京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:京都のお店(イタリアン)( 8 )

 久しぶりにお友達と一緒に木屋町の「京都ネーゼ」さんへ。
 早がけの時間でしたが、次々とお客さんが来店され、相変わらずの人気ぶりでした。

 「メニューには載せてないんですけど・・・」とゆって、持ってきてくださったポルチーニはとても大きなものでした。
f0209683_12413361.jpg

 こちらは馬肉です。
 ハラミだったかと・・・。
 オーダーしたら、私たちの席まで食材を見せに来てくれはりました。

 グラスの中身は1杯目の泡です。
f0209683_12414829.jpg

 さきほどのポルチーニのソテーです。
f0209683_12415695.jpg

 いつもニコニコ明るい雰囲気のまっすー君。
 ありがとうね。^-^

 ワインはお店の方にお任せです。^-^
f0209683_1242296.jpg

 露地もののフランス産のホワイトアスパラと、山田農園の卵。
 フランスの露地・・・なんだか、それだけでオサレ~。(爆)
f0209683_1242839.jpg

 さきほど、まっすー君が注いでくれた白ワインです。
f0209683_12422149.jpg

 熊本の馬肉をたまに家で食したりするのですが、こちらの馬肉も美味しかったです。
f0209683_12422933.jpg

 更にワインをお願いしました。
 ひとしきり説明をしてくれるのですが、すぐに忘却の彼方~~~。(~_~;)
 オマケに目をつむっている写真で、せっかくのおっとこまえが台無しでごめんなさい。(笑)
f0209683_1242425.jpg

 チョイスしてくれはったワインはこちら。
f0209683_12425190.jpg

 新たまねぎのフォカッチャです。
 玉ねぎが甘くて美味しかったです。
f0209683_12425855.jpg

 チーズを3種。
 「珍しいものから3種くらい」と、お願いしました。
 珍しいだけあって、すっかり名前を失念です。(・・;)
 かなり複雑な名前でした・・・と、軽く言い訳する私。(爆)
 美味しいものをいただくときは、それに没頭したいのです016.gif。(メモとか取らない)(爆)
f0209683_1243412.jpg

 今、飲んでいるワインはこちらです。053.gif
f0209683_12432132.jpg

 続いてのお料理は、「ブリアンベッラの炭火焼き」です。
 イタリアのベーコンです。
 “ベーコン”って、日本のものと外国のものって、かなり違いますよね。
f0209683_12432827.jpg

 アオリイカのフリットです。
 哀しいかな、こういうものを飲むと、日本酒が飲みたくなってしまいます。
 日本酒も勧めてもらったのですが、やはりここではワインがいいな♥
f0209683_12434417.jpg

 更に白ワインをいただきます。 
f0209683_12435245.jpg

 ここえちょっとブレイク。
 新しく入らはったルーキー。
 まっすー君と同じ20歳!わかっ!!!(・・;) (^_^;) (~_~;)
f0209683_12435877.jpg

 パスタは桜海老。
 香りが良くて、パスタとも合っていました。
f0209683_1244453.jpg

 最後に珍しく甘いものを・・・。
 黒糖のシューアイスです。
 ちっちゃいから、私でも無理せず食べ切れます。
 
 お料理もお酒もおいしゅうございました。
 ご馳走さまぁ~♪
f0209683_12441041.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-05-24 20:57 | 京都のお店(イタリアン)

祇園 「babele」

 ひとつ前の記事、「ごとし」さんで飲んだ後は、タクシーで祇園に移動。
 久しぶりに「babele」さんにお邪魔しました。
 泡を飲んだ後は、赤ワイン。
 ハーフボトルでお願いしました。  
 お料理は盛りだくさんの前菜です。
f0209683_16111424.jpg

 焼いたチーズと、雲丹のパスタもいただきましたが、携帯の写真がいまいちなので、パス。072.gif
 前菜もチーズもパスタもボリュームがあったので、もうおなかい~っぱい(^^ゞ
 ワインは白をハーフボトルで・・・。
 ワインもお料理もおいしゅうございました。
 ごちそうさまぁ~♬
f0209683_16112417.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-03-05 03:09 | 京都のお店(イタリアン)
 2つ前の記事の続きです。
 大阪で楽しい時間を過ごした後は、京都に戻りました。
 実は大晦日の関西は雪がすごかったのです。
 朝、出かける時も、滋賀は吹雪で、電車も20分近く遅延しました(-_-;)。
 
