京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー

<   2010年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 ひとつ前の記事に出てきます御池通りを東へ。高倉通りまで歩いてきたら、今度は北へ。暫く歩きますと、まだ店内が暗い「ごとし」さんに到着。丁度、休憩時間のようでした。
  
 「はんなさんに宅急便が届いてますよ」
 “え?宅急便???” 
 ごとしの女将さんにそうゆわれて目をやれば、どうやらお花屋さんからの荷物のよう。
 “誰から???”
 不思議に思いながら送付伝票を見ますと・・・2つ前の記事にコメントをくださった東京の方からでした。
 私がブログを書き始めたのが6年前。
 その方とは、それより更に昔、“お酒”を介してネット上でお知り合いになりました。そして今も、年に1度か、2度、東京か京都でご一緒するおつきあいが続いている方なのです。(来月も京都で、その方と奥様と3人でご一緒する予定です)
 
 宅急便の箱を開けると、中には鮮やかな赤いお花が入っていました。
 そしてメッセージカードには・・・
  『はんなさんへ
  「縁はんなり vol.1」開催おめでとうございます。あと1週間遅ければ、参加できたのに!僕は現在職場監禁中の身のため、参加できません。残念!本日のお酒の会が盛会であり、また新たな人と人の“縁”ができる会になることを祈念しております』 
f0209683_19232437.jpg

 お花というのは、いついただいてもうれしいものですね。
 「ごとし」の大将の宝物、三線と一緒にカウンターに飾らせていただきました。
 Caleraさま、お心づかい、ありがとうございました。(#^.^#)
f0209683_19234176.jpg

 さて、お客様をお迎えするまでに、私は少々、内職をしないと・・・。(笑)
 最初、席は“自由”にしようと思っていたのですが、蔵元さんから「決めた方がいいのでは?」というアドバイスをいただきました。(テーブル席とカウンター席に分かれるもので)
 なので、お名前を入れた席票をつくろうと思ったのです。
 和紙を買ってきて、それをギザギザ(波線)に切れるハサミでお一人分づつ切ってゆきます。(「なんでギザギザ?」と、大将に突っ込まれましたが・・・)(爆)
 そこに、この前、永源寺でゲットしてきた飛び切り紅いもみじ(押花にしたもの)を手芸用の接着剤で貼りつけ、音符型に切り抜けるパンチで穴を空け、そこにグリーンの札を付けます。このグリーンの札にお客様のお名前が入っています。左下に友達が作ってくれた『縁』の判子を押します。
f0209683_19264962.jpg

 本当は、今回、お招きした蔵元さんが「萩乃露」さんなので、萩の花を押し花にして貼りたかったのです。
 萩の花が咲いている秋真っ盛りの頃、山に探しに行ったのですが、なかなかきれいなものが無くて・・・。お寺などでは、きれいに咲いていたのですが、人の敷地に咲いているものを採取するわけにはいきませんし・・・。
 山を探し歩いて、それなりにきれいに咲いていたものを押し花器で押し花にしてみたのですが、いざあがったものはきれいではなくて・・・。(;>_<;)  
 なので、もみじになったのです。
f0209683_22245771.jpg

 お品書きは「ごとし」の大将が書いてくれはりました。
 極細筆ペンですね。(笑)
 大将は女性のような字を書かはるんです。上手~~~emoticon-0159-music.gif
f0209683_20215939.jpg

 こちらはテーブル席です。
 こんな感じでセッティングしました。

 「ごとし」さんはテーブル席とカウンターに別れるため、一生懸命、席の並びを考えました。全て、同じ条件の席なら、ご自由に座っていただいたのですが・・・。
 集団の中にいるほうが一人で居るときより孤独を感じることってありますよね?とにかく、それだけは避けたかったのです。一人で来てくださった方にも寂しい想いをしてもらわなくてもいいように・・・私なりに一生懸命考えました。基本的に、一人のお客様をテーブル席に。ご夫婦などお二人で来てくださる方はカウンターに。
 
 中にお一人だけ、お仕事で遅れていらっしゃる方がいらしたので、その方は、“いきなり知らない方々が集うテーブル席は気後れしはるかも・・・”と、なるべく目立たないカウンターの端に。その隣には、「人見知り」だとゆってはる知人に座ってもらいました。人見知り気味ですが、優しい人なので、きっと、遅れてきた方と仲良く二人で飲んでくれはるやろう、と考えたのです。
f0209683_2195424.jpg

