京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:我が愛しきものたち( 47 )

 一つ前の記事で、新宿ゴールデン街へ足を運んだお話はしましたが、私がゴールデン街に魅かれる大きな理由のひとつ、それは猫なのです。
 ゴールデン街にはたくさん猫がいます。
 その猫たちは飼い猫が多く、例え、野良ちゃんでも、ご飯をもらっている猫が多いので、安心して見ていられるのです。
 先日、久しぶりに足を踏み入れたゴールデン街には、昔ほどたくさん猫の姿は無いように思いましたが、それでも、暫く待っていれば、どこからともなく猫が現れるのです。

 あ、いました。(-^〇^-)
 でも怖がらせたら可哀想なので、無神経に側に寄って行ったりはしません。 
 ほら、この猫も、首輪をしていますし、ふっくらしてるでしょ?
 きっと美味しいご飯をもらって、人間に大事にしてもらっているのでしょう。
 幸せそうで良かった♥
f0209683_2159910.jpg

 猫からみれば大きな人間は恐い存在です。
 なので、とにかく怯えさせないように、私、そぉ~っと、“私はあなた(^・・^)に興味無いのよ~”ってな素振りで猫の横を通り過ぎ、前に回ってニャンコの顔を拝みます。
 あ、こんな顔した猫なんや。(#^.^#) 
 なんか愛嬌あるなあ。
 フフフ、可愛い♥
f0209683_21591940.jpg

 と、思っていたら、猫はスタスタ歩きだして、私の横を通り過ぎ、角を曲がりました。
 ハーメルンの笛のように(笑)、当然、私は猫の後をついて行きます。(笑)
 そして、着いたところは、ここ、串揚げ屋さんのお玄関。(爆)
 う~ん、なんとも哀愁のある後ろ姿です。
f0209683_21593139.jpg

 またもそぉ~っと、気づかれないように忍び寄って、少々、ズームも使って写真を1枚。
 ここでご飯をもらえるのでしょうか?
 健気に待っています。
 賢いものですね。
 私が猫だったら、もっとあほあほ猫のような気がします。(-_-;)(爆)
f0209683_21593990.jpg

 でも待てど暮らせど、戸は開きません(´;ω;`)。
 しびれを切らした猫ちゃん、両手を戸に掛け、全力で戸を10センチほど開けました。(爆)
 (暗いため)ボケボケ写真で申し訳ないのですが、今、猫ちゃんが自力で必死に戸を開けているところです。
 う~ん、更に賢い猫です。(爆)
 すると、それに気づいたお店の中の人が戸をガラガラと開けたかと思いきや、猫は、スタスタ、お店の中に入って行き、戸は閉められました。
 どうやら、ご飯をもらいに来たのではなく、ここのお家の猫さんのようです。
 飲食店の表玄関から、堂々と動物が入っていく・・・その大らかさがゴールデン街の良さであり、私が惹かれる部分なのです。

 次回、東京に行ったら、絶対、このお店に飲みに行って、このニャンコに会おうっと。^・・^
 名前も知らない猫ちゃん、それまで元気でね!(o・・o)/~
 
f0209683_21594854.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-17 23:57 | 我が愛しきものたち
 さて、2010年が終わるまでに、ひとつ、ご報告しておかなければ・・・。
 一つ前の記事に出てくる秋山さんのお母さんにも驚かれてしまったのですが、私の過去のブログに、時折、出てきた姉の家のワンちゃんが、今年の6月15日にこの世を去りました。
 16歳でした。人間の年齢に換算すると114歳くらいだそう。大型犬にしては、とても長生きです。

 犬だって、暑さや寒さには弱いもの。
 生まれてからずっと、家の中で人間と同じように過ごし、暑い夏は、家人が不在になる際も、ちゃんと冷房を入れてもらっていました。幸せですね。
 犬はお散歩するから、近所の方々も、普段から気にかけてくださっていました。死んだ日もお花を供えてくださったり。
 晩年は、目もよく見えていない様子で、足も弱り、姉は苦労して散歩させていましたが・・・。
f0209683_22294251.jpg

 でも、本当に穏やかな死に顔でした。
 だからこうして、写真に残すことができました。
 遠方に住む甥や姪も帰ってきて、みんなに囲まれ、最期の時を住み慣れた家で過ごします。
 甥や姪にしてみれば、自分が子供の頃から一緒だった兄妹のような存在だったでしょう。皆、泣いていました・・・。

f0209683_2230486.jpg

 姉、甥、姪と一緒に愛しい犬の骨を拾い、骨壷に収めました。
 大型犬ですから、この骨壷もとても大きなものです。(苦笑)