 只今、夜9時半の木屋町です。
 滋賀は雪が多い地域ですが、京都で積もるのは珍しいことでした。(今出川から北は、雪も多いのですが・・・)
f0209683_1271298.jpg

 先斗町の某お店の前の雪だるま。
 早い時間に作らはったものなのか、うさぎさん、すでに片方、耳がなくなっていました。(´;ω;`)
 京都の人にとっては、雪が積もることって珍しいでしょうから、雪だるまを作りたくなるんでしょうね。 
f0209683_1272529.jpg

 さて、今宵の目的地は三条木屋町の「京都ネーゼ」さん。
 一昨年、母が亡くなって、まだまだ大晦日を家でひとり、迎える気になれない私は今年も外でカウントダウンです。
 カウンターの上には、見事な仏手柑がありました(#^.^#)。
f0209683_1273982.jpg

 皆さん、お客さんを迎えるために、忙しく準備中です。
f0209683_1275898.jpg

 ビール、ワイン、日本酒・・・自由に好きなものが飲めます。
 もちろん、チーズや生ハムなども出してくれはったのですが、大晦日に欠かせないお蕎麦も作ってくれはりました。
 肉厚の鴨が入ったお蕎麦です。 
 ここでお蕎麦が食べられるなんて思っていなかったのでうれしかったですね(-^〇^-)。
f0209683_1281129.jpg

 手毬寿司もありましたよ。 
f0209683_1282544.jpg

 白子をボール状に焼いたもの。
 スナック感覚で美味しかったです。
f0209683_1283715.jpg

 まっすーこと、桝村君、只今、生ハムを切ってはります。
 若干、二十歳の若者を働かせて美味しいものをいただくのは、いくらお客と言えども少々気がひけますが・・・。(苦笑)
f0209683_1285225.jpg

 もちろん、美味しいパスタも出してくれはりました。
f0209683_129843.jpg

 只今、テレビでは、ジャニーズのライブが流れています。
 参加者全員でカウントダウン・・・そして「ハッピ^ニューイヤー」の( ^^)/▽▽\(^^ )。
 いつも大晦日に家で観ていたテレビ番組を観ることができるようになったのは、少し、進歩したのかなあ?
 生き続けてさえいれば、どんな大きな哀しみや心の傷さえも、少しづつ癒えてくるのでしょうかね・・・。
f0209683_129206.jpg

 最後は「聚洸」さんのお菓子。
 久しぶりにいただきました。
 可愛いうさぎさんですね。
 写真は無いのですが、お茶も点ててくださいました。
 
 皆さん、フレンドリーな方々で、とても楽しく過ごすことができました。
 お世話になりました。ありがとうございます。
f0209683_1293248.jpg

 さて、その後は、もう1軒、木屋町の路地に在るバー「スタンド」ヘ。
 こちらには、以前、1度、飲みに来たのですが、それっきりだったので久しぶりでした。
 11月に主催した「縁はんなり」に参加してくださった方が、偶然、この会にも参加してはったので、その方と一緒に・・・。
 ウイスキーを2杯いただいて、ごちそうさまぁ016.gif
f0209683_2121635.jpg

 1月1日、元旦の明け方です。
 もう少しすれば、夜が明けるでしょう。
 あんなに恐れていた“大晦日”は、あっけなく終わってしまいました。
f0209683_21249100.jpg

 “今年は暗闇から再生しよう・・・”路地裏の雪だるまに独り言を呟きます。
 さて、私はまた、一人の家に帰りましょう・・・。

 蛇足ですが・・・雪だるまは、どれもみな愛嬌があって可愛いけれど、どこか寂しげなのは、いつか溶けて失くなってしまうからでしょうか・・・。
f0209683_2332436.jpg


[PR]
by hanna1411 | 2011-01-04 02:26 | 京都のお店(イタリアン)
 馴染みの料理人さんのお気に入りのお店に連れて行ってもらいました・・・とは言うものの、時間が無いので、美味しい1ショットの予告編です。(#^.^#)
f0209683_10374627.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-12-01 23:59 | 京都のお店(イタリアン)
 お酒つながりの方と久しぶりに「京都ネーゼ」さんへ。
 カウンターの上には、立派なポルチーニと赤い薔薇。
f0209683_18541242.jpg