 開場の5時半になりました。
 いつのまにやら、外も真っ暗に・・・。 

 「萩乃露」さんの菰樽もお借りしました。
 運んでくれはったのは、お酒屋さんのタキモトさんです。
 ありがとうございました。
f0209683_20225418.jpg

 初めて「ごとし」に来てくださる方にわかりやすいように、明るい色でタペストリーのようなものを作りました。
f0209683_2191645.jpg

 今回、準備したお酒は10種類。(写真に写っていないお酒もあります)
 ●出品大吟醸・斗瓶しずく酒
 ●直汲み 手造り准まい 生 2010
 ●直汲み 純米吟醸 渡舟 生 2010
 ●直汲み 純米吟醸 山田錦 生 2010
 ●直汲み 純米大吟醸 吟吹雪45 生2010
 ●純米ひやおろし 2010 
 ●純米吟醸 里山 完熟無濾過原酒 2010
 ●山廃仕込 特別純米 2009
 ●手造り純米 火入れ
 ●百年檸檬(レモン酒) 
f0209683_20221146.jpg

 人前に立つのが恥ずかしくてたまらない引っ込み思案な子供のような私に代わって、「萩乃露」さんの福井専務が乾杯の音頭をとってくれはり、会が始まりました。
f0209683_2193082.jpg

 乾杯のお酒は、「出品大吟醸 斗瓶採りしずく酒」です。
f0209683_2194339.jpg

 付き出しは、「こっぺ蟹と菊菜の煮浸し」。
 おいしそう~。
 私もお客さんが良かったなぁ。(爆)
f0209683_2110612.jpg

 2品目は、お造りです。
 白甘鯛、金目鯛、本鮪、蒸し鮑、鯵のなめろう。
 
 自分がお酒の会を主催するなら、美味しいお酒とそれに合う圧倒的に美味しいお料理を提供したかったのです。加えて言うなら、熱いものは熱いうちに食べていただきたい。(熱いものを熱いままで出せるくらいのキャパが理想、という意味です)
 そういう意味において、この「ごとし」さんほど、お酒と相性のいいお料理を作ってくれはるお店はないかと思います。
f0209683_2110241.jpg

 甘鯛の焼き物です。
 「萩乃露」さんの熟成粕で3日ほど漬けてはるそうです。
 いい色ですね~。
f0209683_21103790.jpg

 琵琶湖のモロコの唐揚げです。
 添え物の茗荷の色もきれいです。
f0209683_21104956.jpg

 丸(すっぽん)吸です。
 お餅もこんがり、おいしそうです。
 お客さん、いいなあ~。(爆)
f0209683_2111069.jpg

 最初は、私も会費を払って、お客さんと一緒に飲み食いするつもりだったのです。(もちろん、働きますが・・・)(笑)
 でも満席になってしまったため、私は裏方に徹します。(笑)
 写真の方は、「萩乃露」の福井専務さん。年下なんですけど、しっかりした方です。(笑)
 今回も、表に立つのが苦手な私に代わって、会を進行させてくださいました。ほんまに大船に乗った気でいられたのは、福井専務のお陰です。ありがとうございましたemoticon-0115-inlove.gif
f0209683_21112940.jpg

 お酒も入って盛り上がってきた頃、お客さんからのリクエストで自己紹介が始まりました。主催者である私自身が人前で話をするのが苦手な人間なので、恥ずかしい人は「パス」してもらいました。決して強制は致しませんemoticon-0102-bigsmile.gif。せっかく、ゆっくり美味しいお酒とお料理を楽しみに来てはるんですから・・・。(笑)
 口火を切ってくださったこの方は、東京からいらしてくださった方。いつぞや、北山の「秋山」さんで偶然、お隣同士になり、お話するうちに、私のブログを見ていてくださることが判明したemoticon-0171-star.gif、という経緯の方なのです。 奥様と二人で参加してくれはりました。

 ちなみに手前に写る彼は、“滋賀の日本酒大好き!”(笑)な一人。「滋賀の地酒、飲んでください~!」と、元気に挨拶してくれはりました。(挨拶の際の写真は無いもので・・・)
f0209683_21111178.jpg

