日、突然、エサがもらえなくなるなんて、そんな酷な話はありません。ならばなんとか保護して、猫の身の振りを考えてあげたい。
 
 でも、人間に警戒心を持っている野良ちゃんを捕まえるのは至難の技です。
 最近は、家に居る時間はずっと戸を開けて、猫が家の中に置いてあるエサを食べにくるよう、少しでも家や人間(私)に慣れさせてなんとか保護したい、と努力してきました。

 今日もずっと開けっ放しにしていました。
 1時間ほど所要で外出せねばならず、家の中に猫の姿も無かったので鍵をかけて出て行きました。
 
 1時間ほど経って帰宅して、びっくり!
 家の中に猫~~~!
 なんで家の中に居るの???

 この写真は最大限のズームで撮っています。
 近づいたら逃げますしね。(^_^;)
 
 多分、2階の押入れのお布団の上で眠ってしまって、私が出かける際に、鍵を閉めたりする物音に気づかず、そのまま家の中に閉じ込められていたのでしょう。

 京都に引っ越す前になんとか保護したい、と思っていたものの、今日は何の準備もしておらず、どうしたものかとかなり迷いました。
 ですが、猫も、最初は出口を求めて鳴き歩いていたものの、少しづつ落ち着いてきたので、このまま保護しようかと思っています。

 正直、お店のことで手一杯で、猫に関わっているような状態ではないのですが、やはり小さな命を見捨てるわけにはいかないですし・・・と、言いつつ、大丈夫か?私・・・。(-_-;)
 なにせ、まだ住む部屋も見つかっていませんし、猫の里親を探す余裕も無いですし・・・。

 オマケに、実はこの子猫にはお母さん猫と兄妹猫が1匹います。
 その猫たちのことも、なんとかしてやらないと・・・と、憂鬱です。
 
 明日、丸1日、留守になるので、とにもかくにもそれが不安な私です。
 おとなしく家に居てくれるといいのですが・・・。
f0209683_2349058.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-10-06 23:52 | 我が愛しきものたち
 4月に保護したチャリちゃん^・・^を里親さんになってくれはった奈良の方のところへお届けに行ったお話、まだ完結していませんね。
 書き終えてしまったら、ほんとにサヨナラみたいで、1日延ばし、また1日延ばし・・・です。

 今夜も、チャリを保護した駐輪場の前を通った際、チャリを拾った夜のことを想い出し、チャリの姿を探してみたり・・・。
 でも、現実のチャリちゃんは、今は奈良で5人の家族に囲まれて幸せに暮らしています。

 あの夜、チャリを保護して良かった。
 幸せになれる未来をちゃんと持っていたチャリちゃん。
 その幸運をつないであげることができて本当に良かった。
 全ての命を救うことはできないけれど、せめて縁のあった命くらい、救ってあげたい。
 人間はどんなに困っても、命までは取られはしないのだから・・・。

 写真は、里親さんが送ってきてくれはったチャリちゃんの写真です。
 キャットタワーの中でのんびりしてます。^-^
f0209683_2104126.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-06-30 01:56 | 我が愛しきものたち
 祇園の中川染織さんのお玄関です。
 下の写真に、猫ちゃんがいるんですけど、わかりますぅ?
 いつもここで日向ぼっこしてはります。
f0209683_16284216.jpg

 猫好きなもので、つい、かまってしまいたくなり、近づきます。
 このニャンコちゃん、愛想はよくないんですけど(笑)、逃げたりはしません。(ガラス越しですしね)
 いつもお陽さんをいっぱい浴びてお昼寝。
 幸せなニャンコちゃんです。 
f0209683_16285372.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-06-22 12:58 | 我が愛しきものたち