 まずは、乾杯~♪
 私は1杯目はシャンパンをいただきました。
f0209683_20554938.jpg

 ご主人である森さんが勧めてくれはったポルチーニ。
 ソテーでいただきました。
 これは1人前をおツレさまと二人で半分こ。
 濃厚なお味でおいし。 ^-^
f0209683_18542534.jpg

 「VIGNE DELLA ROCCA」です。
f0209683_18543625.jpg

 赤シャ海老のフリットです。
 ひまわりの油で揚げてはるのだそうです。
 軽い油であっさりいただけます。
f0209683_18545092.jpg

 「MANDLA ROSSA」。  
 シャルドネです。
f0209683_1855540.jpg

 山田農園の卵のオムレツです。
 ふわふわおいしゅうございました。
f0209683_18551773.jpg

 この日は、森さんの前の特等席。(笑)
 ワインも進みます。
f0209683_18552873.jpg

 白金豚(ポーク)の炭火焼です。
 目の前で焼いてくださっていたのですが、思うより永く焼いてはりました。 
 それだけ肉厚ってことですね。
 美味しかったです。
f0209683_18553929.jpg

 オープン時点では、私たちともう一組だったのですが、この頃には満席状態。
 相変わらず、人気店です。
 でもこの日は森さんが目の前に居てくださったので、たくさんお話ができました。
f0209683_18555252.jpg

 
f0209683_18563326.jpg

 〆のパスタは2種いただきました。
 一つ目はトマトソースのパスタ。
 これもツレと半分づつ、よそり分けてくださっています。
f0209683_18564885.jpg

 森さん、いろいろと見せてくださいます。調理師学校の教える立場の方でしたから、それもうなずけます。
 家庭では見かけない(当たり前)(爆)調理器具ですね。
f0209683_18573028.jpg

 更にワイン。
 「LA TOLEDANA]。
f0209683_1858813.jpg

 パスタ、もう1種は、山田農園の卵の黄身だけを使ったパスタです。
 この前、テレビでも紹介されてはりました。
 卵の黄身、5個分。
 毎日、食べ続けるのはNGそうですが、たまにはいいですね~♪
f0209683_0382659.jpg

 最後に赤を少しいただいて、ご馳走さま。
 ご一緒してくださったこの夜のおツレさま、森さん、楽しい時間をありがとうございました。^-^
f0209683_1904458.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-13 02:35 | 京都のお店(イタリアン)
 馴染みのスタッフが居る錦の「SEKAIYA」さんへ。 
 先ずは南仏ワインをチョイス。 
 「アトゥラ・ルージュ」。
 タンニンもさほどきつくなく、華やかな香味です。
f0209683_126965.jpg

 コトコト煮込んだアテが合います。
f0209683_1261885.jpg

 「お勧めは何?」と迅くと、こちらを紹介してくれはったので素直にそれをオーダーしました。(笑)
 「軽く炙った寒ブリと白葱のマリネ・蕪のソース」です。  
 向こう側の小皿に入っているのは、いつものお気づかい、サービスで出してくれはったちょこっと生ハム。
f0209683_1262765.jpg

 続いてのワインは、「フィリップ・テシエ/クール・シュヴェルニー ブラン」。   
 みずみずしい果物のような香りがします。
f0209683_1263596.jpg


f0209683_1264440.jpg

 イタリアンに行くと、かなり高い確率でオーダーするカプレーゼ。
 チーズも美味しいですが、トマトが甘くて美味しかったです。フルーツトマトかな? 
f0209683_1265445.jpg

 基本、赤ワインを飲むことが多いのですが、この夜はお料理が先だったもので、お料理に合わせて最後も白。
 「ドメーヌ・ド・ヴァレスキュール」。シャルド100%です。
 ほんのりスモーキーな香味を感じました。これも美味しかったですよ。
f0209683_127269.jpg

 おなかもふくれつつあったので、シンプルにオリーブを・・・。
 実は、昔はオリーブって苦手だったんですよね。いや、今でも、“好き”な気もしますが、“あんまり好きじゃない”と感じるときも・・・。(笑)私にとって、他にこの微妙なポジションに位置するものはセロリですね。(爆)