 今、自己紹介してくれているのは岡山から来てくれた友人。実は、昔から“音楽つながりemoticon-0159-music.gif”(私が主催するライブによく来てくれはりました)なのですが、最近、徐々に、“日本酒の世界”に引きずりこんでいます。(笑)
 今回も、受付を手伝ってもらったり・・・ありがとね~♫
f0209683_0102881.jpg

 京都の某有名イタリアンのM君も参加してくれはりました。
 普段はワインを飲むことが多いそうですが、楽しんでくれはったようです。^ー^
f0209683_2112421.jpg

 お客さんではなかったもので、お料理の写真、全てを写すことができませんでした。
 写真は無いのですが、この次に出してくれはったものが「酒・肴」として、「琵琶湖の小鮎丸干し・自家製からすみ・酒粕クリームチーズ・鯛みそ」です。
 
 写真の方は、鯖寿司と穴子の棒寿司です。

 普段、「ごとし」さんではデザートの類はありません。
 でも、 「萩乃露さんのものを使ってデザートを作ってほしい」とお願いしました。
 私も飲んだ後のデザートは無くてもいい人間なので、デザートを作るというのは、大将の意にそぐわないことだったかと思うのですが、快く作ってくれはりました。ありがとうございます。
 残念ながら、それも写真に収めることができなかったのですが、「大吟醸の酒粕ムース」です。
 多分、これからもお店ではデザートは出さはらへんと思うので、この会のお客さんは滅多に口にできないものが食べられて、ラッキーだったと思います。
f0209683_21125329.jpg

 バタバタしていて、ちゃんと写真を撮れませんでした。(女将さんとスタッフの方の写真も無くて残念)
 今回、美味しいお料理を提供してくれはった「ごとし」の大将、玉井さん。
 ほんまにお世話になりましたemoticon-0152-heart.gif
f0209683_2113686.jpg
 
 最後の写真は、名古屋から来てくださった方のお土産。
 ステキな風呂敷に包まれた「九平次・純米大吟醸」です。「九平次」は昔から馴染みのお酒のひとつですが、これは初めて飲んだかも。みなさんに振舞っていただきました。ありがとうございます。m(_ _)m

 今日、昨夜の会に参加してくれはった方から、こんなメールをいただきました。

 『はんなさん、昨日はありがとうございました。と~~~~っても素敵な会でした。御準備、色々と大変だったと思います。素晴らしい会に参加させていただき心から感謝いたします。
 美味しくて楽しくて美味しくて・・・大感動でした。萩乃露さんは当然ながら、ごとしさん、是非またお伺いしたいと思 います。主人も、ごとしさんに衝撃を受けたようです。流石はんなさん♪また御一緒して下さいね。まずはごゆっくり~』


 なにせ1回目ということもあり、まだまだ不十分な点が多々あったかと思います。すみません。
 みなさん、楽しんでいただけたでしょうか?
 もし2回目を企画することができましたら、次回は、必ずや、立派にご挨拶いたします。(爆)emoticon-0115-inlove.gif

 ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。(=^0^=)
f0209683_0551211.jpg


  

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-29 23:57 | 縁はんなり
 昨日、私が見た御池通りの風景です。
 黄色い落ち葉が降り積もっていました。
 昔から、なんとなく御池通りは好きなのです。

 只今、午後3時過ぎ。、
 これから、私の駄ブログの初オフ会の会場となります「ごとし」さんに向かいます。
 参加してくださる皆さんをお迎えするにあたり、まだ細々と準備があるのですが、あまりに地味な内職作業ため(爆)、家で一人でやっているより、お店で準備させていただこうと、少し早めに来させてもらいました。 

 お酒つながりの馴染みの方もいらっしゃるのですが、初めてお目にかかる方々も大勢。
 皆さんが楽しんで帰ってもらえるように、頑張らないと・・・。
 ステキな会になりますようにー。
f0209683_16195118.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-29 12:57 | 四季の風景
 いよいよ明日に迫りました「縁はんなり」emoticon-0152-heart.gif
 一昨日、お呼びしている蔵元さん「萩乃露」の福井専務と最終の打ち合わせをしてきました。
 「ごとし」さんのお料理も美味しそうですよ。
 最後のデザートは普段、お店で出していらっしゃらないものを準備していただいています。
 参加してくださる方は、楽しみにしていてください。
 そして、満席のため、今回、ご参加いただけなかった方々、もうしわけありません。m(_ _)m
 次回の会を企画しました際には、ぜひ、ご参加ください。

