京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー

<   2011年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 以前から、パソコンの調子が悪かったのですが、最近、特に酷くなってきました。(T▽T)

 使っている最中に、勝手に全て落ちてしまいます。真っ暗に・・・。Σ(゚Д゚|||)

 電源はつながっているのですが、真っ暗になって、今まで見ていたページ全て接続が切れ、強制終了するしかない・・・という感じです。Σ(|||▽||| )

 永い時間をかけて、“やっと書けた(-^〇^-)”、と思ったブログの記事も一瞬にしてオジャン!です。(T▽T)

 今、こうしている間にも、いつ、プチッという音と共に全て消えてしまうかわからない状態・・・。

 もう寿命なのでしょうか?
 一応、パソコンの修理をしてくれるお店は知っているのですが、預けないといけないでしょうし、それがちょっと・・・気乗りしないもので・・・。(-_-;)

 普通、パソコンの寿命ってどれくらいなのでしょう?

 皆さんがお使いのパソコンは何年ほど使ってらっしゃいますか?

 電化製品って、最近は、修理するより、新しいものを買った方が賢いような風潮ですが、いかがなものでしょう?

072.gif追記072.gif
 いただいたコメントを読ませていただいての加筆。
 
 そうそう、「メモリ不足」ってメッセージが出るのですが、何を削除すればいいのか、判断つかないもので・・・。(爆)
 とりあえず、デジカメからの写真を消したりして・・・って、あんまり意味無いんでしょうかね?(~_~;)
 

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-31 21:14 | My blog

狭き庭に春の芽吹き

 猫の額の半分くらいのうちの狭き庭に(笑)、今年も蕗のとうが顔を出しました。
 今年は雪が多いので、一面真っ白に雪が被っていた日もあったのですが、自然の営みは偉大なもので、ちゃんとニョキニョキと地上に出てきてくれました。
 母が生きている頃は、いつも天麩羅にしていました。
 「おいしい、美味しい(#^.^#)」・・・母は何度もそう言いながら、私が揚げた天麩羅を口に運んでくれました。
 一人になってから、自分のために天麩羅など揚げないですけどね。(苦笑)
f0209683_13571742.jpg

 お花のようになると、見た目はふきのとうっぽいのですが、中身がスカスカしてしまいます。なので、このくらいのうちに、摘み集めて、馴染みのお店に持って行きましょう~♫
 もう少し後に、また別の蕗の薹が顔を出してくれたら、それは蕗味噌にでもしましょうか。(^^♪
f0209683_13572872.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-31 01:56 | 四季の風景
 御所南側に在ります、「DOLCH」さんに初めてお邪魔しました。
 偶然、見つけたわけではなく、ほんの少しばかりご縁053.gifが出来て、こちらを目指して、御所の南側を歩いて辿り着いたのでした。
f0209683_2247729.jpg

 コースは2コースありました。
 あまりたくさん食べられそうもなかったので、軽い方の¥2,000のコースをチョイス。
 ひと品目は、蝦夷鹿とピスタチオのテリーヌ  自家製ピクルス添えです。
f0209683_22472524.jpg

 目の前に出されたこのテリーヌのボリュームにびっくりしました。(@_@。
 お昼でしたし、お酒も飲むつもりではなかったのですが、このテリーヌをワイン抜きで食べるなんて、私にはできません!←きっぱり!(爆)
f0209683_2247334.jpg

 というわけで、フランスのワインをチョイス。
 「シャトー・ラ・ムーリーヌ・ド・ラベゴロス 1999」です。
 パテの脂分を流してくれるようです。おいし。(#^.^#)
f0209683_22474375.jpg

 オリーブオイルでいただきます。
f0209683_22475243.jpg

 蕪と葱の温かいポタージュ柚子風味。
 オリーブオイルが所々に可愛いですね♥
f0209683_2248216.jpg

 続いてのお料理は、仔羊肉とポルニーチ茸のやわらかいフリカッセ  たっぷり野菜添え。
 こちらもボリュームがありました。(#^.^#)
 やはりワインなしでは食べられません。(爆)
f0209683_22481116.jpg