 ここは一人でもゆっくりできるお店なので好きです。
 また、顔出しますね。
 ご馳走さまぁ。 ^-^
f0209683_1271272.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-26 01:00 | 京都のお店(イタリアン)

円町 「il PiAtto」 oishii

 先日、馴染みのお店で飲んでいた際、偶然、こちらのお店のマスターがお隣に座ってらっしゃいました。その際、私の“日本酒つながり”のツレと意気投合し、随分、話が弾んでいました。お話を聞けば、イタリアンのお店をやってらっしゃるという。
 “じゃあ、また、お店に伺います” ^-^
 社交辞令は嫌いなので、ホントに行ってきました。円町目指してご飯を食べに行くなんて、初めてかもぉ。
 マスター1人で切り盛りしてはる可愛いお店、「il PiAtto」。
 まさしくイタリアの街角に立つ“食堂”のようでした。
f0209683_1343542.jpg

 何気におしゃれな内装です。
 夜は色々あるようですが、お昼はパスタランチ一手。 
f0209683_1352065.jpg

 前菜です。豚肉肩ロースの煮込み。
 自家製パンも美味しかったです。
f0209683_135116.jpg

 お昼ですが、せっかくなのでワインを1杯。^-^
 淡いグリーンのタイル、可愛いですね。これも“食堂”っぽくて、ステキです。
f0209683_13222137.jpg

 パスタは2種ありました。
 私は「ほうれん草と小海老」のパスタ。
 この写真から、アルデンテ具合が伝わるかと・・・。
 究極の“アルデンテ状態”でした。これ以上、ハードでは硬いかもしれないけど、このアルデンテ状態、私は好きです。
f0209683_1351060.jpg

 プラス100円で珈琲も飲めます。
 
 先日、一緒に飲ませていただいていた時とは打って変わって(笑)、黙々とお料理なさるマスター。(お客さんが話しかけはると、愛想良く、受け答えなさっていますよ)。
 お客さんがひと段落した頃、お隣に座ってらしたお客さんも交えてお話しました。次回は、ゆっくり夜にお邪魔したいなあ。
 マスター、ご馳走さまぁ。 ^-^
f0209683_1352981.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-20 02:03 | 京都のお店(イタリアン)
 馴染みの人たちが居る錦の「SEKAIYA」さんへ。
f0209683_111025.jpg

 赤から飲みました。
 「CHINON RIVE GAUCHE(シノン・リ-ヴ・ゴッシュ)」。ロワール地方で作られているオーガニックワイン。ミディアムボディです。
 手前の小皿は付き出しで、向こう側の生ハムは、サービスで出してくれはったもの。ちょっとだけ食べられるのがうれしいですね。
f0209683_1111395.jpg

 いつも気を利かせて、生ハムを出してくれるのが、こちらのA君。以前にも、私のブログに登場してくれています。
 いつも、ほわぁ~んといい感じの人。意地悪な部分や、人間の嫌な面が全く見受けられない人です。なんだか、逢いたくなってしまいました。
f0209683_111236.jpg

 岡山産牡蠣のムニエルポルト酒ソースです。
f0209683_1113818.jpg

 更に赤を・・・。
 これは、偶然、隣でボトルで飲んではった知人にゴチになりました。
 suiさん、ご馳走さまぁ~。
f0209683_1114817.jpg

 インカのめざめとブルサンポワブルのオーブン焼きです。
 ワインに合います。
 ワインをゴチになったお礼に、お隣さまにおすそ分け。お口に合ったのならいいのですが・・・。
f0209683_112743.jpg

 ここで、白。
 「ドメーヌ・ド・ヴァレスキュール  シャルドネ」です。
 南フランスで栽培された無農薬・有機栽培の葡萄だけを使って造られたワインです。
f0209683_1131858.jpg

 最後に、野菜のココット蒸しヴェルデソースです。
 これもお隣さまにおすそ分け・・・したのですが、普段、あまりアテの要らない飲み方をしてはるので、なんだか迷惑じゃなかったかなあ???
 お料理はどれも美味しかったのですが、私はこれが一等お気に入り。今度、飲みに行ったときも、これ食べたいなあ。
 遊んでくれる人が居るので、一人でもゆっくりできるこちらのお店は重宝します。   
 ご馳走さまぁ~♪
f0209683_1133068.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-02-17 01:10 | 京都のお店(イタリアン)