 「萩乃露」さんの法被をお借りしてきました。
 「萩乃露」さんの法被は、袖口の折り返しの裏生地が可愛いんです。
 明日は、これが着られるからうれしいです。(#^.^#)

 この会のためにわざわざ遠方から来てくださる方も何人もいてくださいます。
 新潟からいらっしゃる方は、すでに今日から上洛されています。

 遠方からの方も、お近くの方も、どなた様も、道中、お気をつけて・・・。
f0209683_13423189.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-27 13:31 | 縁はんなり

永源寺の紅いもみじ

 人混みが苦手ですemoticon-0107-sweating.gif
 特に亡き母に車イスが必要になってからは、桜の時節も紅葉の時節も観光地を避けてきました。
 秋になると必ず母を連れて紅葉を観に行っていた、観光客でごった返さない穴場スポットのひとつが、ここ永源寺です。
 永源寺でもお寺には観光客がいっぱいなのですが、永源寺ダムの周りは、ゆっくりきれいなもみじが観られるのです。
 母が死んで、決して足を運ぼうとはしなかった・・・永源寺もそんな場所のひとつです。
 きれいな紅葉は、母に見せてあげたいものだから・・・。
 
 でも、今年、初めて行ってきました。
 何故って・・・?
 時間が無いので、また改めて、大幅に加筆してアップし直します。
 まずは“紅い1枚”をどうぞ。ヽ(^0^)ノ
f0209683_11134432.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-25 02:12 | 四季の風景
 アップしたいことが多過ぎて、記事の内容が遅れています。
 先月、大津祭りの宵宵山の夜に行われた日本酒のイベントのお話です。  
 去年は、大津の商店街で行われたこの催し物。
f0209683_15351378.jpg

 今年の会場は、こちら。
 昭和9年に建てられた元大津公会堂です。
 9月にも、こちらで滋賀の蔵元さんが参加してくださる日本酒のイベントのスタッフとして参加させていただきました。
f0209683_15352531.jpg

 いいんですよね、この古い建物。
 きれいな手作り灯りが会場を飾っています。
f0209683_15353651.jpg

 暫し、手作り灯りを楽しんでくださいまし。
f0209683_1535477.jpg


f0209683_15355945.jpg

 どうしても、ニャンコに目がいってしまいます。
 本当に丸まって眠っているようですね。
f0209683_15361380.jpg


f0209683_1536279.jpg

 「宵々醸亭」。
 お酒1杯とお好きなアテ3つを選んでもらって、¥500というシステムです。
f0209683_15364132.jpg

 これは近くの「アケミ」さんというお店のご主人が準備してくださったお料理です。
 胡瓜で巻いてあります。中には、鮒寿司の飯(いい)も入っています。
f0209683_15365422.jpg


f0209683_15372539.jpg

 これも「アケミ」さんが作ってきてくれはったものです。
 調理師学校の定番料理だそうです。
 茶色の物体はパン。揚げてあるそうです。下にはお茄子。このお料理、すごく美味しくて、きにいりました。
f0209683_15373653.jpg

 この夜、参加してくださった蔵元さんは大津の「浅芽生」さん。
 9月10月11月と毎月、お目にかかっている娘さん。実は、先週もお蔵にお邪魔したのでした。^ー^
 「浅芽生」さんのお酒3種と、一番左のお酒は上原酒造さんの「奥琵琶湖」。
 どれも馴染みのお酒です。
f0209683_15374610.jpg