 ルーマニアのワインです。
 「トレイ・ヘクタール 2008」。 
 辛口のワインで、お料理との相性も良かったです。
f0209683_22481981.jpg

 栗のティラミスとカカオのシャーベットです。
 最後まで、ボリュームがあって、しっかり食べて飲めました。
 初めて来たお店なのに、若きご主人も奥様もスタッフの方もフレンドリーに接してくださり、一人でも楽しくお食事できました。
 ごちそうさまでしたぁ~♫
f0209683_22482848.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-30 22:49
 一つ前の記事の続きです。
 祇園南側の「つか本」さんでお食事の後は、四条通りを渡って、祇園北側の馴染みのショットバーへ。
 バーも色々行ってはみますが、やはり、ここが落ち着きます。これもひとえにマスターの人間性かな。お客さんとの距離の取り方が微妙にいいのです。(^^♪
f0209683_0584334.jpg

 初めて見たかも、このウイスキー。
f0209683_0585397.jpg

 丁度、お客さんが途切れた時だったようで、お客は私たち二人だけ。
 暇な間に生フルーツカクテルを作ってもらいました。
 苺がメインです。
 向こう側のカクテルはお連れさま仕様。(笑)
f0209683_059375.jpg

 ちょっとおつまみ。(-^〇^-)
 この手前のちっちゃな器もいいでしょう?
 きれいな色合いですね。
f0209683_0591311.jpg

 たまにはネガポジ反転にしてみませう~♫(爆)
 2杯目はシングルモルト。 
f0209683_0592160.jpg

 更に、たまにはモノクロームにしてみませう~♫ 
 私は「Ben Riach」・シェリー樽仕上げです。シェリーも大好き♥
 まろやかで美味しかったぁ。
 マスター、ごちそうさまでした。
f0209683_0593124.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-29 01:57 | 京都のお店(飲み系)
 少し陽が長くなってきましたね。
 四条花見小路の角で、只今、おツレ様を待っているところです。
 相変わらず花見小路は観光客が多いけれど、南側のこの角は、ちょっと好きなんです♥
f0209683_16585111.jpg

 祇園南側・・・と言えば、「啐啄つか本」さんです。
 ミシュランで星が2つ072.gif072.gifになって、更に予約が取り辛くなりましたが、それでも通いたくなるお店のひとつです。
 この控えめな佇まいが好きです。
 加えて、若きご主人、つかもとさんの雰囲気も好きですね。どことなく品があるのです。
f0209683_1659780.jpg

 つか本さんは御料理は勿論なのですが、器がいいのです!(#^.^#)
 例えば、「なかひがし」さんや、「秋山」さんで使ってはる器もステキなものが多いのですが、今回、「つか本」さんで出してくださった器は、ほぼ全て、好みでした。(「一目惚れで買った016.gif」とゆってはった器も文句なく、ステキでした)
 特にガラスの徳利が、今までに見たこともないほど手が込んでいて、可愛いのに重厚で・・・。きっと高価なものなんでしょうね。
 「お客さんが喜んでくださるなら・・・」と、こういう部分にお金を掛けられる料理人さんはいいですよね。いつか私も、あんなステキな徳利が欲しいなあ。(#^.^#)
 
 さて、こちらのお店は写真はN.G.なので、この夜のメニューだけ、書き記しておきませう~♫
 まだ1月だと言うのに、すでに筍!(@_@。
 「九州の筍ですか?」とお尋ねすると、「京都じゃなかったら使いませんよ」と、ニッコリ。(笑)
 長岡の筍です。(土の中に眠る筍を探して、掘り起こさはったものです)
 まだまだ寒い日が続いていますが、確実に季節は廻っているのですね。
 
■カニ茶碗蒸し(津居山のカニ)
■長岡京の筍、うど(梅肉乗せ)、ヒラメの子の炊き合わせ
■椀もの 胡麻豆腐、鮑、椎茸、人参、ハマボウフ
■白甘鯛のお造り(アサツキ、モミジオロシ、ポン酢)
■鮃のお寿司、ウニ醤油
■グジの巣籠もり蒸し(銀杏、大根、百合根)
■マナガツオの味噌漬け焼き、青大根の味噌漬け添え
■カモの炙り、ネギ、粒マスタードソース
■鯖寿司
■カニの炊き込みご飯、お漬物(赤カブ、牛蒡など・・・)、粕汁(ネギ、お揚げさん)
■フルーツ(イチゴ、メロン、洋梨、グレープフルーツ、イチゴソース)
 