 生きとし生けるもの全て、いつかこの世を去ります。
 だからこそ、懸命に生きねばならないのですよね・・・至極当然のことを思い出させてくれます。
 
 ありがとう、愛しき命・・・。
 いつかまた逢えるといいね。
 それまでどうか安らかに・・・053.gif

 2月には、私が18年間、可愛がってきた愛猫ハナを失くし、6月には姉が16年間、家族同然に暮らしてきた愛犬を失くしました。秋山さんのご実家のネコちゃんも、この前、亡くならはったのです。 
 2010年、それぞれの大切なものが失われていった1年でもありました。 
 そんな2010年も、もうすぐ終わろうとしています。
f0209683_23151381.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-12-31 03:28 | 我が愛しきものたち
 私が時折、買い物に行く祇園の某店のニャンコちゃん。
 でも、たまにしかお店に連れて来てはらへんので、初めてお目にかかりました。(笑)
 兄妹です。
 「さわってもいいですか?」ってお迅きしたら、「噛むかもしれないので・・・(-_-;)」と、ゆわれましたが、そこは猫慣れしている私。噛まれないように撫で撫でさせてもらいました。だって、さわりたいも~ん。060.gif(笑)
f0209683_12175826.jpg

 こちらは男の子。
 確かに男の子っぽいかな。(笑)
f0209683_1218712.jpg

 招き猫(売り物)&本物の猫(非売品)(爆)。(-^〇^-)
 白い猫ちゃんは女の子。
 確かに、女の子っぽい。(笑)

 こちらのお店は色んなものを売ってはるのですが、私が普段、こちらで何を購入するかといいますと、アクセサリーの類です。
 この日も、「オーダーのイヤリングが出来上がりました(^^♪」とお電話いただいたもので、取りに行ったのですが、猫ちゃんに会えてラッキー053.gifでした。
 2,3分で済むお買い物のはずが、お店の方と、延々、猫のお話で盛り上がりました。最後に、「外に出たら車に轢かれるから、絶対、リードをはずさないでくださいね!」と、お願いして帰ってきました。

 最近、毎日のように猫好きの人と、出会います。やはり、“猫好き053.gif^・・^053.gif”は“猫好き053.gif^・・^053.gif”を呼ぶのかな???(笑)
f0209683_12322049.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-12-14 12:10 | 我が愛しきものたち

子猫たち、その後・・・

 こういう経緯で、暫くの間、うちで保護していた子猫3匹のお話、まだ完結を見ておりません。里親さんのお家にもらわれてゆくまでのお話、最後までおつきあいくださいまし。(過去記事を辿っていただければ、時系列で猫の様子がアップされています。「動画」もあります)

 ネット等で必死で里親さんを探し、里親に申し出てくださった方の中から、私は“この方なら、きっと大事にしてくださるだろう”そう思える方を一生懸命、見極めました。そうでなければ、私はきっと可愛い3匹を手放すことはできなかったかと思います。
 里親さんが見つかってホっとする反面、私は子猫との別れが寂しくて寂しくて仕方がありませんでした。オマケに里親さんが決まってからの日々はあっという間に過ぎて行き、その別離の日は駆け足で私に近づいてきたのです。

 ですが、実は子猫たち、今夏の猛暑や、3匹一緒ということもあり、皮膚疾患を起こしていました。友人も動物病院には連れて行っていたのですが、心配なので、里親さんのところに連れて行く約束の日の前夜、私は再度、3匹を動物病院に連れてゆきました。
 狭いケージに入れていくのは可哀想なので、大きなケージのまま連れてきました。でも、相当、怖かったようで、ケージの中でオシッコをしていました007.gif
 トイレのしつけは、最初からすぐに出来た賢い子猫たちでしたから、このときは、余程、怖かったのでしょう。可哀想に・・・。
f0209683_22131554.jpg

 友人に保護され、私の家に預けられ・・・もう人には慣れていますから、病院の診察台でも暴れたり威嚇したりするようなことはありません。おとなしいです。
f0209683_22133468.jpg

 ニャンコの顔半分なのは、単に、私に写真を撮る余裕が無いだけです。(笑)
 勿論、3匹とも診てもらったのですが、写真が撮れたのは2匹だけ。
 顔半分だから、1匹半かな?(笑)

 子猫たち、ところどころ、皮膚疾患で毛が薄くなっていました。
 “そんな猫は嫌がられるだろう。もう少し、私が面倒をみて、治ったら里親さんのところに連れて行こう”・・・この夜、私はそう考えていました。
 子猫3匹の面倒を見るのは大変でしたが、その反面、“もう少し、一緒に居られる060.gif”と、うれしかったものです。
 ですが・・・(つづく)・・・。
f0209683_22134483.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-10 01:49 | 我が愛しきものたち
 先月上旬、ほんのわずかな間、私の家族だったニャンコたちです。今となっては、この3匹の子猫を保護していた10日足らずの日々が、遠い昔のことのように思われます。
 懐かしい3匹の姿・・・。
 元気にしているだろうか・・・?と、毎日、気になります・・・が、里親さんを信用してもらってもらった以上、近況をお尋ねするのも信じていないみたいでよくないか・・・と、メール送信を思いとどまったり・・・。
 仲良しの3匹でした。
f0209683_2132880.jpg