 こんな風に、灯りの中でゆっくり楽しんでいただきます。
f0209683_15375891.jpg

 これは市民の方が作らはったもの。
 ご自分のお顔をモデルニ作らはったのですが、ご本人がお酒を飲みに来てくださっていました。上品で楽しそうなご婦人でした。
f0209683_1538966.jpg


f0209683_15383641.jpg

 最後の1枚は、私が一番、気に入った作品。
 「月とひっくりかえる」。
 これは先生の作品なのですが、ステキですよね~。
 家にあったらいいだろうなあ。

 スタッフの皆さん、来てくださったお客さん、雨の中、ありがとうございました。
 とても楽しかったです。
 来年もまた・・・。(#^.^#)
f0209683_128211.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-24 01:27 | 日本酒のお話
 6つ前の記事の続きです。
 「チャブヤ」さんでしこたま飲み食いした後、お連れさまが昔から通っているショットバーに連れて行ってくれました。
 おツレさまは、焼酎。さすが九州出身。(爆)
 私は、バーボンのソーダ割です。バーボンは何かと言いますと、ハーパーです。
 昔昔、ハーパーソーダを教えてくれたのは、当時、よく観に行っていたTHE BOOMのベーシスト、山川さんでした。懐かしい~♬
f0209683_17304493.jpg

 あまりにボケボケなので、モノクロームにしてみました。(爆)
 左が「ジェムソン」、右が「ラフロイグ」。
 おツレさまはずっと焼酎を飲んではったので、この2つは両方、私が飲んだお酒です。久し振りの「ラフロイグ」、結構、パンチ(クセ)がありました。
 マスター、私がチョイスしたお酒の銘柄を見て、「昔から、飲んでますね~emoticon-0115-inlove.gif」と、ひと言。確かに、何を選ぶかで、お酒歴が垣間見れますね。
 楽しいマスターと話が弾みました。
f0209683_194123.jpg


More
[PR]
by hanna1411 | 2010-11-23 06:07 | 京都のお店(呑み系)
 ひとつ前の記事に出てくるおおはた雄一くん。
 声も好きだし、彼が弾くギターも好きemoticon-0152-heart.gif

 YOU TUBEで1曲、お聴きください。
 さっきからずっと聴いています。
 
 「かすかな光」。

 ♫離れてしまう その前に 強く手を握っていて 今 僕にキスをして・・・
  何が二人を出逢わせて 何が二人を引き離すの・・・?
  その手に触れて 始まって その手に触れて 離れて行った・・・
  約束は要らないさ 強く手を握っていて 今 僕にキスをして・・・♫

  切ない歌ですね・・・。

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-23 00:55 | 私の好きな音楽♪
 大阪です。
 ビルが建ち並んでいます。
 私は田舎者だから、こんな都会には住めないなあ。
 ここからもう少し行けば、目指すライブハウスがあるのです。
f0209683_2253512.jpg

 昔、バナナホールが在った同じ場所に、今は「AKASO」が在ります。
 “どうしてAKASOなんだろ?”と思っていたのですが、昨日、ライブハウスのスタッフの方にその答えを教えてもらいました。
 「反対から読んでみてください」と。
 ああ、なるへそ~♫(爆)
f0209683_2254872.jpg

 リクオさんのCDデビュー20周年なんです。\(*^^*)/
 20日と21日、2日に渡って、リクオさんと親睦のあるミュージシャンが集まりました。
 この日は、昔から知っているミュージシャンが多くて、なんだかワクワクの私。
 
 リクオさんと「おめでとう!」と握手、友部さんとは「お久しぶりです」と握手し、ソウルフラワーユニオンの中川君に背後から忍び寄り、膝カックンもどきを試みる。(爆)
 HEATWAVEの山口君とは9月のライブ以来となり、おおはた君とは8月のライブ以来。
 そして、アナーキーの寺岡君とは何年ぶりなのかわからないくらい久しぶり。
 ちなみにパーカッションの朝倉さんと、杉瀬さんとは初対面。
 朝倉さんは、一青窈や森山直太郎のツアーにも参加しているミュージシャンだそう。かなり面白い方でした。(*´∀`*)
f0209683_22542837.jpg

 この浮き沈みの激しい音楽業界で、20年もの永きに渡り、自分の才能だけで生きてきた人・・・すごいなあ。
 そんなリクオさんのことを、山口君が日記にこんな風に綴っている。的確にいいあてているので、そのまま引用させてもらおう。以下。