 どれも素晴らしく美味しく、この夜のおツレも感動してました。(#^.^#)
f0209683_22565988.jpg

 ビ^ールの後は日本酒へ。
 馴染みの「不老泉」、「楯の川」・・・などなど。
 福井の「越の桂月」は、日本酒好きのツレも私も初めて飲んだかと思うのですが、バランスのいいお酒でした。
 美味しい御料理を美味しいお酒と共にいただけて、至福の時間でした。
 つかもとさん、ごちそうさまでしたぁ~♫
 また、お邪魔しますね。

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-28 23:58 | 京都のお店(和食編)
 今月上旬、上京した歳のお話の続きです。(#^.^#)
 10個前の記事で、根津のお蕎麦屋さんに連れて行ってくれはった方が、浅草橋のお寿司屋さんにも連れて行ってくれはりました。
 以前にも、1度、連れて行ってもらったことがあるお店なのですが、とても気にいったもので、再度、お願いして予約していただきました。
 浅草橋の「寿し政」さんです。
f0209683_2335551.jpg

 お寿司をいただく前にアテを・・・。
 アワビが柔らかくておいしゅうございました。(#^.^#)
f0209683_12481019.jpg

 お仕事がお忙しいのに、私の上京に合わせて、3名のお酒つながりの方がつきあってくれはりました。
 写真の方と出会ったのは、もうかれこれ10年近く前のことになるやもしれません。
 私がブログを書き始めたのが2004年。そのブログを始める前に、私はヤフーに「お酒の掲示板」を持っていたのです。(まだまだ、ブログなどというものが一般的ではない頃でした)
 その時、お酒の掲示板を通してネット上でお知り合いになり、その後、リアルでもお目にかかるようになりました。
 ただ、ちょっと違うところは、私は日本酒好きで、この夜、私のために集まってくださった方々はワインに長けた方々なのでした。(笑)
f0209683_23352318.jpg

 というわけで、まずはシャンパンで( ^^)/▽▽\(^^ )。
f0209683_2335385.jpg

 雲子の茶碗蒸しです。
 ポン酢がキリリと全体を引き締めています。
f0209683_23355348.jpg

 続いて、「ドン・ペリ 2000」です。
 この日、3人の方がそれぞれワインを持ち込んでくださったのですが、私はお値段など全く解さないもので、私が飲ませてもらうにはもったいないのでは・・・?(~_~;)と、ちょっと気にしたりして・・・。(爆)
f0209683_2336586.jpg

 肉厚の鰹のタタキです。
 真ん中にスライスされたニンニクが挟んであります。
 大きな切り身ですし、ダイナミックです。
f0209683_23361866.jpg

 とにかく、ワインには愛情を持ってはる方々ばかり。
 ちゃんと冷たいままワインを持ってきてきてくださり、アテとの相性の話に花が咲きます。
f0209683_23372534.jpg

 実は、グラスまで持参してくださったんですよぉ。すごっ! 
 ワインによって、ちゃんと専用のグラスに替えてくれはって、それぞれが私を含めた4名分をわざわざ持ってきてくれはったのです。感謝053.gif
f0209683_23373929.jpg