蛍の光・・・

 母が生きている頃、毎年、今の時節になると、琵琶湖の北の方に位置する山東町の天の川に蛍を観に行った。
 私の家から車で2時間半ほどかかる場所だ。

 蛍は遅がけの時間の方がたくさん観られることが多い。
 夜、暗くなってから2時間半も車を走らせることは、かなり億劫だったけど、助手席に母が居てくれたら、何も苦にならなかった。
 晩年、車椅子の生活になった母に、“きれいな蛍を見せてやりたいemoticon-0152-heart.gif”その一心だった。
 だから母が居なくなってからというもの、ひとりでそんなところまで車を走らせる気力など、完全に失せてしまっているのです。
 
 先日、奈良まで高速道路を乗り継いでチャリちゃん(保護したニャンコ ^・・^)を連れて行ったことも同様だけど、“愛”が無ければ、何か行動を起こすパワーなど生まれてはこないのだ。

 だが幸せなことに、毎日のように通る最寄駅の近くで、毎年、蛍を観ることができる。
 でも、そこは自然あふるる場所ではなく、意外にも下の写真のような生活道路の側。
 この左手に川が流れていて、どうやらそこで生まれているらしい・・・。
f0209683_12105227.jpg

 夏になると、家の中に入ってきた虫を保護(捕まえて外に出してあげる)することが多い私なのですが、この夜は、上の写真の道路で何やら緑の光を発する小さな物体を発見!

 川から飛んできて疲れたのか、アスファルトに着地し、そこで光を放っている蛍です。
 手で捕まえようとすると、誤ってつぶしたり、傷つけたりしてしまう恐れがあるので、カバンの中に入っていた手帳を1枚破って、その上にそっと移動させて、捕まえます。

 少々、時間を要するので、車が近づいてくると怖いのですが、蛍は簡単に轢かれてつぶされてしまいますが、人間である私は大きいから、止まってくれるから大丈夫なのです。emoticon-0118-yawn.gif

 保護に成功した蛍をそっと手で覆って、川の傍の緑の木のところへゆっくり移動・・・。
 そこには仲間の蛍がポッポときれいな緑の光を放っていました。
 短い命、まっとうしてねemoticon-0152-heart.gif
f0209683_12105980.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-06-18 03:09 | 我が愛しきものたち
 2つ前の記事の続きです。
 チャリを連れて奈良の里親さんの元へ・・・。
 ですが、“今日でチャリはこの家から居なくなるのか・・・”と思うと、なかなか家を出るきっかけがつかめず、5分、10分・・・と、どんどん予定の時間を過ぎてゆきます。
 結局、チャリを連れて家を出たのは、当初予定していた出発時刻から1時間経過していました。
 
 最初はこの赤い小さなゲージに入れて、車に乗せました。
 予想通り、鳴き始めました。
 不安なのでしょう、可哀そうに・・・。 
f0209683_21275873.jpg

 顔をくっつけて、私の方に来ようとしています。
 ずっと鳴きっぱなしで、私もどんどん辛くなってゆきます。
f0209683_2128461.jpg

 手が出てきました。
 もう狭いゲージに閉じ込めておくのは可哀そうで限界です。
f0209683_21281030.jpg

 ということで、大きなゲージに移しました。
 ドライのエサも入れてあるのですが、それどころではないようです。
 ゲージは後部座席に置いておけばいいのですが、少しの間でもチャリの姿を見ていたいし、見えないと心配なので、助手席に・・・。
f0209683_21282212.jpg

 でもやっぱり、怖いのか、大きな声で鳴き続けています。
 必死で私の方に来ようとしています。
 そんなに顔をゲージに押し付けたら痛いやろう?チャリちゃん・・・。
f0209683_21283411.jpg

 チャリちゃん、必死です。
 手、長っ!!!(^_^;)

 去年の夏に3匹の子猫を保護し、それぞれ里親さんのところに連れて行きましたが、チャリちゃんより小さかったもので、しばらく鳴いていたかと思うと、疲れておとなしくなったのですが、チャリちゃんは大きい分、必死に抵抗するのでこちらも大変です。(・_・;)
f0209683_21284213.jpg

 おお~~~!
 とうとう、私のスカートを掴みました!
 本当に健気なチャリです。
f0209683_2128476.jpg

 鳴きっぱなしであまりに可哀そうなので、外に出すことに・・・。
 猫は暗くて狭い場所に置いておく方が落ち着くのですが、チャリは外に出たがっているのですから、外に出してやりたくて・・・。
f0209683_21285382.jpg