 『奴はメジャーレーベルからデビューした同期のミュージシャンの中で、もっとも早くインディペンダントな活動を開始した男である。今とは違って、それは必要に迫られたことが動機だったのかもしれないが、友部正人さんを始めとする、第一艦隊のミュージシャンが自身の足で築いた、草の根の力を僕や次の世代に繋いだと云う意味で、その功績は大きい。15年前に、奴がこんなにしぶとく生き残っていることを想像できた音楽関係者は少ないはずだ。バブルの時代に音楽を札束としか観なかった連中が次々と死滅していく中、リクオは現代の鍵盤寅さんよろしく、街から街へ、港から港へ渡り歩いて、僕から観ると、「あんた大丈夫ですか?」みたいな信じられない人間関係を作り上げた。
 集まったミュージシャン全員、悪いバイブレーションはひとつもなかった。今日は神輿に奴を載せて、みんなで担ぐ。そんな気分だったんだと思う。それにしても、あんたの20年を祝ってんのに、自分で乾杯の音頭を取るのは止めなさい。おめでとう、リクオ。人生はこれからだ。』
f0209683_22545120.jpg

 リハも済み、客入れを待つステージ。
 もうすぐ開場です。
 
 リクオさんの20周年をを御祝いする楽しいライブの宴は延々続き、4時間にも及びました。
 最後は全員でボブ・ディランの「I shall be released」。
 それは過去を懐かしむわけでもなければ、予定調和でもない。
 そこには確かに、“未来の光”が射していました。
 ステキなライブだったなあ。
 大好きなミュージシャンたち、ありがとう。(^0^)-☆
f0209683_23493251.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-22 22:57 | 私の好きな音楽♪

「縁はんなり」の会

 1週間後に迫ってきました、「縁はんなり」の会。
 ちょっとここで連絡させてください。

 以前、「参加希望」のメールを送ってくださった「D.MIKI様」、ご連絡させて頂きたいことがあり、メールさせて頂いたのですが・・・。
 お返事が無いのは、きっと、メールボックスを開けてらっしゃらないのかと思われます。
 ブログでしたらご覧下さっているかと思い、こちらに・・・。
 これを目にしてくださいましたら、メールをご一読頂き、ご連絡いただけましたら幸いです。
f0209683_22405193.jpg

 いつぞやアップした「縁はんなり」のフライヤー、「ニャンコをアップで見たい!」というリクエストを頂きました。ニャンコは栗のイガを踏んで、足が痛いのです。芸が細かい!(爆)

 昔から音楽が好きで、初めてライブの主催をしたのは16年前でした。自分の好きなミュージシャンを地元に呼んで・・・。
 それから毎年、京都のライブハウス・・・磔磔、拾得、都雅都雅などでライブを催してきました。あ、そう言えば三条御幸町の1928ビルの会場や、滋賀の「金亀」さんのお蔵をお借りしてライブを主催したことも・・・。
 色んなグッズも作りました。変わったチケットも・・・。その際、いつもアンケート用紙を描いてくれていた友人に今回のフライヤーを描いてもらったのです。私はイラストが描けないもので・・・。
 このニャンコ、気にいっていますemoticon-0152-heart.gif。まだ名前は無いのですが・・・。
 
 昔、ブルーハーツがメインのミニコミを書いていました。それがブルーハーツの事務所のオフィシャルペーパーで紹介され、私の「ミニコミを読みたい」と、手紙をくれたこと、それが友人との出会いでした。その時、友人は福井に住んでいたのですが、私がプッシュしていた京都のアマバンに惚れ込み、マネージャーになるために京都に出てきたのです。
 それから十数年、今年、彼女は田舎に帰りました。お母さんが病気になられて・・・。
 寂しいですね・・・。でもいつかまた、京都に戻ってきてくれると信じています。

 ブルーハーツというバンドが居なければ、後に友人となるその人と、一生、出会うことはなかったかと思います。そんな友人とのつきあいも、もう20年くらいになるかと・・・。
 “縁”とは不思議なものですね。
f0209683_22411189.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-21 01:54
 大好きな銀閣寺道の「草喰 なかひがし」さん。
 日本酒好きのおツレ様と一緒にお邪魔しました。
 今回、ミシュランで星ふたつemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifとらはった「なかひがし」さん。
 おめでとうございます。
f0209683_21512344.jpg