 さて、美味しいアテに言葉は要らぬ・・・(笑)(o・・o)/・・・ってことで、暫く、写真館でお楽しみ下さいまし♥
f0209683_23375523.jpg


f0209683_2338856.jpg

 フランスのワインです。
 私は基本、和食には日本酒の人間ですが、好みではない日本酒(カプロンサン系)より、ワインの方が合うとも思います。なので、今回、ワインに精通した方々がチョイスしたワインを持ち込んでくださる、ということで、楽しみにしていたのです。
 和食とワインはアリだと思います。(^^♪
 逆に、日本酒の方がお料理を選ぶような気がしますね。
f0209683_23382220.jpg


f0209683_23403627.jpg

 さて、美味しいワインとアテをいただいた後は、お寿司に突入です。(-^〇^-)
f0209683_23395796.jpg


f0209683_23401391.jpg


f0209683_23405032.jpg

 大将です。
 この大将が、“如何にも江戸っ子”て感じでいいのです。
 黙ってはるとピリリ!と空気が張り詰め、こちらが冗談を言うと、同じように軽口をたたいてくれはる・・・なんともいい感じです。関西にはいはらへんタイプの板前さんですね。
 お父さんも道を挟んでお鮨屋さんをやってはりますし、正真正銘の“江戸っ子”なんでしょうね。“粋”な感じが身体に染みこんでいる感じがします。
 その大将、今、握ってくれはったお寿司にひと手間かけてくれはります。 
f0209683_2341465.jpg

 海老の頭の味噌をお寿司に絞ってくれてはったのです。
 贅沢なお寿司です。
f0209683_23464696.jpg

 美味しいお寿司も、写真館でお楽しみくださいまし。(#^.^#)
f0209683_2347381.jpg


f0209683_23471981.jpg


f0209683_23473368.jpg

 まさしく、“江戸前寿司”って感じです。↓
f0209683_12483022.jpg

 〆に巻物もいただいて・・・。
 ラブリー♥な大将、ごちそうさまでしたぁ。
 ワインも持ち込ませていただいて、すみません。m(_ _)m 
f0209683_1194478.jpg

 最後にいただいたワインを並べてくれはりました。
 4人で4本っていうことは、一人一本、飲んだということなのですね。(笑)
 この夜、おつきあいいただいた方々、お世話になりました。
 美味しいワインも堪能させていただきました。
 また、ワインのこと、教えてくださいね。
 次回、お目にかかれる日を楽しみにしています♫
f0209683_1231855.jpg


[PR]
by hanna1411 | 2011-01-28 23:47 | 東京のお店
 ひとつ前の記事の続きです。
 「一寸法師」さんでお酒を飲んだ後は、お隣のお店「八珍」さんへ。
 東寺の弘法さんに来た時や、「みなみ会館」に映画を観に来たときに、たまに食べにくるお店です。
 以前は、「一寸法師」さんもお昼はお母さんがおうどん屋さんをしてはったのですが、今はどうやらやめてしまわはったような・・・。
f0209683_16275757.jpg

 「五目麺」という名前がついていたかと思います。
 お野菜もたっぷりですし、寒い時期、あんかけだと身体も温まっていいですよね。(-^〇^-)
f0209683_16281243.jpg

 麺はツルツルシコシコしていて、おいすぃ~♫です。
 見ていたら、また食べたくなってきました。(笑)
 ごちそうさまでしたぁ。
f0209683_1628259.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-27 12:26 | 京都のお店(中華)

東寺 「一寸法師」

 3つ前の記事で東寺の弘法さんのお話をしましたが、その東寺の近くに在るお店の記事になります。
 過去のブログの中で、何回かご紹介している「一寸法師」さん。
 飲み処です。
f0209683_1616614.jpg

 壁には「黒牛」の前掛けと、馴染みの蔵元さん、「喜楽長」さんのポスター。
 ステキです。(#^.^#)
f0209683_16161614.jpg

 寒い{{ (>_<) }}底冷えの日でした。
 「とにかく、お燗酒」をお願いしました。
 「芳薫・純米酒」・・・佐賀の馬場酒造のお酒です。
 初めて飲んだお酒かと思いますが、存外、美味しかったです。(#^.^#)
f0209683_16162524.jpg

 チャンジャの胡麻油和えです。
 お酒のアテにぴったりです。  
f0209683_16163511.jpg

 おでんの牛スジに更に手を加えたもの。
 おいし。(^^♪
f0209683_16164624.jpg

 更にお燗酒。
 「梅乃宿・本醸造」です。
 梅乃宿の本醸造って初めて飲んだかもしれません・・・というか、いつのまにか、「梅乃宿」と言うと、にごり梅酒、というイメージの方が強いもので。
 でもこの本醸造、侮れないですよ。
 なかなかにおいすぃ~♫
f0209683_16165433.jpg

