京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジャニーズを観ながらカウントダウン( ^^)/▽▽\(^^ )

 2つ前の記事の続きです。
 大阪で楽しい時間を過ごした後は、京都に戻りました。
 実は大晦日の関西は雪がすごかったのです。
 朝、出かける時も、滋賀は吹雪で、電車も20分近く遅延しました(-_-;)。
 
 只今、夜9時半の木屋町です。
 滋賀は雪が多い地域ですが、京都で積もるのは珍しいことでした。(今出川から北は、雪も多いのですが・・・)
f0209683_1271298.jpg

 先斗町の某お店の前の雪だるま。
 早い時間に作らはったものなのか、うさぎさん、すでに片方、耳がなくなっていました。(´;ω;`)
 京都の人にとっては、雪が積もることって珍しいでしょうから、雪だるまを作りたくなるんでしょうね。 
f0209683_1272529.jpg

 さて、今宵の目的地は三条木屋町の「京都ネーゼ」さん。
 一昨年、母が亡くなって、まだまだ大晦日を家でひとり、迎える気になれない私は今年も外でカウントダウンです。
 カウンターの上には、見事な仏手柑がありました(#^.^#)。
f0209683_1273982.jpg

 皆さん、お客さんを迎えるために、忙しく準備中です。
f0209683_1275898.jpg

 ビール、ワイン、日本酒・・・自由に好きなものが飲めます。
 もちろん、チーズや生ハムなども出してくれはったのですが、大晦日に欠かせないお蕎麦も作ってくれはりました。
 肉厚の鴨が入ったお蕎麦です。 
 ここでお蕎麦が食べられるなんて思っていなかったのでうれしかったですね(-^〇^-)。
f0209683_1281129.jpg

 手毬寿司もありましたよ。 
f0209683_1282544.jpg

 白子をボール状に焼いたもの。
 スナック感覚で美味しかったです。
f0209683_1283715.jpg

 まっすーこと、桝村君、只今、生ハムを切ってはります。
 若干、二十歳の若者を働かせて美味しいものをいただくのは、いくらお客と言えども少々気がひけますが・・・。(苦笑)
f0209683_1285225.jpg

 もちろん、美味しいパスタも出してくれはりました。
f0209683_129843.jpg

 只今、テレビでは、ジャニーズのライブが流れています。
 参加者全員でカウントダウン・・・そして「ハッピ^ニューイヤー」の( ^^)/▽▽\(^^ )。
 いつも大晦日に家で観ていたテレビ番組を観ることができるようになったのは、少し、進歩したのかなあ?
 生き続けてさえいれば、どんな大きな哀しみや心の傷さえも、少しづつ癒えてくるのでしょうかね・・・。
f0209683_129206.jpg

 最後は「聚洸」さんのお菓子。
 久しぶりにいただきました。
 可愛いうさぎさんですね。
 写真は無いのですが、お茶も点ててくださいました。
 
 皆さん、フレンドリーな方々で、とても楽しく過ごすことができました。
 お世話になりました。ありがとうございます。
f0209683_1293248.jpg

 さて、その後は、もう1軒、木屋町の路地に在るバー「スタンド」ヘ。
 こちらには、以前、1度、飲みに来たのですが、それっきりだったので久しぶりでした。
 11月に主催した「縁はんなり」に参加してくださった方が、偶然、この会にも参加してはったので、その方と一緒に・・・。
 ウイスキーを2杯いただいて、ごちそうさまぁ016.gif
f0209683_2121635.jpg

 1月1日、元旦の明け方です。
 もう少しすれば、夜が明けるでしょう。
 あんなに恐れていた“大晦日”は、あっけなく終わってしまいました。
f0209683_21249100.jpg

 “今年は暗闇から再生しよう・・・”路地裏の雪だるまに独り言を呟きます。
 さて、私はまた、一人の家に帰りましょう・・・。

 蛇足ですが・・・雪だるまは、どれもみな愛嬌があって可愛いけれど、どこか寂しげなのは、いつか溶けて失くなってしまうからでしょうか・・・。
f0209683_2332436.jpg


[PR]
by hanna1411 | 2011-01-04 02:26 | 京都のお店(イタリアン)