 中東さんの丁寧なご挨拶を受けた後、ひと品が目の前に・・・。
 毎度のことですが、お手間入りのお料理の数々です。
 おツレ様や中東さんと楽しくお話することがメインだったので、お料理の方はほぼ写真館でお楽しみくださいまし。(笑)
 「なかひがし」さんのお料理は、写真だけでも十分に楽しめるお料理ですemoticon-0152-heart.gif
f0209683_2216394.jpg

 このお碗のふたの葉っぱの淡いグリーン、とても好きです。
f0209683_21522188.jpg

 白味噌を使ったやさしい味の碗ものです。
f0209683_21525715.jpg

 このガラスの器、以前から、お気に入りです。
 実はこれ、ワイングラスの底なんですよ。ステキですよね。
 
 付け合わせに、茹でた落花生、揚げたお米が花を添えます。
f0209683_21531136.jpg


f0209683_21532387.jpg

 お醤油が入っている小さな器もステキですね。
f0209683_21533723.jpg

 鯉のお造りです。
 とんぶりがまぶしてありますね。
 他に、鯉の皮の湯引きや、煮こごり、シャーベットになった大根おろしなどなど・・・。
f0209683_21534911.jpg

 ご高名な料理人さんやのに、いつも冗談ばっかりの楽しい中東さん。
 この夜も、色々お話できて楽しかったです。
 今、「RISSIMO」というお酒を注いでくださっています。以前も、いただいたお酒。軽いお味ですが、私は結構、好きかも。
f0209683_2154125.jpg

 ここで煮えばなのご飯。
 「すぐに食べてください」
 と、目の前に出してくださいます。
f0209683_21541287.jpg

 写真では伝わらないかもしれませんが、松茸が贅沢にたくさん使われています。
 ほんと、松茸はお店で食べるのが一番です。
 せっかく高い松茸を買っても、調理がいまいちだと、台無しになってしまいますから・・・。
f0209683_21542377.jpg

 なれ寿司です。
 お猪口の中には、「ナイアガラ」。
 いつも、なれ寿司とナイアガラを一緒に出してくださるのですが、ナイアガラは甘めのワインです。
f0209683_2154359.jpg

 この紅い器も好きなんです。
 上品な色ですね。
f0209683_21544894.jpg


f0209683_2155155.jpg

 お酒の方は、こちらでの定番、「英勲」」「立山」と飲んで、広島の「賀茂鶴」に・・・。
f0209683_21551529.jpg

 琵琶湖の鰻です。
 実は、このあたりで、私の容量を越えていました。
 美味しいけど、とにかくおなかがいっぱいで・・・。
 なので、ひと切れは、隣のツレに助けてもらいました。
 若いから、まだ入るでせう~♫(笑)
f0209683_21553286.jpg


f0209683_21554456.jpg


f0209683_21555534.jpg

 ここで更に松茸ご飯。
 軽く炭火焼きした松茸がご飯に混ぜてあります。
 その上には、カラスミも・・・。
 これも写真では伝わらないのですが、松茸がたくさん。
 秋ならではの贅沢でしたemoticon-0152-heart.gif
f0209683_2156857.jpg


f0209683_21562079.jpg

 ご飯を食べていたのですが、まだ更にお酒を頼んでいたようです。
 隣のツレが、お猪口を選んでいるところです。
f0209683_21563344.jpg

 お酒をいただきつつ、そろそろごはんの準備ができました。
f0209683_21564692.jpg

 「なかひがし」さんのメインデイッシュのめざし・・・これも半分、ツレに食べてもらいました。ほんとに満腹、満腹~♫
 でも、フランス産のパリパリおこげは、ちょっとだけいただきました。(笑)
f0209683_21565746.jpg

 水物は別腹です。(#^.^#)
f0209683_21571584.jpg

 最後に“ちょっと珈琲”と蕎麦の実こんぺいとうと蘇をいただいてごちそうさま。
 今宵も、華やかで尚且つ滋味深いお料理の数々、堪能させていただきました。
 ごちそうさまでした。(=^0^=) 
f0209683_22185561.jpg

 私が食べ切れない分、お連れ様に食べてもらったけど、さすがに若者もおなかいっぱいだったよう。手伝ってくれて、ありがとね。

[PR]
by hanna1411 | 2010-11-20 23:57 | 京都のお店(和食編)