 コンビニの駐車場に車を停めて、ひと休みです。
 チャリは背伸びをして窓の外の景色を興味深そうに眺めています。
 やはりゲージから出すと、チャリはおとなしくなりました。
f0209683_21285935.jpg

 今、私の膝の上でおとなしくしています。
 私が抱っこしていると、おとなしいのです。

 奈良の里親さんのところには、名神高速、近畿自動車道、西名阪自動車道の3つを走ってゆかなければ辿り着けないというのに、まだ下道に居ます。
 “やっぱり、誰かチャリちゃんの子守役に乗ってきてもらえば良かった・・・(・・;)。何時間、かかるやろう???”
 いささか、不安になってくる私なのでした。
f0209683_2129727.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-06-09 00:56 | 我が愛しきものたち
 4月に保護したニャンコのチャリ。^・・^
 それから1ケ月と10日の間、一緒に暮らした後、チャリは里親さんのお家にお引越しすることになりました。
 よく考えると、1年のうちの12分の1もの時間、私とチャリは同じ屋根の下で暮らしたのですね。
 本当はこのままずっと一緒に居たいけれど、私は猫を飼う前に自立せねばならないのです。
 精神的に猫に依存しなくてもいいくらい強くなれたら、またチャリのような可愛い猫と一緒に暮らしたいと思いますが、今は我慢です。
 良い里親さんが見つかり、一人暮らしの私が飼うよりもチャリは幸せに生きてゆける、と確信できたので、もらっていただくことに決めました。

 チャリを奈良の里親さんのところに連れて行く約束の朝です。 
 本当は、台湾に旅立つ2日前を予定していたのですが、結局、“ギリギリまで一緒に居たいemoticon-0152-heart.gif”と
思い、旅の前日に連れて行くことになりました。

 チャリはお気に入りだった椅子に座っています。
 いつも、ここが定位置でした。
f0209683_23121471.jpg

 「チャリ、お姉さん(私のことです)(笑)のことは忘れてしまってもいいから、里親さんのところで可愛がってもらうんやで・・・」
 何度も何度もチャリのことを抱きしめて頭を撫でながら、私はチャリに言い聞かせました。
 言葉は通じないのですが、何かを感じ取っているのか、チャリはいつもよりおとなしくて、どこか寂しげでした。

 うちの家で、最後の時間を過ごすチャリちゃんです。
 もう少ししたら、出発です。
 “もうすぐ、このお家とサヨナラやで、チャリ・・・”
f0209683_23122113.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-06-07 02:11 | 我が愛しきものたち
 台湾から戻り、一番にメールしたのは、チャリの里親になってくれはった奈良の方。
 
 『チャリは元気にしていますか?
  ご飯、食べてますか?
  やんちゃしていませんか???
  お手すきのときで結構ですので、写メでも送ってもらえるとうれしいです』
 

 実は、日本に居ない間にチャリに何かあった場合、里親さんから私の奈良の友人に連絡してもらう約束になっていました。そしてその奈良の友人が、私が滞在していた台北のホテルに電話してくれる段取りをつけていました。(奈良の友人には、「私の代わりに、何かあった場合、出来うる限りのことをしてほしい」とお願いしてありました)
 無論、私は日本に居ないのですから、何かあってもどうすることも叶いませんが、それでもずっと心配しているよりはましです。電話が入らない限り、チャリのことは心配せずとも済むのですから・・・。emoticon-0152-heart.gif

 『チャリは、スゴク元気にしてますよ~
  だから今は、疲れ果てておやすみタイムです(笑)』
 

 里親さんからは、上のメールと共にチャリの写真が送られてきました。
 そこにはきれいな寝具の上ですやすやと眠るチャリの姿が写っていました。
 大事にしてもらって、すくすく育っているようで、ホッとしました。 
f0209683_1249314.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-06-02 12:48 | 我が愛しきものたち