 まだ暑かった9月の上旬、それぞれ好きな格好で寝ています。
 ピンクのシャンプーがそこに置かれているのは、窓から風が吹き込んで、お風呂のドアがバタン!と閉まってニャンコが挟まれてケガをするといけないからです。
f0209683_2133996.jpg

安易な感じがして、私は“癒し”という言葉があまり好きではないのですが、今、この写真をブログにアップしながら、私の心は確実に癒されています。(笑)
f0209683_2135074.jpg

 暑いのに寄り添って、やっぱり兄弟ですね。仲良しです。
f0209683_2135936.jpg

 ふふふ・・・微笑ましい寝姿・・・いつまで見ていても飽きません。

 真ん中のニャンコの口の周りの色が違うのは、軽い皮膚疾患を起こしていて、毛が薄くなっているのです。今年の夏の尋常ではない暑さが原因なのか、どの猫も、ところどころ、こんな風になっています。
 私の家に来る前、猫を保護した友人が動物病院にも連れて行ったのですが、検査結果は異常が無く、毛が生え揃うのは日にち薬のようです。
 私の家に来てからは、毎晩、お風呂に入れ、毎朝、動物病院でもらってきた消毒薬で身体を拭いてやっていたのですが・・・。
f0209683_214980.jpg

 安心し切って眠っています。可愛いです。 
 実は、この数日後に里親さんのところに連れて行く約束になっていました。情が移ると辛いので、名前はつけていなかったのですが、名前はつけずとも、もう充分に情は移っていました。
 別れの日のことを思うと、私はすでにこの時から涙目になってしまうのでした。
007.gif
f0209683_2141854.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-10-09 02:03 | 我が愛しきものたち
 今月のアタマ、ほんの少し、私と一緒に暮らしていたニャンコ3匹のお話の続きです。
 うちの家に連れて来た翌日はお風呂に入れて、それから耳掃除をしました。友人の家で保護していた時も、私が猫の様子を見に行った際に耳掃除はしてやっていたのですが・・・。

 保護されたときはもっともっと小さくて、野良ちゃんが外で産んだ子猫やから、とてもみすぼらしくて・・・。目やにで目が開かず、動物病院の目薬を点してやって、なんとか目も正常に開いたのです。

 耳の中も綿棒できれいにしてあげないとね~053.gif
 とはいうものの、素人がすることですから、綿棒を奥まで入れて、鼓膜を傷つけたら大変なので、ほどほどに・・・。
 そして、その後は、このように耳を裏返されて私に遊ばれてしまいます。
 耳掃除をしてもらって、気持ちよくて、ちょっとネムネム状態で目が細いですね。^-^
f0209683_20424241.jpg

 もう1匹も・・・。
 耳が裏返って、へ~んな顔。(笑)
f0209683_20425294.jpg

 君もほんとは男前やのに、迷惑やなぁ~、ごめんね。(笑)
f0209683_20434323.jpg


 耳掃除が終わった後は、3匹で仲良くお昼寝です。
  あ~、私のスカートの上~007.gif
 ま、イスの上に、スカートを脱いでおいた私が悪いのね、ってことで、ゆっくり寝てくださいまし001.gif。(笑)
f0209683_20435314.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-09-28 20:42 | 我が愛しきものたち
 今週もすでにお邪魔している京都は北山の「御料理 秋山」さん。
 この写真は、今月上旬、重陽の日にお邪魔した際の地下鉄「北山」駅での1枚です。今週、展示物はすでに撤去されていました。
 通路に芸大の学生さんの作品が飾ってありました。どれもステキでしたよ。 
 今、今宵のお連れ、馴染みの酒蔵の蔵元さんを待っているところです。
f0209683_20225178.jpg

 と、そこに、ふわふわと黒い蝶ちょ(?)が飛んできました。トンボみたいに細長い羽です。よく見かけるのですが、私は名前がわかりません。
 地下鉄の階段から光に誘われて、うっかり地下に迷い込んでしまったのでしょう。出口を求めて、あちらへフラフラ、こちらへフラフラ・・・必死に飛び回るのですが、一向に事態は好転しません。この長い通路から外に出られる確率は、どう考えても低いです。
 “放っておいたら死んでしまう・・・”そう思うと、なんとかしてやらないと・・・と、蝶の動向を追うものの、高く舞い上がったり、素手で傷を負わさず捕まえることは困難で、右往左往する私。
 でも、いつも不思議に思うことは、どうしてみんな、困っている小さな命が居ても知らぬ顔で通り過ぎてゆけるのでしょう?人間の力なら助けてやれるのに、見す見す見殺しにするのが、私には理解できないのです。ということで、私はよく、街中でも家の中でも、こういう状態に陥り、時間を喰うのです。(爆)