 おでんで好きな食材、ベスト3の中に入るのが、ジャガイモと卵です♥ 
 煮崩れて、お出汁がどろどろになってしまうから、お店でジャガイモを出してはるところは、結構、少ないですよね。家だったら、ジャガイモは、絶対、外せませんが・・・。
f0209683_1617486.jpg

 お豆腐です。
 ヘルシ~。(笑)
f0209683_16171442.jpg

 実は、久しぶりにお邪魔したこちらのお店。
 カウンターの中にいはるのが、こちらの若き店主ですが、随分、ご無沙汰してしまったというのに、昨日も通ってきたお客のようにフレンドリーに接してくれはります。
 行き辛くなると、更に足が遠のいてしまうのですが、いつも変わらず接してくれはると、また顔を出そう、っていう気になれるんですよね。
 結局、「店=人」です。(-^〇^-)
f0209683_16172460.jpg

 居心地が良かったもので、更にもう1杯。
 久しぶりに飲んだ「東長」です。
 「東一」も好きですが、これも好みです。
f0209683_1749194.jpg

 お客さんにお土産でもらわはったのかな?
 蜂の子を出してくれはりました。(~_~;)
f0209683_16173527.jpg

 これも頂き物らしい中国のお酒を味見させてくれはりました。
 すごく鮮やかな黄色。(笑)

 実は、これは去年のクリスマスの夜だったのです。 
 となれば、向こうで飲んではる二人はカップル053.gifにしか見えない・・・ですよね?それが意外にも、お話をしてみたら、お二人は単なるお友達なんだとか・・・。せっかくのクリスマスなんやから、それぞれ、彼氏、彼女と飲みに行けばいいのにねぇ・・・。(爆)(余計なお世話ですが・・・)(~_~;)
 お二人とも、猫が好きだそうで、彼女の携帯の中の飼い猫の写真を見せてもらったり、私のデジカメの中に残してあったハナ ^・・^ の写真を見てもらったり・・・。
 お二人さま、記事のアップが遅くなってごめんなさい。m(_ _)m
f0209683_16174719.jpg

 かく言う私も、クリスマスに一人で飲んでるってどうよ?(-_-;)とも思いますが、慣れっこなので大丈夫で~す。\(*⌒0⌒)♪(爆)

 お燗酒でようやっと身体が温まった私は、最後にビールを飲んでご馳走さま。
 若き大将、また、顔出しますね(-^〇^-)。
f0209683_16191314.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-26 02:14 | 京都のお店(呑み系)

根津神社

 今月上旬、上京した際のお話の続きです。 
 8つ前の記事、東京の知人に根津のお蕎麦屋さんに連れて行ってもらった後、急なお仕事の入った知人とはお別れして、一人、根津をお散歩。とは言うものの、事前の下調べをしてこなかったもので、どこへ行けばいいのかわからず、とにかく根津神社へ。)^o^(
 下町は大好きで、昔から上京すると、必ず、浅草や月島に遊びに行っていたのですが、根津には明るくなくて・・・。
f0209683_14252951.jpg

 よく晴れた美しい冬場れの日でした。
f0209683_14254164.jpg


f0209683_14255093.jpg

 打ち出の小槌?の中におみくじの番号が書かれたものが入っています。
f0209683_14255910.jpg

 珍しく、おみくじを引きました。
 「小吉」です。
 ひとつ、とてもうれしいことが書かれていました。
 何がうれしかったのか、って言うのは、内緒。(-^〇^-)
f0209683_14261316.jpg

 私のおみくじもくくってあります。  
 
 それにつけても、絵馬に書かれた「しおのゆうた」君のお願い事がスゴイです。\(◎o◎)/
 『大きくなったら松本潤になりたい!』(爆)
 「ジャニーズに入りたい!」ではなく、「松本潤になりたい!」ですよ。(笑)
 目標が物凄く定まっていますね。(爆)
 
