京都の美味しいお店多目のページです。たまに愛しいニャンコ、好きな音楽や映画のお話も ^・・^v    私が死んだら鳥葬にしてほしい・・・。


by hanna1411
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

京橋 「櫓仁」

 先月、東京の友人が来阪した際のお話です。
 「梅田の近くに泊まるんだけど、どこか美味しいお店に連れて行って」と。
 “梅田の近く???あんまり、梅田周辺でじっくり飲まないしなあ・・・どうしよう?”
 
 そういう時こそ、“困ったときの飲みつながりの知人016.gif”ってわけで、こちらのお店を教えてもらいました。
 「櫓仁」さんです。(ただ、もしこの記事を見ていらっしゃる方がいらしたら・・・私たちは梅田からタクシーで行きましたが、電車だと「京橋」が最寄りの駅となります)

 アラカルトもあるのですが、基本的にはコース料理のお店です。
 ひと品目の先附けは、(写真は無いのですが)素麺もずく。
 
 2品目が、こちらの椀物。
  海老真薯の清汁仕立て 洋カブラの菜種添えです。
 このお出汁の透明感がいいですね。
f0209683_14404720.jpg

 お造りです。
 泉州の伝助穴子(洗いと焼霜造り)など・・・。
 大阪のお店では、“泉州”のお魚を入れてはるお店が多いです。
 京都ではあまり見かけないので、“大阪で食べてるなあ”って実感します。(笑)
f0209683_14405320.jpg

 一人鍋は、ホタルいかのしゃぶしゃぶです。
 自家製の胡麻ドレッシングで・・・。
f0209683_14405890.jpg

 大きくてきれいなホタルいかでした。
f0209683_1441326.jpg

 可愛い器がいろいろ・・・。
f0209683_1441894.jpg

 少しづつ、いろんなものが食べられて、うれしい限り。

 貝塚木積の筍と大山鶏梅ダレ焼・アサリと牛蒡の味噌炊き・蕗の梅浸し・小芋のふりゆず・一寸豆の天麩羅・新じゃがの天麩羅バター。

 筍がとてもいい味付けで焼かれていました。
 おいし。
f0209683_14411314.jpg

 この日、一緒だった友人たちは普段、それほど日本酒を飲む機会は無い人たちなので、ずっと生ビールで通していたのですが、後になってから「日本酒飲もう~♪」ってゆわはって・・・。
 
 「選んで053.gif」とゆわれたものの、結局、それぞれの好みの問題なので責任重大です。(~_~;)
 オマケにこちらのお店、さすが、日本酒つながりの知人が教えてくれただけあって、品ぞろえがかなりのもの。
 
 というわけで、徳利の中身は「睡龍」の熱燗です。(ほんまにかなり熱燗でした)
 気にいってくれはったようで、この後も、3合、お代わりしました。
 「同じもの」ってオーダーしはるあたりが男の人らしいです。
 私だったら、1合づつ違う銘柄飲みたいから。(爆) 
f0209683_14414658.jpg

 まだ30歳という若きご主人の創作料理、焼新玉ねぎとキスの天麩羅のあんかけです。
 おいしゅうございましたよ。
f0209683_14411894.jpg

 飯物は、芹ご飯とお味噌汁と香の物。
f0209683_14412223.jpg

 デザートは、小倉大福 ・鳴門金時と苺を巻いて。
 シャーベットは何かと言いますと、ビワミンシャーベット!
 ビワミン・・・懐かしい。
 昔、何度か、馴染みの居酒屋さんで飲んだ覚えがあります。

 実は、この日のツレは甘いものが苦手だったのですが、こちらの甘味は甘みも量も少なめでペロリと食べはりました。良かった。^-^

 紹介してくれた知人さま&若きご主人、ご馳走さまでしたぁ~060.gif
f0209683_1441308.jpg

[PR]
by hanna1411 | 2011-05-17 02:42 | 大阪のお店