 今、通路に止まったので、ここなら手が届きます。
 今回の蝶のように動きのゆるいもの&手で触れることにさほど怖さを感じない生き物だと、女一人でもなんとかなるのですが、そうではない場合は大変です。  
 昔から私のブログを読んでくださっている方なら覚えていてくださるかもしれませんが、京都の地下で出口がわからず飛び回るスズメを見つけたときは大変でした。たまたま親切な男性に巡り会えたから良かったものの・・・。(その際のお話は、こちらのページで読んでくださいまし)
f0209683_2023048.jpg

 手で羽を捕まえたら、羽が傷ついてしまうかもしれません。大きな蝶(?)なので、両手でそっと包んでも窮屈でしょう。
 運良く、お茶の入ったペットボトルをビニール袋に入れていました。ペットボトルを捨てて、その空になった袋を使います。じっとしていた蝶の上に、そっと上からかぶせて、蝶が袋の上部に飛び上がったことを確認してから、袋の口をそぉ~っとすぼませました。
 “大丈夫かな?”と、袋の中を覗くと、元気にしているようでホっとします。  
 この後、蔵元さんと落ち合い、この蝶ちょは北山駅隣の植物園のところで放しました。
 「もう地下に迷い込まないようにね。^-^」と言いながら・・・。
f0209683_2023919.jpg

  ところで、この生き物の名前はなんですか・・・?
 昨日も、ひとしきり、某お店で話していたのですが結論は出ず・・・。
 よく見かけるんですけどね。

[PR]
by hanna1411 | 2010-09-25 02:21 | 我が愛しきものたち
 昨日、大阪のライブハウスで大勢の友人に会った。昔、10年くらいに渡り、京都のライブハウスなどでHEATWAVEのライブを主催させてもらっていたので、“彼らのファン(お客)であり、旧知の友人”というポジションの人たちが私にはたくさん居てくれる。
 その人たちに口々にこう言われた。 
 「猫が居なくなって寂しくなったでしょう・・・」と。
 ゲゲッ!ブログ、しっかりチェックされてる・・・。(汗)
 はい、“寂しい”などという表現が安易に感じてしまうほどに・・・。
 早く、しっかり自立して、また、猫と一緒に暮らせるようになりたいです。
 ということで、この前、ほんの少しの間、私の家族だったニャンコの寝姿です。
f0209683_15322177.jpg

 無防備で邪気の無い寝姿に心がほっこりします。
 今も、新しい里親さんのところで、こんな風に寝ているでしょうか?毎日、想い出します。
f0209683_15323689.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-09-19 09:22 | 我が愛しきものたち
 子猫3匹の仮住まいにしていた2階の部屋。ただいま、3匹でお昼寝中です。これはうちに来て、3日目です。人懐こい猫であったこともあり、もうこの頃には、ある程度の範囲、自由にさせてやれるくらい家にも私にも慣れていました。 
 ただし、人間の手が入らないような狭い隙間がある場所や、お風呂場や洗濯機がある空間には行けないようにしていました。トイレですら、何かの拍子でフタが開いて便器にハマって自力で出てこられないのでは・・・・と、心配でたまらず、ドアは閉めていました。

 私が1階に居れば1階に・・・2階に行けば2階に着いて来ることも多くなりました058.gif。  
f0209683_1747517.jpg


f0209683_925226.jpg

 こまめに掃除機もかけます。トイレの砂がどうしても容器から飛び散るもので・・・。
 かたずける前に掃除機にもたれて1匹が寝てしまったもので、起こすのも可哀想だし、そのまま・・・。
 普段、私は階下で寝ているのですが、一緒に寝ていました。
 それぞれ傍に居てくれて、うれしいです。
f0209683_17472673.jpg

 ニャンコと一緒に寝られるなんて、こんなに幸福なことはありません。
 NO CAT.NO LIFE 053.gif 
f0209683_17485344.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-09-16 02:46 | 我が愛しきものたち
 ほんの暫しの間、うちの家族だった3匹の子猫。
 すぐにうちの家にも私にも慣れてくれました。
 3匹のうち、一番、テレビに興味を示したのがこちらの子猫。
 伸び上がって、今だ、アナログ放送のうちのテレビの中で動くお笑い芸人さん(おぎやはぎのやはぎ)をまじまじと見ています。
 可愛い053.gif

 
 余談ですが・・・うちのテレビ、地デジ化できるのだろうか・・・?限りなく不安。家に家電好きのダンナさんがいてくれたらいいのにな・・・007.gif
f0209683_1274689.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-09-14 01:24 | 我が愛しきものたち