 ただ・・・自分の名前は平仮名なのに、お願い事にはしっかり漢字が使われています。予想しますに、お母さんかどなたかご家族の女性陣がとてもジャニタレ好き053.gifで、きっとゆうた君は、ジャニーズに入れそうなイケメン予備軍なのでは?(^^♪
 いつか、ジャニーズjrに、しおのゆうた君っていう名前を見つけるのを楽しみにしていませう~♫
f0209683_14262346.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-25 12:25 | ちょっとお出掛け・・・
 11月に馴染みの滋賀の蔵元さんをお招きして開催した「縁はんなり」の会でお世話になった「ごとし」さん。松の内にご挨拶がてら飲み・・・と思っていたのに、遅くなってしまいました。m(_ _)m

 というわけで、先週、友人たちと遅がけにお邪魔した際のお話です。
 お通しです。
 貝の旨みが出ていて、本当に美味し。(#^.^#)
f0209683_2247237.jpg

 大根おろしとおじゃこ。
 お出汁はしっかりしていながらも上品な味つけに、「さすが京都!」と、遠方からやって来た友人たちも感心しきり。
 向こう側の器には・・・山葵菜?(違ってたら、すみませんm(_ _)m)
 なにせ、この夜は、一応、私はホスト役なもので、お連れした面々が楽しんでくれているか気になって、どうも気もそぞろ。(笑)
f0209683_2247341.jpg

 この夜は、5名でお邪魔しました。
 色んなお猪口があって楽しい。(-^〇^-)
f0209683_22474473.jpg

 雲子の焼いたん&貝の浜焼き。
 実は、友人の中の一人は雲子のような類が苦手なタイプの人なのですが、「これは別物!」とゆっていました。口に合って良かった。なんでも“いい物”は美味しいんですよね、きっと♥
f0209683_22475397.jpg

 旨みたっぷりの大きな貝でした。
 おいすぃ~♫
f0209683_224811.jpg

 日本酒も色々、飲みました。
 写真の方は、馴染みの蔵元さんの「七本槍」。
f0209683_22481119.jpg

 小松菜とお揚げさんの炊いたん。
 こういうお料理も、お出汁が美味しいお店じゃないとオーダーしないですね。  
 お野菜は甘く、お揚げさんはふっくら。
 美味しかったですよ。
f0209683_22482194.jpg

 「仙介」と若き大将、玉井さん。(笑)
 ほんまは、カメラの方を向いてくれはった写真もあるのですが、なんとなく、この感じ、好きなので、こちらをアップさせていただきました。(せっかくカメラの方、向いてくれはったのに、玉井さん、ごめんちゃい。m(_ _)m)
f0209683_22483122.jpg

 京都の冬の王様、かぶら蒸しです。
 具沢山の贅沢な蕪蒸し。
 ここのお店のソレは絶品です。016.gif
f0209683_22484134.jpg

 お燗もいただきました。
 只今、お連れさまが杯を選んではるところです。
 実は、この夜の友人たちは、普段、好んで日本酒を飲んでいる人たちではないのです。    
 でも、やはり、京都の和食には日本酒、って感じでしょうか。(-^〇^-)
f0209683_22485734.jpg

 私が選んだ杯は、こちらです。
 徳利もいい感じですよね~♫
f0209683_2249743.jpg

 葱の・・・確か、ぐじ味噌焼きだったかと・・・。(~_~;)
 私が写真を撮ろうとしたら、友人の魔の手が・・・。(-_-;)
 いい大人が、普通、こんなこと、しますぅ~?
 幾つになっても子供ですわぁ~。(^。^;)(爆)
f0209683_22522299.jpg

 にごりも飲みました。
 同じものをお替りしたりしていたので、結構、飲んでいます。
 普段、日本酒を飲む機会が少ないであろう友人たちであるが故に、余計にうれしかったし、楽しいひと夜でした。
 途中、地酒バー膳のマスターのパンチさんも飲みにきはったりして・・・。(パンチさん、また、顔出しますね)
 結局、この夜は、閉店まで飲んでいたのでした。
 美味しかったぁ~。ごちそうさまでした。m(_ _)m
f0209683_22523727.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-01-24 22:46 | 京都のお店(呑み系)